ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度 都島区の指定管理者の評価結果

2020年12月9日

ページ番号:476767

評価結果
施設名指定管理者選定方法 

指定期間 

所管部署 連絡先 事業報告書 評価シート 
大阪市立都島区民センター都島区さくらネットワーク
(代表者)一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会
(構成員)グローブシップ株式会社
公募平成28年4月1日~平成33年3月31日都島区役所
まちづくり推進課
電話(06)6882-9734平成30年度事業報告書平成30年度評価シート

平成30年度事業報告書

施設概要

  • 施設名 大阪市立都島区民センター
  • 所在地 大阪市都島区中野町2丁目16番25号
  • 施設規模

(施設の概要)

  1. 構造 鉄骨コンクリート造 地上4階建(1階、2階、4階部分は都島区民センター・3階部分は都島図書館)
  2. 延床面積 2,294.74平方メートル(都島区民センター1,632.73平方メートル・都島図書館662.01平方メートル)
主な施設
階層施設面積(平方メートル)収容人数(人)
1階ホール406500
会議室13316
会議室26332
2階交流スペース
会議室35625
会議室46332
会議室544.620

指定管理者

  • 団体名 都島区さくらネットワーク
    (代表者)一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会
    (構成員)グローブシップ株式会社
  • 主たる事務所の所在地 大阪市天王寺区上汐5-6-25
  • 代表者 一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会 理事長 槇村 久子
  • 指定期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日
  • 報告対象期間 平成30年4月1日~平成31年3月31日
  • 連絡先 電話 06‐7656‐9040

1 指定管理業務の実施状況

 大阪市立都島区民センターの設置目的に基づき(注1)、都島区のコミュニティとネットワークの拠点としての役割を果たすため、施設運営を行った。

(1)貸館運営業務

施設申込については、利用者の目的に適った施設を選択いただくため、施設の特徴を丁寧に説明するとともに空室時には施設の事前見学をすすめた。

また、取消申請及び還付請求についても、窓口等で利用者への説明を適時行うとともに、正確かつ迅速な作業に努め、円滑な運営を行った。

利用率は0.3ポイント増の78.1%、利用者数は2,156人増の97,236人と前年度を上回り、平成28年度から連続して増加し、堅調な利用となっている。

来館のきっかけを作るための区民センター自主事業を多数実施し、子どもからシニア世代まで、幅広い世代の利用と交流を促進するとともに、「算数ゲームで遊ぼう!」では実施内容と実施回数を拡充したことで定着してきており、子どもの参加増だけではなく、新規のボランティアの参加もあった。フェスタ事業(センターまつり)では、実行委員会形式によるセンターまつり「手づくりまつり」の出展者及び参加者ともに昨年度より増加し、年々拡大しており区民が交流する場として大きな役割を果たした。

また、ホール前のスペースを活用した北部環境事業センター「マタニティウエア・ベビー服・子ども服展示提供」事業への協力や区内の各種施設との情報共有なども昨年度から引き続き注力し、施設の効用のさらなる発揮を図ると共に、区民の文化向上に地域の拠点施設として寄与した。

(2)徴収事務委託契約に基づく使用料徴収及び収納事務

区民センター使用料を使用者より徴収し、遅滞なく大阪市に納付を行った。

また、利用収入状況の月報を作成し翌月5日までに報告を行った。

(3)施設総合管理業務

区民センターの建築設備の維持管理のため、各種の点検整備等を実施した。(別表)

効果的・安定的な管理運営体制を構築するとともに、業務に不可欠な研修等を実施して、業務の適正かつ確実な執行に努めた。

(4)その他

大阪府北部地震(6月18日)では交通機関が使用できなかったため、緊急時対応として自転車や自家用自動車を使用して職員がセンターに出勤し、迅速な安全確認・復旧作業を行うとともに、区役所担当課との連絡調整を行い、貸室抽選の開始時間が少し遅れたのみで通常どおりセンターを開館することができた。

2度にわたる台風の接近時(9月4日、9月30日)は、9月4日には通常どおり開館した中、恐れを感じた近隣住民や通行人の受入れ、センター利用者からの電話応対、台風通過時のセンター内の巡回や利用者への声掛けを行い安全・安心を心がけた。また、9月30日は臨時休館となったため、利用者への連絡、還付請求の手続きのほか、当日は職員が館内に待機をして来館者や電話への応対を行った。

両日とも台風通過後は、開館前に施設の安全確認・復旧作業など迅速な対応を行うことで、翌日は通常どおり開館することができた。

7月に会議室2・4の空調機が故障した際には、関係各所と連絡調整を行い簡易エアコンを早急に設置するとともに、故障による会議室2・4の供用停止に伴う利用者への連絡および使用料の還付請求の手続きを丁寧かつ迅速に対応した。加えて、暑さ対策として、スポットクーラーや扇風機なども導入し、窓には断熱材を張り付け、すだれを毎日かけ、貸室利用前には簡易エアコンをはじめとする冷房機器を事前に動かすなど利用者の安全確保と利便性が損なわれないように取り組んだ。

注1)大阪市区役所附設会館条例 第2条

「第2条 会館は、コミュニティ活動の振興並びに地域における文化の向上及び福祉の増進を図るとともに、市民の集会その他各種行事の場を提供することにより市民相互の交流を促進し、もって連帯感あふれるまちづくりの推進に寄与することを目的とする。」

別表 建築設備管理業務実施状況
内容実施回数実施日実施者
消防用設備等点検年2回6月11日、12月10日指定管理者
防火対象物点検年1回9月26日
警備保安業務通年アムス・セキュリティサービス株式会社
清掃業務(日常)通年指定管理者
清掃業務(定期)年4回6月11日、9月10日、12月10日、3月11日
害虫等駆除年2回7月13日、1月31日
駐輪スペースの管理常時
植栽等環境整備年2回9月21日、12月14日
空調機点検(ホール)年2回4月18日、11月8日,指定管理者(ヒートポンプ空調機については、大阪ガス株式会社が実施)
空調機点検(会議室)年2回6月11日、12月10日
フロンガス 法律に基づく簡易点検年4回6月27日、9月10日、12月10日、3月1日指定管理者
煤煙測定年2回9月29日、3月1日
舞台吊物機構設備保守点検年1回9月26日
舞台照明設備保守点検年1回8月25日
舞台音響設備保守点検年1回9月25日
受水槽及び高架水槽清掃等年1回10月19日
簡易専用水道水質検査年1回11月2日
フロンガス抑制法点検1回/3年

2 利用状況

年間実績
平成30年度【参考】平成29年度【参考】平成28年度
施設利用率78.1%77.8%74.5%
利用者数97,236人95,080人80,754人
使用料収入11,383,770円15,777,920円9,413,080円
(内訳)室使用料10,377,120円14,748,920円8,687,980円
附属設備使用料1,006,650円1,029,000円725,100円
開館日数358日359日359日

※施設利用率は交流スペースを除いたもの

月別実績
4月5月6月7月8月
施設利用率(%)75.473.383.075.663.1
利用者数(人)6,4477,7928,8197,3898,018
使用料収入(円)998,230843,080971,850866,470850,210
開館日数(日)3031303131
9月10月11月12月1月
施設利用率(%)83.383.080.278.877.2
利用者数(人)8,5479,22510,0756,8157,126
使用料収入(円)792,7901,564,330798,810952,950632,460
開館日数(日)29※31302828
2月3月年間
施設利用率(%)77.583.578.1
利用者数(人)8,2798,70497,236
使用料収入(円)740,5301,372,06011,383,770
開館日数(日)2831358

※9月30日は台風接近による臨時休業

施設別月別実績(上段:利用率(%)、下段:利用者数(人))
室名4月5月6月7月8月9月10月
ホール35.644.156.354.346.272.260.2
2,1333,4914,2193,6854,4934,2994,646
会議室180.068.877.078.564.580.087.1
637531583673567615563
会議室285.686.093.186.876.390.688.2
919998992736790915985
会議室386.783.989.784.862.487.188.2
9249641,070916693935932
会議室477.868.890.872.160.278.880.6
1,2111,1031,2857999281,1161,304
会議室586.788.290.879.368.890.693.5
623705670580547667795
月計75.473.383.075.663.183.383.0
6,4477,7928,8197,3898,0188,5479,225
室名11月12月1月2月3月年間
ホール62.258.059.874.767.857.1
5,8523,2663,5654,0354,52548,209
会議室176.772.072.878.681.176.4
5625004675425656,805
会議室294.487.291.386.992.288.2
1,01177083389893610,783
会議室375.677.583.884.587.882.6
8336827841,01097510,718
会議室477.883.373.275.076.776.2
1,1371,0629511,1401,05413,090
会議室594.495.186.684.595.687.7
6805355266546497,631
月計80.278.877.277.583.578.1
10,0756,8157,1268,2798,70497,236

