ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 第1回西区教育会議を開催しました

2019年12月13日

ページ番号:347299

日時

平成27年9月16日(水曜日) 午後7時~午後8時30分

場所

西区役所4階AB会議室

議事要旨

  • 西区担当教育次長(区長)あいさつ
  • 委員及び事務局紹介
  • 分権型教育行政についての説明
  • 西区教育会議開催要綱の説明
  • 議長及び副議長の選出

     議長:小林委員、副議長:石川委員

  • 議長・副議長の就任あいさつ

     西区のみんなで西区のことを話し合う場。忌憚なく闊達な議論を。

  • 教育会議で取り扱う議題について -意見交換-

 

  • (事務局より説明)学校適正配置、子どもの学力、子どもの体力の3点を中心に。
  • 西船場小学校や堀江小学校、堀江中学校の運動場が狭いのが問題。部活ができないので、私立へ流出する原因となっている。その結果として体力の平均も落ちてくる。隣接する公園や道路をうまく活用できないか。1回だけの取組みではなく持続するものを。
  • 木津川以東はどんどん人口が増えているが、以西は流入の見込があまりない。
  • 子育て世代の流入が多く、パンク状態の学校がある。運動会の運営もたいへんであり、観覧席もない。
  • 学校適正化には長い時間がかかる。九条3校の各地域はそれぞれ特色があり統合には困難がある。バス通学の導入も考えるべき。
  • 高校に進学してから体力のなさを実感する。学力は高いが体力の低下は否めない。
  • なぜ学級数が少ないのが適正でないのか丁寧に説明すべき。
  • 過小校よりも運動場や教室が足りない方が喫緊の課題。
  • 全市的に体力向上の取組みは置いてけぼりになっている。西中学校サッカー部への民間の力導入の取組みに注目している。指導法などもっと工夫の余地があるのではないか。
  • 過大校に入学できるか心配する声もある。早いタイミングで教えてほしい。
  • 経験の少ない先生が多くなってきている。主任や教頭先生に休みがない点も考慮すべき。
  • 親子方式の給食を導入した中学校では生徒の顔つきが違う。6年間かかるのでなかなか実現しないが、ぜひとも進めてほしい。

当日資料

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課教育グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06‐6532-9743

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム