ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度都島区区政会議 第2回教育部会を開催しました

2016年3月25日

ページ番号:348920

教育部会

平成27年度都島区区政会議第2回教育部会を平成28年3月3日(木曜日)午後7時から開催しました。

教育部会は、都島区区政会議を効果的かつ効率的に運営するため、区教育行政について、より専門的な意見交換を行うもので、部会でいただいた意見等は、全体会議(区政会議)に報告することになります。

なお、教育部会は、平成27年10月に新しく就任された区政会議委員のうち、希望された6名の委員により構成されています。

開催概要

日時

平成28年3月3日(木曜日) 午後7時から午後8時15分まで

場所

都島区役所3階 第5・6会議室(都島区中野町2-16-20

議題

  1. 平成28年度区事業について
  2. 市が推進する教育施策等について
  3. その他

配付資料

次第の画像
別ウィンドウで開く

次第

資料1の画像
別ウィンドウで開く

資料1

資料2の画像
別ウィンドウで開く

資料2

別添1-1の画像
別ウィンドウで開く

別添1-1

別添1-2の画像
別ウィンドウで開く

別添1-2

別添1-3の画像
別ウィンドウで開く

別添1-3

別添2の画像
別ウィンドウで開く

別添2

別添3の画像
別ウィンドウで開く

別添3

会議録

要旨

議題1 平成28年度区事業について

  • 【区役所】平成28年度も、区独自事業として、中学生ネパールとのWeb交流事業、小学生やる気アップ学習支援事業を区の予算で実施する。

  • 【区役所】区担当教育次長枠として、小学生向けの体力向上の支援事業を実施予定。運動を教える専門家が小学校に行って生徒に教える。また、先生にも指導方法を学んでいただきたい。

  • 【区役所】民間事業者を活用した課外授業の事業を実施予定。放課後に中学校の施設を利用し、塾等の民間事業者が基礎学習の指導を行うというもの。現在、区内2~3中学校にて実施予定。

議題2 市が推進する教育施策等について

[学校適正配置]
  • 【区役所】都島区には課題校(適正配置の対象校)が2校ある。友渕小学校は児童数が多く、内代小学校は少ない。

  • 【区役所】友渕小学校は生徒数が多いため本校と分校に分かれているが、将来的には一本化するという点で、教育委員会、区役所、地域、学校も一致。そこに到達するまでにはまだまだステップがあるが、今その整理を始めたところ。

  • 【区役所】内代小学校については、2月にタウンミーティングを開催し、地域との話し合いを始めた。委員の皆様にも考え方を説明させていただく。

  • 【区役所】現在の内代小学校の児童数は191人で、今後は緩やかに減少。大阪市は、1小学校の児童数120人を基準にそれより少ないところは統廃合という方針。内代小学校は120人を下回らないため、直ちに統廃合とはならない。
    内代小学校は現在7クラスだが、今後、1学年1クラスという状況が続く。大阪市教育委員会は、小学校の適正規模を12クラスから24クラスとし、1学年1クラスは教育上デメリットの方が大きいため適正化しなければならないとの方針を示している。したがって、都島区では内代小学校を1学年2クラスにするため、これから方向性を考えていかないといけないが、そのための選択肢として、統廃合、子育て世帯の誘致、学校選択制の活用、校区変更の4つが考えられる。

  • 【区役所】内代小学校の統廃合の対象は、高倉小学校、東都島小学校、旭区の高殿南小学校の3校。しかし、大阪市として区外の学校との統廃合はできない(ため、旭区の高殿南小学校は対象からはずれる)。東都島小学校との統廃合には、(両校区の間に交通量の多い)大きな通りがあるので安全上難しい。また、高倉小学校は児童数が多く、クラス数が適正範囲を超える可能性もある。内代小学校と統廃合すると逆に高倉小学校が友渕小学校のような過大校になるため、高倉小学校との統合も考えにくい。

  • 【区役所】子育て世帯の誘致については、内代小学校エリアの空き地の状況、土地の売却、ポテンシャル等を調べた結果、今後5年程度、大規模マンションが建つような土地はないという結論に至ったため、現時点では考えられない。

  • 【区役所】学校選択制を活用し、学校の魅力を高め、児童がどんどん内代小学校に集まってくる状況を作るという方法もある。しかし、他の学校と切磋琢磨する中、経常的に内代小学校だけが「一人勝ち」という状況を作りだすことは制度上難しい。

  • 【区役所】校区変更について、高殿南小学校や東都島小学校(との校区変更)は難しいが、高倉小学校はどうか。例えば、高倉連合町会と内代連合町会の境界はそのままにして校区だけを変更する。高倉小学校に行くより内代小学校の方が近い子どももいるし、高倉小学校もどちらかといえば生徒が多い状況なのでバランスがとれるのではないか。また、この2校はいずれも高倉中学校校下。内代地域と高倉地域が同じ高倉中学校校下の子どもとしてみんなで見守っていけないか。このあたりはこれから議論が必要。