≪利用率・利用人数等≫

  • 施設利用率は、0.3ポイント

施設利用率は、29年度より0.3ポイント増加し、設定していた目標(75.2%)より2.9ポイント上回る78.1%であった。ホールが29年度より0.1ポイント増の57.1%、会議室(5室計)が0.3ポイント増の82.2%となった。

  • 使用料収入・利用者数の推移

使用料収入は、29年度より439万円減少した。利用者数は、29年度より2,156人増加した。

3 実施事業・自主事業 実施一覧

(1)区民センターデビュー事業

幅広い区民による館利用の促進を図るため、楽しく気軽に参加しやすい事業を展開した。

区民センターデビュー事業
講座名開催日程定員のべ受講者(人)
How are you?からの英会話(春)4月20日~7月20日全10回20137
How are you?からの英会話(秋)9月7日~12月7日全10回20164
How are you?からの英会話(冬)1月11日~3月22日全10回20124
火曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~(春)4月24日~7月24日全9回20179
火曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~(秋)9月18日~12月4日全9回20150
火曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~(冬)1月15日~3月19日全9回20135
金曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~(春)4月27日~7月27日全9回20101
金曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~(秋)9月21日~12月14日全9回20164
金曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~(冬)1月11日~3月15日全9回20133
子育て応援!親子で楽しむベビママヨガ(春)5月10日~6月21日全6回10組74
子育て応援!親子で楽しむベビママヨガ(秋)10月18日~11月22日全6回10組114
子育て応援!親子で楽しむベビママヨガ(冬)1月17日~3月28日全6回10組70
楽しく歌おう うたごえ講座(春)5月8日~7月3日全8回2050
楽しく歌おう うたごえ講座(秋)9月25日~11月20日全8回2085
楽しく歌おう うたごえ講座(冬)1月12日~3月23日全6回2094

(2)都島の魅力発見&育成事業

センターを拠点に活動する団体などの協力を得て、都島区の面白さや暮らしに役立つ情報を紹介し、地域への関心を高めるとともに区民と活動団体との出会いの機会となるような事業を展開した。

都島の魅力発見&育成事業
講座名開催日程 定員のべ参加者(人)
地域デビュー応援講座「算数ゲーム」で遊ぼう!4月14日~7月28日全8回10124
地域デビュー応援講座「算数ゲーム」で遊ぼう!8月11日、8月25日全2回1018
地域デビュー応援講座「算数ゲーム」で遊ぼう!9月8日~12月22日全8回10118
地域デビュー応援講座「算数ゲーム」で遊ぼう!1月12日~3月23日全6回10124
都島“まち学(楽)<まちがく>”講座
オカリナ&管弦楽 ミニコンin 都島 vol.3
8月5日全1回200133
都島“まち学(楽)<まちがく>”講座 防犯教室 *12月5日全1回107
都島“まち学(楽)<まちがく>”講座 普通救命講習 *2月6日全1回1016

*印 職員研修としても開催

※地域デビュー応援講座「算数ゲームで遊ぼう!!」の参加者数は、ボランティア及び保護者の数を含む

(3)地域コラボ型事業

区民センター「ア・ラカルト講座」

区民センターで定期的に活動している団体と、何かを始めたいと思っている区民との出会いの機会を提供した。

区民センター「ア・ラカルト講座」
講座名開催日程 定員のべ受講者(人)
区民センター ア・ラカルト講座①「こものde押し花」10月18日全1回157
区民センター ア・ラカルト講座②「キッズのどんぐり帽子」11月14日全1回1513
区民センター ア・ラカルト講座④「美文字をめざす~書と絵てがみ~」1月30日、2月13日全2回2049
区民センター ア・ラカルト講座③「土の楽器~オカリナ製作&演奏講座~」3月12日全1回1512

(4)フェスタ事業(センターまつり)

「手づくり」をテーマに、センター利用者と区民の交流が図れるようクラフト体験を集めたイベントを実行委員会形式により実施した。(実行委員:5団体、出展団体:16団体)

