ページの先頭です
メニューの終端です。

第2回『大正・港オープンファクトリー』を開催しました!

2019年1月4日

ページ番号:456462

”ものづくり”の魅力を堪能する2日間に延べ160名の方が参加!

平成30年11月16日(金曜日)、17日(土曜日)に第2回『大正・港オープンファクトリー』を開催し、全12コース、20の“ものづくり”企業が、皆さんに工場を見学していただきました!

『オープンファクトリー』とは、港区や大正区の誇りでもある“ものづくり”をもっと多くの方に知ってもらおうと、区内で操業する“ものづくり”企業の工場見学と、観光スポット巡りとを組み合わせたまち歩きツアーです。

当日の様子を紹介します

当日の様子

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

参加者の主な感想

  • 地元ですが、内部まで見学できる機会は他にありません。大変良い企画だと思うので、今後も続けてください。
  • 最近工場を取り上げたドラマが多い中で、実際に自分の目で見て体感してみて、こんなお仕事があるんだなとすごく思いました。
  • ものづくりの現場を見て、商品に対する理解やありがたみが深まった。
  • 小さいところでも、こういうところがないと仕事が回らないと感じ、なくしてはだめだと思った。
  • 企業の方が親切で楽しく見学できました。また参加したいです。
  • 私もこの機会がなければ町工場について興味を持っていませんでしたが、こういう機会を設けてもらうことによって見方、考え方も変わってきました。こういう機会を増やしていくべきだと思います。
  • ものづくりが好きな若者が増えればいいと思います。

受入企業の声

  • 企業のことを関係者以外に知っていただく絶好の機会でもあるので存続してほしい。
  • BtoB企業として、一般のユーザー様と触れ合う機会がなかなか無いので多くの企業で良い意見を取り入れる場となると考えています。
  • 私もチャンスがあれば、他のコースの見学へ行ってみたいと思います。
  • 質問も多く出されて、喜んでもらえているように感じた。
  • 地元中学生・高校生の参加が希望。若い方に対し、工場での業務内容に親しみを持ってほしい。
  • 続けることに意味がある。新たな参加企業を増やすべき。まだこのイベントのメリットが企業に伝わっていない。外向きに発信することの重要性、従業員が自社の仕事に誇りを持てる、社内の安全や清掃を考える、などの人材育成に非常に有効であるうえ、前向きな企業としてのPRにもなる。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 総務課総合政策・公民連携グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所6階)

電話:06-6576-9683

ファックス:06-6572-9511

メール送信フォーム