ページの先頭です
メニューの終端です。

2021港区 防災マルシェ ~楽しく学ぶ防災イベント~ を開催します(令和3年12月4日土曜日)

2021年12月8日

ページ番号:548795

防災マルシェポスター画像

コロナ禍のなかで、高齢者や社会的弱者への支援が大きな課題となっており、その課題解決のためには、つながりを実感できる地域コミュニティづくりが必要です。

顔の見えるつながりづくりに向けては、日常生活に密着した身近なつながりが重要であることから、身近で関心の高い「防災」における3つテーマを扱った3部制のイベントを開催します。

その他、お子様連れでもご参加していただきやすいようなコーナーも設けています。

楽しく学びながらいざという時に備えて防災知識を身に付けましょう!

日時など

日時

令和3年12月4日(土曜日) 13時30分から16時30分(開場は13時)

場所

ゆめホーム「ゆめ」かなえる港区民センター1階ホール(大阪市港区弁天2丁目1-5

参加方法など

申し込みは不要で、興味のある部分のみのご参加も可能です。

参加費は無料です。

イベント内容

冒頭、10分ほど、当日イベントスケジュールの案内や主催者挨拶を行います。

第1部 シンポジウム「地域連携型マンション防災」

マンション住民と地域との連携を、防災の視点から考えます。

開催時間

13時40分から14時50分

基調講演(30分から40分)

マンションの災害リスクと災害の備え、マンションコミュニティづくり、日頃からの地域とのつながりの重要性などについて講演していただきます。
講師

生田 英輔 氏

(大阪市立大学大学院生活科学研究科准教授、大阪市立大学都市防災教育センター副所長)

パネルディスカッション(30分から40分)

防災をテーマにパネリストそれぞれの立場から、発災時に混乱しないためのマンション住民と地域のつながりの必要性、そのルールづくりなど具体策を考えます。
コーディネーター
生田 英輔 准教授
パネリスト
  • 佐野 耕司 氏
    (港区磯路地域活動協議会会長、磯路三丁目第二町会会長、港区地域防災リーダー隊長、防災士)
  • 窪田 彰博 氏
    (グランアッシュ弁天町マークス居住者、港区地域防災リーダー、磯路小学校PTA副会長、磯路連合こども会副会長)
  • 増田 裕子 氏
    (淀川区新東三国地域活動協議会副会長、新東三国連合ソシエ北大阪振興町会会長、防災士)
  • 筋原 章博 港区長

第2部 防災クッキング

防災食のクッキング講座です。非常食のアレンジレシピや食に制限のある方向けのアレンジレシピなどを実演も交えてご紹介します(コロナ禍のため試食はございません)。

開催時間

15時から15時30分

講師

  • 南井 由希子 氏 (料理研究家)
  • 出水 眞由美 氏 (ママコミュ!ドットコム代表)

詳細

半年、一年などのサイクルで災害備蓄食品を調理し美味しくいただく。定期的にそのような機会を設けることで、常に新しい非常食が備蓄されるとともに、改めて防災意識を高める効果があります。
例えば、家族で防災クッキングの機会を設けることで、家族全体で災害時の避難方法やそれぞれの役割など、発災時の対応を確認することができます。
防災食を通して、改めて防災を考える機会にしましょう!

第3部 ペットと防災セミナー

ペットを連れての避難に関する飼い主のためのセミナーです。

  • 「ペットと一緒」同行避難への取組み
  • ペット共生型避難所運営に際する地域の準備について
  • ペットと防災について準備するモノ、必要なしつけについて

開催時間

15時40分から16時10分

講演

認定NPO法人アンビシャス

詳細

ペットと暮らす世帯は全世帯の約2割(認定NPO法人アンビシャス調べ)と言われています。
災害時に避難する必要があった時に、ペットと暮らしている方たちはどのように対処すればよいのでしょう。また、地域の避難所を運営する町内会や自治会などは、ペットと一緒に地域住民が避難してきた時に、どのように対応すべきと考えているのか。ペット保有者とその他の住民、それぞれの課題について事例を踏まえて考えます。
セミナーでは具体的に、飼い主が準備するべきペット用の避難バッグ、ペット同行避難の際のしつけや心得、ペット共生型避難所運営の準備などについて学びます。

その他のコーナー

下記以外にも、港区11地域の主な活動紹介のパネル展示などを行う予定です。

防災お絵かきコーナー

時間:常設
場所:1階エントランス
災害時に家から持ち出す防災グッズをコーナーに展示し、それらを参考にしながら、それぞれが必要と思う必需品の絵を配布する「非常持出し袋」イラスト紙に描いていただきます。
対象は子どもたち、親子などで、災害時を想定しながら相談していただく機会とします。

災害ボランティアセンターmini体験ツアー

時間:15時から
場所:1階ホール港区社会福祉協議会のコーナー
「災害ボランティアセンター」の認知度を高めるためのコーナーです。
災害が起こった時、社会福祉協議会は全国からボランティアを受け入れ、被災地での活動を支援している実態を、多くの方に知っていただくための体験ツアーです。

フードドライブ ~ご家庭で余った食品をお持ちください~

時間:常設
場所:1階エントランス

フードドライブとは、食品ロス削減の取組の一つとして、ご家庭で余った食品を回収して、福祉団体や生活支援を必要とする個人等に無償譲渡する取組です。
港区社会福祉協議会が行っている本取組についてご紹介するとともに、次に示す条件に当てはまるものでご家庭で余った災害備蓄食品などがございましたら、ぜひお持ちください!

次の1~3を満たすもの

  1. 常温保存できるもの
  2. 未開封のもの
  3. 賞味期限が1カ月以上あるもの

ただし、次のものはNGです。

  • アルコール類
  • 賞味期限の記載のないもの
  • 外装が破れているもの
  • 生鮮食品

港キッズ「防災カー」

時間:常設
場所:1階エントランス
港区産業推進協議会では、小学生のアイデアを基に区内企業が社会に役立つ商品を開発するキャリア教育プログラムという活動を実施しています。
その活動の一環として昨年10月に開催された「チャレンジポート2020港キッズ大発明会議」において、港区の子どもたちから「あったらいいな」と思う防災商品のアイデアを考えてもらい、そこで出たアイデアを盛り込んだ「防災カー」を開発しました。
そのアイデア出しの過程など、パネル展示で紹介します。実際の防災カーも展示予定です。

ご確認いただきたい点

  • 会場においては、マスクの着用等の咳エチケットや会場設置の消毒用のアルコールによる手指消毒などにご協力をお願いします。
  • 発熱等の症状がある方は、参加をご遠慮ください。
  • 会場の混雑状況によっては、入場を制限させていただく場合があります。
  • イベント内の各テーマの開催時間は、前後する場合があります。
  • 当日は、報道取材がある場合もございますので、ご了承ください。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響等により、開催中止または内容が変更になる可能性があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 協働まちづくり推進課市民活動推進グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所5階)

電話:06-6576-9884

ファックス:06-6572-9512

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示