出展内容:手作りおもちゃ、バルーンアート、書と絵てがみ、押し花、似顔絵、折紙、小物づくりなど

フェスタ事業(センターまつり)
事業名会場開催日程定員参加者(人)
手づくりまつりホール他6月24日全1回-210

(5)情報発信事業

① 館だより「さくら通信」の発行

都島区民センターの館だより「さくら通信」を毎月発行し、自主事業・会議室等の施設紹介・地域情報を掲載し、地域の施設として情報発信を実施した。

設置場所:区内公共施設、スーパー、自動車学校、保育園、神社など

発行部数:年間合計11,696部

さくら通信
② SNS等での情報発信

フェイスブックやツイッターにより、自主事業では受講者募集の案内、当日参加可能な「算数ゲームで遊ぼう!」や「手づくりまつり」では当日にも情報発信を行った。

また、台風接近による臨時休館等の施設情報や地域情報として「都島区民まつり前夜音楽祭の中止」についても迅速な発信を行い、センター利用者や区民に対して利便性のある情報提供に努めた。

◆実施結果

 地域の有志(ボランティア)の運営協力を得て自由に「算数ゲーム」等で遊びながら、参加者同士の交流や親子が地域や区民センターに親しみを持つきっかけとなるような場「地域デビュー応援講座「算数ゲーム」で遊ぼう!」では、長期休暇の際には工作も取り入れるなど昨年度よりも内容の充実を図るとともに実施回数も増やしたことで、親子連れや子どもの参加者数が増加し定着してきた。また、新規のボランティアの参加もあり、地域人材の育成も図れている。

フェスタ事業(センターまつり)では、実行委員会形式によるセンターまつり「手づくりまつり」が出展者及び参加者ともに昨年度より増加し年々拡大してきており、出展内容も子どもからおとなまで楽しめる内容が充実しており、幅広い年代の区民が交流する場としての役割を果たした。

また、「都島“まち学(楽)<まちがく>”講座 オカリナ&管弦楽 ミニコンin 都島 vol.3」及び「手づくりまつり」はホールにおいて開催したことで、より多くの区民の参加および交流の場として提供を行い、「ホールの活用」にもつなげることができた。

都島区民センターの館だより「さくら通信」は昨年度(8,400部)よりも発行部数を増やすことで、地域情報の発信等を通じて、より多くの区民がセンターに関心をもち、利用が高まるように努めた。

受講者アンケート結果
受講者アンケート受講者数回収数回収率満足度(「たいへん満足」「おおむね満足」の回答)
1,068人414枚63.2%96.6%(400件)

◆参加者の声

  • 特に暑い暑い今夏、寝苦しさに加え、W杯、ウィンブルドン、深夜のTV観戦で寝不足続きでしたが、先生、メンバーの方々のお顔見て元気出ました。(金曜ボイトレ~声からはじめる健康づくり~)
  • いろいろな赤ちゃんやママと接する良い機会でとても良かったです。(子育て応援!親子で楽しむベビママヨガ)
  • 終始あたたかな雰囲気で、皆さんが参加しておられ、聴かせていただいているほうも優しい気持ちになりました。ありがとうございます。(都島“まち学(楽)<まちがく>”講座オカリナ&管弦楽 ミニコンin 都島 vol.3)
  • 自分のオカリナが出来てうれしいです。オカリナの演奏を聞いて美しい音色で生演奏を聞けて良かったです。少しオカリナがふけてうれしかったです。簡単な曲をふけるようになりたいと思いました。(区民センター ア・ラカルト講座③「土の楽器~オカリナ製作&演奏講座~」)
  • 手作りは、作り手のぬくもりが伝わってくるのでひとつひとつが世界にたったひとつのものなので値打ちがある。記念になります。(手づくりまつり)
自主事業収支実績(円)

