ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度 都島区運営方針

2014年6月10日

ページ番号:213683

区運営方針は、市政改革プランなど全市的な方針を踏まえ、区における「施策の選択と集中」の全体像を示す方針として毎年度策定しているもので、区の目標像・使命、主な経営課題とともに課題解決のための事業戦略(施策レベル)・具体的取組(事務事業レベル)をお示ししています。

平成25年度 都島区運営方針 概要

【区の目標(何をめざすのか)】
「安心のまち、人がつながるまち、明日に誇れるまち」の実現

【区の使命(どのような役割を担うのか)】

  • 区民の自主的な活動を支援し、協働で取り組む。
  • 多様な区民の声を把握し、施策に的確に反映する。
  • 効果の高い行政サービスに選択と集中を図る。

【平成25年度 区運営の基本的な考え方(何に重点的に取り組むのかなど、選択と集中の方針を示す)】
安全・安心を基盤に、水辺のまちづくり、明日の都島区を担う人づくりに重点的に取組む。

1 重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 安全・安心のまちづくり

安全・安心は区民生活の基盤であり、最重要課題である。課題解決により、区の目標に掲げる人がつながるまち、明日に誇れるまちへと展開する。

主な戦略
【1-1 防災のまちづくり】

  • 有事に迅速・効果的に動くための実践的な仕組みづくりに取り組む。
  • 若い世代の参加を図りつつ、各組織と連携したより実践に近い訓練や、要援護者の支援、通信設備の整備など区災害対策本部の体制強化等による地域防災力の向上などに取り組む。

主な具体的取組(25年度予算額)
【1-1-1 防災力の強化】 [予算額 8,012千円]

  • 地域や企業をはじめ、関係行政機関や社会福祉施設、医療関係と連携し、要援護者を含めた合同防災訓練を実施する。(8月)
  • 災害時に職員自らの役割を適切に行えるよう、区職員のスキルアップの研修や訓練を実施 5回(5・6・7・9・1月)
  • 参加者が電気・ガス・水道などのライフラインを使わずに避難所生活を体験し、一人ひとり何が出来るのか、日頃の家庭での防災への備え等を学ぶ避難所一泊訓練(1回)を実施する。
  • 災害時は率先して地域住民を初期消火や救出・救護活動に導き、平時は地域住民に防災の啓発を行う地域防災リーダーを育成する研修2回(5・6月)を実施
  • いざというときのために、子どもからおとなまで防災知識を体験型で楽しく学べる防災フェスタ(1回)を開催する。

経営課題2 人と人がつながり、助け合うまちづくり

区民主体の、多様な協働による活力ある地域社会づくりを進めることが課題であり、その解決により、自らの地域のことは地域自らが決める、区民による自律的な地域運営をめざす。

主な戦略
【2-1 地域の自主的なまちづくり運営の促進】   

  • 地域活動協議会に、若い世代やマンション住民、NPOや企業など、これまで地域活動と縁が薄かった幅広い層が参画できるよう、より一層の開かれた組織運営、会計の透明性の確保、効果的な啓発や広報の手法などを支援する。
  • 地域住民の交流の活発化と連帯感の強化により、コミュニティづくりを推進して、より多くの人材の地域活動への参加を促進する。

主な具体的取組(25年度予算額)
【2-1-2 地域活動の担い手の拡大】 [予算額 800千円]

地域活動協議会の形成を契機として、これまで地域活動に関心の薄かったマンション住民や企業・NPOなどの参加促進と、新たな担い手発掘のための取組み(行事開催)を支援する。

  • 各地域の取組みについて広報紙に特集を掲載 2回
  • 「地域のページ」など、ホームページ等での情報発信 随時
  • SNSを活用した、まちづくり活動の必要性・参加促進の機運醸成 随時

経営課題3 明日に誇れるまちづくり

区民との連携・協働による地域資源を活かしたまちづくりを進めることが課題であり、その解決により、活力と魅力あるまちづくりをめざす。

主な戦略
【3-1 魅力あるまちづくり】

  • 地域資源を活かした、区の魅力づくり・情報発信に区民と協働で取り組み、住んでいる区民にとっての魅力、そして、訪れる人にとっての魅力を高める。

主な具体的取組(25年度予算額)
【3-1-1 水辺のまちづくり(京橋~毛馬)】 [予算額 3,059千円]

  • 区民の声を反映したハードの整備、エッジを立てたソフトづくりで、地域の活性化、魅力向上を図る。
  • 毛馬桜之宮公園では、大阪ふれあいの水辺を中心に、大阪府、ゆとりとみどり振興局と連携して整備を進めるとともに、民間活力も活かした水辺空間の賑わい創出に取り組む。


 主な戦略
【3-3 未来の都島を担う人材育成】

  • 学校・NPO等と連携し、子どもの学習習慣の確立、学力定着・向上を図るとともに、世界の同年代の子どもたちとつながり、文化の違いなどを感じつつ、グローバル化時代に世界と競える20年後、30年後の都島を支える子どもたちを育成する。

主な具体的取組(25年度予算額)
【3-3-1 NPO等連携学力向上事業】 [予算額 1,785千円]

  • 小学校の協力を得ながら、NPO等と連携し、事前に研修を受講した大学生・院生が教師として夏休みなどに指導にあたることで、子どもたちの学力、学習意欲の向上をめざし、勉強する意義の理解と学習への強力な動機づけを行う。

【3-3-2 ICTグローバル人材育成事業】 [予算額 271千円]

  • ICTを利用し、コーディネーターが課題を投げかけ、中学生と海外の学生たちが議論することを通じて、中学生が自らのまち・国を考える機会とするとともに、グローバル時代に必要なコミュニケーション力を育成する。

2 ムダを徹底的に排除し、成果を意識した行財政運営に向けた主な取組

主な取組項目

  • 業務プロセス・フローの改善と再構築

取組内容

  • 「ムダ取り」の取組、効率化が必要な対象項目の抽出、最適化案の作成・実施

運営方針の構成

〇様式1(全体概要)

⇒ 区長がめざす目標・使命、平成25年度の基本的な取組方針(概要)を記載しています。

〇様式2(施策の集中の方針)

⇒ 重点的に取り組む主な経営課題を記載しています。

〇様式3

⇒ ムダを徹底的に排除し、成果を意識した行財政運営に向けた主な取組を記載しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

都島区役所 総務課 政策企画グループ
電話:06-6882-9989 ファックス:06-6882-9787
住所:〒534-8501 大阪市都島区中野町2丁目16番20号(都島区役所1階)

メール送信フォーム