ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度 緑のカーテン実施記録

2019年6月25日

ページ番号:472958

平成29年度「緑のカーテン」づくりに取り組みました

港区役所正面玄関

港区役所は、今年の夏もゴーヤを利用して「緑のカーテン」づくりに挑戦しました。緑のカーテンは、ヒートアイランド対策や二酸化炭素の削減、地域の緑被率向上に役立ちます。今年も、「花みどり友の会」のご協力のもとで立派なカーテンを育て上げることができました。


【6月21日】緑のカーテンを設置しました。

6月21日の緑のカーテン

真夏の日差しをさえぎる「ゴーヤ」の苗を三基のプランターに植え付けました。

これからひと雨ごとにグングンと成長します。ようやく本格的な梅雨空になりそうな気配。緑のカーテンが活躍する季節はもうすぐです。

【7月3日】元気に成長。雄花が咲きだしました。

元気に成長するゴーヤ

暑さにも負けず元気に成長しています。

肥料も効き出したようで葉の色も深いグリーンに変わり、雄花も着けだしました。

ゴーヤの雄花

ゴーヤの雄花。

雄花が咲き出すとハナアブやアオスジアゲハ等の小さな生き物が飛来します。受粉を助ける大切な生き物たちです。

【7月19日】天を衝く勢いで成長する緑のカーテン


少し大げさな表現ですが緑のカーテンが天を衝くような勢いで成長しています。

小さかった実も急激に大きくなり、今夏はじめての収穫となりました。


初物のゴーヤ。品種は「太れいし」と呼ばれるものです。

今年度の緑のカーテンは、この品種と「あばしゴーヤ」と呼ばれている苗を植え付けて育てています。

【7月24日】区役所一階フロアからの風景


西日が差しこむ区役所一階のフロアもカーテン効果で爽やかな雰囲気です。

【7月26日】緑のカーテンにゴーヤの実がなりだしました。


緑のカーテンに次々とゴーヤがなりだしました。

ゴーヤは雄花が先に咲きだし、遅れて咲きだした雌花に実を着けます。これからは、小さな生き物の力を借りて(虫媒受粉)次々と実を着けだします。


収穫したゴーヤは、子どもから高齢者まで誰でも利用できる地域食堂の取組と保健福祉課の「なつやすみ おやこクッキング」などで活用しました。

【8月8日】祝 緑のカーテン完成

緑のカーテン

緑のカーテンが見事に完成しました。

育て方のコツは成長に見合った肥料やりとツルの誘引、毎日の欠かさないお水やりです。カーテンの面積が大きくなればなるほど葉から蒸散が多くなります。用土の表面だけでなくコンテナの底から水が落ちるぐらいにタップリと潅水しました。

区役所の休業日は、「花みどり友の会」のボランティアさんにお世話していただきました。ありがとうございました。

【8月21日】緑のカーテン最後の収穫と熟成果実からの種取


今年度の緑のカーテンは2株植えのコンテナ3基で作成しました。

収穫したゴーヤは合計128本になり、区役所の取組や地域社会の取組に活用しました。

完熟のゴーヤと種

ゴーヤの実は完熟するとグリーンからオレンジ色に変化し、その後、実に亀裂が入り中に宿した種が顔を見せます。種の採取はこの段階で実施します。


ゴーヤの種です。赤いゼリー状の物質でおおわれた実を綺麗に洗い流せば亀甲状の固いタネが現れます。少し乾燥させたあと袋に入れて冷暗所(冷蔵庫の野菜室等)で保管します。次の出番は来年の5月前後の種まきです。

今年度の緑のカーテン、たいそう活躍していただきました。本当にありがとう。

緑のカーテンの最終撤去は8月31日に実施しました。

緑のカーテン用土の再利用に挑戦しましょう。

引き続き翌年もプランターで緑のカーテンを実施される方々へ。土のリサイクルに挑戦してみてください。

  1. プランター内の土と鉢底石を分け、土の中の根などを取り除きます。
  2. 苦土石灰120グラム(40リットルの用土に対し)を混ぜ、黒色のビニール袋に土を入れます。
  3. 土が湿る程度の水を加えます。
  4. 黒色ビニール袋の口を閉ざして平らにし、太陽光にあてます。
  5. リサイクル用土は肥料分が無くなり、以前より20パーセント程度目減りしますので、そのため、養分のある新しい土を補給する必要があります。
  6. したがって、市販の野菜用用土を目減り分補給し、元肥(緩効性化成肥料、ぼかし肥料等)を施しましょう。
  7. 苗の植え付けは、元肥を施してから2週間以降に実施しましょう。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 協働まちづくり推進課安全・安心グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所5階)

電話:06-6576-9743

ファックス:06-6572-9512

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示