自主事業収入

2,517,667

自主事業支出

2,408,822

算数ゲームで遊ぼう!!
別ウィンドウで開く
区民センター ア・ラカルト講座
別ウィンドウで開く
センターまつり「手づくりまつり」
別ウィンドウで開く

4 都島区内における大阪市青少年指導員制度に基づく活動支援業務

主な支援業務
事業名実施日実施場所
青少年指導員の理事会平成30年4月10日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年5月8日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年6月12日(火曜日)都島区内
青少年指導員の総会平成30年6月26日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年7月10日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年8月21日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年9月12日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年10月9日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年11月13日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成30年12月11日(火曜日)都島区内
青少年指導員の理事会平成31年1月14日(月曜日・祝日)西都島福祉会館
青少年指導員の理事会平成31年2月12日(火曜日)都島区民センター
青少年指導員の理事会平成31年3月12日(火曜日)都島区民センター
青少年の非行防止のための夜間巡視活動
拡大指導ルーム(※巡視は熱中症情報「危険」のため中止)
平成30年8月1日(水曜日)都島区民センター
主な業務内容
項目業務内容備考
1.理事会・事前準備(連絡調整、資料印刷・製本)
・当日従事(会場設営、議事内容の記録)
・事後(議事録概要作成)
月1回開催
(2時間程度)
2.その他
区内一斉夜間巡視活動(拡大指導ルーム)配布資料作成・印刷、案内文書印刷、会場設営
スポーツ大会トーナメント表等の拡大印刷、参考資料印刷、申込者データのとりまとめ等
成人の日のつどい関連書類等印刷、配布物の納品受取・保管等
研修会「女性指導員のつどい」等の資料印刷、会場設営、受付補助等年3回程度
交通マナー啓発参加者データのとりまとめ・一覧表作成等
ユース募集チラシの納品受取・仕分け等
絵画写真コンクール作品受取・保管、一覧表印刷等
アンケート集計等スポーツ大会及び研修会などにおけるアンケートの印刷・集計
施設予約理事会・会議・研修などの施設予約年間20回強
備品管理スポーツ用具、文房具などの保管
各部会における事務・事前準備(連絡調整、資料印刷・製本)
・当日従事(会場設営)
その他随時、役員との連絡調整

5 都島区民ギャラリーの管理運営

館内に募集要項および空き状況の表示を行うとともに、貸室利用者にも周知を行い、利用促進に努めた。

また、ホームページにおいても募集案内のページを設け情報提供を行うことで、幅広い層への周知を行った。

利用実績
回次利用期間利用団体
第1回平成30年4月2日(月曜日)~平成30年4月13日(金曜日)都島区まちづくり推進課①
第2回平成30年4月16日(月曜日)~平成30年4月27日(金曜日)アトリエMA①
第3回平成30年5月1日(火曜日)~平成30年5月15日(火曜日)
第4回平成30年5月16日(水曜日)~平成30年5月31日(木曜日)書と絵てがみ①
第5回平成30年6月1日(金曜日)~平成30年6月15日(金曜日)
第6回平成30年6月18日(月曜日)~平成30年6月29日(金曜日)
第7回平成30年7月2日(月曜日)~平成30年7月13日(金曜日)なにわの伝統野菜研究会毛馬きゅうりの会①
第8回平成30年7月17日(火曜日)~平成30年7月31日(火曜日)
第9回平成30年8月1日(水曜日)~平成30年8月15日(水曜日)
第10回平成30年8月16日(木曜日)~平成30年8月31日(金曜日)大阪市立中野小学校いきいき活動
第11回平成30年9月3日(月曜日)~平成30年9月14日(金曜日)
第12回平成30年9月18日(火曜日)~平成30年9月28日(金曜日)
第13回平成30年10月1日(月曜日)~平成30年10月15日(月曜日)都島区まちづくり推進課②
第14回平成30年10月16日(火曜日)~平成30年10月31日(水曜日)アトリエMA②
第15回平成30年11月1日(木曜日)~平成30年11月15日(木曜日)能面を作って楽しむ会
第16回平成30年11月16日(金曜日)~平成30年11月30日(金曜日)書と絵てがみ②
第17回平成30年12月3日(月曜日)~平成30年12月14日(金曜日)旭・都島租税教育推進協議会
第18回平成30年12月17日(月曜日)~平成30年12月28日(金曜日)
第19回平成31年1月4日(金曜日)~平成31年1月15日(火曜日)京橋地域の安全なまちづくり連絡協議会①
第20回平成31年1月16日(水曜日)~平成31年1月31日(木曜日)京橋地域の安全なまちづくり連絡協議会②
第21回平成31年2月1日(金曜日)~平成31年2月15日(金曜日)なにわの伝統野菜研究会毛馬きゅうりの会②
第22回平成31年2月18日(月曜日)~平成31年2月28日(木曜日)キッズスクールピース
第23回平成31年3月1日(金曜日)~平成31年3月15日(金曜日)
第24回平成31年3月18日(月曜日)~平成31年3月29日(金曜日)

