ページの先頭です
メニューの終端です。

地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業を実施しています

2020年7月30日

ページ番号:476272

「地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業」とは

地域における見守りのネットワークを強化し、誰もが安心して暮らせるまちづくりを進めるために、港区社会福祉協議会内に「見守り相談室」を設置し、次の3つの取組みを進めています。

機能1 要援護者名簿に係る同意確認・名簿整備

支援が必要と思われる方(要援護者)に対し、見守り活動のための地域への情報提供にかかる同意確認を行い、同意が得られた要援護者の情報を地域に提供し、地域での見守り活動等につなげます。

機能2 孤立世帯等への専門的対応

孤立死等のリスクが高い要援護者に対して、福祉専門職のワーカーがねばり強くアウトリーチ(本人から要請がない場合でもワーカーが積極的に出向いていく援助)を繰り返し、地域社会で安心して暮らせるように、適切に地域の見守り活動や福祉サービス等につなぎます。

機能3 認知症高齢者等の行方不明時の早期発見

事前に登録された認知症の方が行方不明になった場合に、協力者として登録いただいている関係機関や企業などへ情報を一斉メールで送り、早期発見をめざします。

港区見守り相談室

(場   所) 大阪市港区弁天2丁目15番1号 港区社会福祉協議会内

(連 絡 先) 電話 06-6575-1214  ファックス 06-6575-1025

(開設時間)平日 午前9時から午後7時/土曜日 午前9時から午後5時30分

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 保健福祉課

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所3階)

電話:06-6576-9857

ファックス:06-6572-9514

メール送信フォーム