  • 高倉小学校の児童数が多いのであれば、校区変更が一番いいのでは。学校選択制があるため特に校区を変えても問題はない。統廃合は難しい。

  • 5年前の都島小学校と友渕小学校との校区変更(セントプレイス)では、地域も保護者も振り回された経緯がある。とにかく慎重に進めていただきたい。

  • [区役所]セントプレイスの件を反省し、同じことを繰り返さないよう地域や保護者の皆さんと相談しながら丁寧に進める。

[学校選択制]
  • [区役所]学校選択制による通学区域外からの(27年4月)入学者について、小学校は44名で全体の大体5%、中学校は22名で大体3%となっている。

  • [区役所](平成28年度入学者数も)今のところ、小学校が5.3%で中学校は4.2%と、都島区では5%前後で推移。大阪市全体で学校選択の理由は、中学校は部活、小学校は隣の学校のほうが近かったというのが主流。

  • 今年度(自分が聞いている限りでは)部活で選択しているケースが多かった。自分が子どものころはもっと部活の数があったが、今はすごく少ない。体力向上(の問題)にもつながっていると思うが、運動をしていない子どもたちだけでなく、現在、運動している子どもたちの選択肢を増やすこともできないか。

  • アンケート等で、学校選択制により通学区域外のどの学校へ何人行ったかという数字を把握しているのであれば、今後、このような場で資料として提示していただきたい。

  • [区役所]今は(選択制の理由は)問わないということになっている(ので開示はできない)。今後は、移動の状況や理由についても把握・分析をしたい。

  • [区役所]部活の数は(中学校選択の)大きな理由だが、施設の状況の制約等もあり実際にはなかなかできていないのが現状。先生の負担が理由で部活ができないという状況については、他区では外部から先生を連れてくる取り組みを始めた学校もあるし、また、都島区には桜宮高校という体育に特化した学校もあるので、その先生や生徒とタイアップする方法も今後はあり得る。

[中学校給食]
  • [区役所]吉村市長から、任期中に全ての学校を学校調理方式にするという方針の発表があった。親子方式ができる学校は親子方式、できない学校は自校に給食室を設ける。都島区内では、来年度、桜宮中学校が桜宮小学校との親子方式で実施を予定。その後については教育委員会と調整中。

  • [区役所]小学校の給食施設を利用して、中学生の給食をつくるため、小学校のようなバケツ(食缶)の給食。メニューについてはまだわからないが、大阪市の栄養士が献立をつくるため、市内全校同じものになる。

  • [区役所]31年の2学期までに学校調理方式の給食に移行するが、それまで差は生じる。

  • 現在、残飯の量が非常に多い。

  • [区役所]別添2のアンケート結果によれば、改善はされている。ただし、全校で学校調理方式の給食がそろうまでは現在の給食が続く可能性もあるため、区としては引き続き改善について教育委員会に声を上げていく。

[学校図書館活用推進事業]
  • [区役所]各校の図書館を活用してもらうため、学校図書館補助員やコーディネーターを配置。図書館の蔵書数が基準に至っていないところは蔵書の拡充も行いながら、開館時間・回数を増やす方針で事業を進めている。全校、週当たり7回以上になるよう今後進めていく。

  • 東都島小学校では、水曜日に補助員が配置され、放課後に図書館を開放している。しかし、図書館を放課後利用するには、事前の保護者の同意が必要なため、放課後来る子どもは少ない。事前の同意なく、子どもの帰りが遅いと、保護者から学校に「うちの子が帰ってこない」という問合せの電話が入る。

  • [区役所]本件については、運用上の課題として教育委員会と話しあう。

議題3 その他

  • 都島中学校は今年校舎の建て替えがあり、運動場にプレハブ校舎が建つので(運動場が)使えなくなる。その間、第2グラウンドを使うことになるが、仮設トイレが3~4個であるだけで、電気もつかず、着がえるところもない。校舎の建てかえ中、(在学中の)子どもたちに不自由な思いをさせる中で、単純に校舎建替のための予算しか計上されていないようだが、建て替え期間中の生徒たちのケアも考えてもらえないか。また、学校の環境を変える場合は、保護者に対しても事前に説明いただきたい。

  • 体力向上の取組や中学校給食の親子方式の順番などが決まれば、(区民に)周知していただきたい。それが学校選択にも関係する。

  • [議員]都島中学校の校舎の建て替えに関しては、都市計画道路等の計画があるため、第2グラウンドに公園のトイレのような建築構造物は建てられないと教育委員会から説明を受けている。隣の駐車場のスペースにも別の計画があり(対応は)難しいと聞いている。

会議録

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市都島区役所 保健福祉課(こども教育)

〒534-8501 大阪市都島区中野町2丁目16番20号(都島区役所2階)

電話:06-6882-9889

ファックス:06-6352-4584

メール送信フォーム