6 収支決算状況

収入
内容金額(円)
業務代行料26,451,209
自主事業収入2,517,667
収入合計28,968,876
支出
内容金額(円)
人件費総括責任者等の人件費14,515,200
受付事務の変更による増額分305,437
事務費1,113,038
施設管理費年間保守業務4,766,040
会議室2・4用簡易エアコン設置443,664
修繕補修経費429,905
光熱水費5,418,974
事業費都島区内における大阪市青少年指導員制度に基づく活動支援業務511,546
区民ギャラリーの管理運営業務194,400
その他64,800
指定管理者の充当分-1,311,795
指定管理事業費 合計26,451,209
自主事業費 合計2,408,822
支出合計28,860,031
収支差額108,845

7 その他

(1)快適で利用しやすい施設運営に向けてのサービス向上、利用者からの意見、要望等への対応状況

  • 施設利用者へのアンケートを実施(1か月間)
  • 施設利用者へのアンケート箱「ご意見箱」の設置(常時)
  • 施設利用者との意見交換会の実施(1回)
  • 貸室予約者が快適に使用できるよう、利用時間に合わせて空調を事前に運転
  • 貸室時間等、利用者への公平性の確保
  • 6カ月後の既予約状況を掲示し、予約希望日の空き状況を早めに告知
  • 利用者への挨拶を積極的に実施
  • 施設申込手続が集中する午前中の業務スタッフを増員し、利用への最適な利用提案や施設案内(予約前の下見)等を実施

利用者アンケートの結果

施設についての満足度
別ウィンドウで開く
施設管理の良いと思われる点
別ウィンドウで開く

(2)管理経費削減の取組状況

  • 事務費や光熱水費の経費を各職員が意識し、両面コピーの徹底、不要照明の消灯、事務室内の空調のエコ温度の徹底を実施しました。

(3)環境保全、環境負荷の低減の取組状況

  • センター排出のごみの削減
  • 都島クリーン作戦に参加(5月19日(土曜日)・11月17日(土曜日)、都島区民センター周辺を清掃)
  • 資源ごみ分別
環境保全、環境負荷の低減の取組の様子
別ウィンドウで開く

(4)研修実績

  • 公平・公正で安全・安心な施設運営、及び地域のコミュニティづくりの場として寄与するためさまざまな職員研修を実施しました。
研修実績
テーマ研修内容実施回数備考
新任研修施設運営のための業務知識、備品操作等1回・新規採用時に実施
(4・5・6・7・9・10・11月)
利用者満足度向上のための接遇研修公共施設のスタッフに必要な心構えやあいさつ、言葉遣い等2回・新規採用時に実施
(4・5・6・7・9・10・11月)
・朝礼、夕礼などの場で日常的に実施。
人権研修地域に暮らす人々の姿をイメージしながら、多様性尊重の重要性を理解する。1回
個人情報保護研修個人情報の取扱に対する知識の習得とともに、意識向上を図る。1回・新規採用時に実施
(4・5・6・7・9・10・11月)
・朝礼、夕礼などの場で日常的に実施。
・個人情報保護研修(9月)
コンプライアンス研修コンプライアンスに反する行為の具体例を通じて、意識の向上を図る1回・2月7日(木曜日)外部研修:企業のためのパワハラ×働き方改革対策セミナー
・3月13日~24日研修内容を職員間で共有
環境問題研修「もったいない」の意識向上を通じて環境問題を考える。1回朝礼・夕礼などの場や日常業務を通じて実施。
音響・照明設備操作研修ホール設備の操作方法を理解する。2回・新規採用時に実施
・2月7日(木曜日)習熟職員による指導
市民協働のためのファシリテーション研修地域団体をはじめ多様な団体との連携や協働のためのスキル向上をめざす。1回朝礼・夕礼などの場や日常業務を通じて実施。
ICT研修(ホームページ、SNS等)ホームページやSNS等のICTに関する知識やスキルを高める。適時、実施。
職能研修(リーダーシップ養成、マネジメントスキル向上等)・現場運営力向上のための研修
・情報セキュリティ研修
・外部講習会研修会などへ参加
1回11月28日(水曜日)外部研修:管理者のためのイクボス実践ゼミ
<地域住民参加型>
消防訓練・救急救命講習
施設内の火災発生を想定して行う。AED講習も実施、区民の参加を呼びかける。1回2月6日(水曜日)救急救命講習
8月28日(火曜日)、3月8日(金曜日)消防訓練
防災訓練大地震や津波の発生を想定した研修を実施。1回3月8日(金曜日)
都島区区政会議の傍聴区政運営や事務事業について等、都島区の動きを知る機会とする。1回第3回会議:2月28日(木曜日)
<地域人材から学ぶ>
これからのまちづくりを考えるための交流型研修
地域の人材や区役所のベテラン職員などを招き、「安心のまち」「人がつながるまち」の実現に向けた取組みを考える。1回3月23日(土曜日)「都島区北部包括支援センター」視察
その他区民センターを運営するにあたっての必要に応じた各種研修の実施適宜12月5日(水曜日)「防犯教室」

平成30年度事業報告

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成30年度評価シート

基本情報

管理施設

  • 施設名 大阪市立都島区民センター
  • 指定管理者名 都島区さくらネットワーク
    (代表者)一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会
    (構成員)グローブシップ株式会社
  • 評価対象期間 平成30年4月1日~平成31年3月31日
  • 指定期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日
  • 所管課・担当 都島区役所まちづくり推進課(電話06-6882-9734

管理運営業務等の概要

  • 業務概要

市民の集会その他各種行事の場を提供することにより市民相互の交流を促進する。

  • 利用状況の概要

(貸館業務)

利用者数:97,236人(ホール:48,209人、5会議室:49,027人)

利用率:78.1%

利用率=年間利用実績単位/年間利用可能単位×100=4,908/6,288

【358日×6(ホール+5会議室)×3単位(午前、午後、夜間)-156単位(改修や設備点検等により物理的に貸出しができない単位)】×100

【これまでの状況】

これまでの状況
平成29年度
利用者数

95,080人

(ホール:46,019人、5会議室:49,061人)
利用率77.8%

◆指定管理者自主事業

各種講習会の実施:27種開催、延べ2,605名参加

【これまでの状況】

(平成29年度)各種講習会の実施:27種開催、延べ2,188名参加

  • 施設の設置目的・目標(成果指標)

コミュニティ活動の振興並びに地域における文化の向上及び福祉の増進を図るとともに、市民の集会その他各種行事の場を提供することにより市民相互の交流を促進し、もって連帯感あふれるまちづくりの推進に寄与することを目的として設置。

  • 年度目標 

平成30年度の利用率について、75.2%を目指す。

管理運営の実施状況

1 施設の設置目的の達成及びサービスの向上
①施設の管理運営状況(管理運営方針・手法に沿った施設の維持管理の状況、平等利用の確保、職員の体制、危機管理・安全管理業務等の実施状況)施設の維持管理については、連合体構成員であるグローブシップ株式会社の専門技術者により、迅速に対応されており、区役所への報告等についても適宜行われている。また、誰もが利用しやすい館運営を目指し公平・公正な利用に努めている。なお、平成30年度は2度の台風や地震があったが、その際に近隣住民等を受け入れるとともに、センター内の巡回、利用者への声掛けを行う等安全管理に努めている。
②事業計画の実施状況(計画に沿った事業実施、サービスの質、利用促進のための取組みと効果、利用者満足度の把握・反映状況、自主事業等の実施状況)施設管理、自主事業とも概ね計画どおりの進捗状況であった。利用者モニタリングや意見交換会を開催するなど、ニーズ把握と改善にも努めている。
③施設の有効利用(他施設との連携状況、地域との連携状況、市民・NPOとの協働状況等)地域団体等との連携、イベントの実施について、積極的な姿勢が見られる。地域団体や区民センターで定期的な活動をしている団体と区民との交流を促進する「都島“まち学(楽)<まちがく>”講座」「区民センターア・ラカルト講座」「地域デビュー応援講座」を実施し、参加者についても平成29年度より19%増加している。
2 市費の縮減効果(収支状況)
①収入・支出状況( )内は、平成29年度実績
収入業務代行料 26,451,209円(25,701,840円)
自主事業収入等 2,517,667円(2,253,642円)
支出事務委託  -円(64,657円)
支出業務代行経費26,451,209円(25,461,060円)
自主事業経費等 2,408,822円(2,408,862円)
支出事務  -円(305,437円)
②市費縮減に係る取組み状況    窓口や電話での利用希望者からの照会の際に、利用率の低い曜日や時間帯の案内を行うなど、使用料収入の増加を図った。また、都島区民センターの館だより「さくら通信」の発行を継続して行い、自主事業・会議室等の施設紹介・地域情報を掲載し、地域の施設として情報発信を行い、新規利用者の開拓にも努めている。
使用料収入 11,383,770円
(平成29年度実績15,777,920円)
(平成28年度実績9,413,080円)
収入減少の主な理由は、昨年度は条例改正により収入が多く発生していたことがあげられる。同条件の28年度と比較すると、約21%の増加となっている。
3 社会的責任・市の施策との整合等
環境への配慮、就職困難者の雇用への取組み、個人情報保護に関する取り組み等の実施状況空調の適温化、ペーパーレスなど、基本的な取り組みは徹底して行われている。また、業務に伴う各種研修を実施し、質の向上に努めている。障がい者雇用率については、連合体構成員のうち1団体において未達成であるものの、就職困難者の雇用拡大に向けた取り組みに努めている。
4 その他(点検等における要改善項目の対応状況、その他特筆すべき事項等)
①評価項目概要特になし
②上記についての成果や望まれる対応等特になし

評価

1 所管所属による1次評価(S・A・B・Cの四段階で評価を記入)
①施設の設置目的の達成及びサービスの向上に対する評価事業計画において目標とした利用率を達成しており、地域活動団体等の活動拠点としての管理運営は適正になされていた。B
②市費の縮減効果に対する評価日常的な経費節減の取り組みに加え、歳入確保に関しては、条例改正に伴い収入が多く発生した平成29年度からは減少しているが、平成28年度と比較すると約21%の増加となっている。また、利用率も平成29年度と比較すると増加しており、特に効果をあげていると考えられる。A
③社会的責任・市の施策との整合等に対する評価指定管理者として、公の施設を運営するにあたり、必要不可欠な知識習得に努めており、適切な管理運営がなされていた。障がい者雇用率については、雇用と定着化に努めているが、未達成であるので、社会的責任を果たすよう引き続き努力していただきたい。B
④ 総合評価施設の維持管理は適切になされ、区役所への報告等が迅速に行われている。利用者に対しては施設の事前見学を積極的に勧める等きめ細やかな対応を徹底し、新規利用者の開拓にも努めるなど、施設の設置目的に合致した管理運営を行っていた。B
2 外部専門家等の意見
•外国籍住民に配慮した館内表示など、多言語に対応していただきたい。
•複合施設の強みを活かし、連携した取組を実施することにより、新規利用者の開拓や、利用促進に努めていただきたい。
•連合体で指定管理しているメリットがどこからも見受けられないので、各々の役割分担、事務分掌等を明確にし、評価できる報告書を作成していただきたい。また、利用料収入の減少と利用者の増加の原因等も記載されていない。報告すべき事項を整理し、次年度以降に反映していただきたい。
3 所管所属最終評価(S・A・B・Cの四段階で評価を記入)
①施設の設置目的の達成及びサービスの向上に対する評価事業計画において目標とした利用率を達成しており、地域活動団体等の活動拠点としての管理運営は適正になされていた。B
②市費の縮減効果に対する評価日常的な経費節減の取り組みに加え、歳入確保に関しては、条例改正に伴い収入が多く発生した平成29年度からは減少しているが、平成28年度と比較すると約21%の増加となっている。また、利用率も平成29年度と比較すると増加しており、特に効果をあげていると考えられる。A
③社会的責任・市の施策との整合等に対する評価指定管理者として、公の施設を運営するにあたり、必要不可欠な知識習得に努めており、適切な管理運営がなされていた。障がい者雇用率については、雇用と定着化に努めているが、未達成であるので、社会的責任を果たすよう引き続き努力していただきたい。
なお、従前より「やさしい日本語」に対応しているところであるが、それに加えて、今後は外国籍住民に配慮した館内表示など、多言語に対応してもらいたい。
B
④総合評価施設の維持管理は適切になされ、区役所への報告等が迅速に行われている。利用者に対しては施設の事前見学を積極的に勧める等きめ細やかな対応を徹底し、新規利用者の開拓にも努めるなど、施設の設置目的に合致した管理運営を行っていた。B

評価の基準

S…事業計画又は本市の定める水準の想定を大幅に上回る効果が得られた

A…事業計画又は本市の定める水準で想定した以上の効果が得られた

B…おおむね事業計画又は本市の定める水準どおりの効果が得られた

C…事業計画又は本市の定める水準で想定した効果が得られていない

※施設の管理運営に関して過失による事故や協定違反等による改善指示、指名停止措置(平成25年4月から「参加停止措置」)などのペナルティを受けた場合は、当該項目と総合評価については原則としてCとすること

平成30年度評価シート

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

過去の評価結果

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市都島区役所 まちづくり推進課

〒534-8501 大阪市都島区中野町2丁目16番20号

電話:06‐6882‐9734

ファックス:06‐6352‐4558

メール送信フォーム