ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 第2回西区教育会議を開催しました

2019年12月13日

ページ番号:358738

日時

平成28年3月23日(水曜日) 午後7時~午後8時45分

場所

西区役所4階AB会議室

議事要旨

○西区担当教育次長(区長)あいさつ

○議長あいさつ

○案件資料説明

(1)学力・体力の向上について

《事務局説明》

学力・体力と朝食の喫食とは相関関係が見られることから、食育の推進は重要なものと認識し、大阪ガスの協力を得ながら学校での取り組みを支援していく。

  • 27年度にトップアスリートによる教員研修を開催したところ、好評であったことや学校長からも継続を求める意見があったことから、28年度も同様の研修を開催する。

  • 29年度から小学校への英語教育の本格実施に向け、教育委員会事務局施策を補完し、英語に親しむきっかけづくりを行う。

  • 27年度に引き続き、図書館補助員による学校の図書室の開館回数を増やすとともに児童・生徒の読書習慣付けに取り組んでいく。

《委員意見》

  • 本田小では、PTA親子料理教室をハグミュージアムで実施しており大変人気がある。ただし、ハグミュージアムとの打ち合わせなどが手間。区役所から支援をしてもらうと助かる。

    ハグミュージアムの活用方法などの情報を各校にも紹介して欲しい。

    中学校給食で採用された「かるしおレシピ」も西区の会社が関わっている。食育を推進して欲しい。

  • トップアスリートによる研修対象を教員に限定せず、児童・生徒にも広げて欲しい。

  • 九条南小では、放課後などにサッカーをやっている。校区外からも参加がある。

  • 体力向上には、靭公園や松島公園の活用も考える必要があると思う。

  • ネイティブの発音を聞ける機会を少しでも増やして欲しい。

  • 図書ボランティアをやっているが、図書館補助員と図書室に居る時間が異なるのでコミュニケーション確保が困難。連絡ノートに頼っている。

    図書ボランティアの数が少ない。やってくれる人は熱心な方が多い。

    本田小の読み聞かせ「まじょ魔女」は、すばらしい取組み。

  • 生活習慣に着目する際は、食育だけでなく、ネットモラルについても真剣に考えていく必要がある。


 (2)学校配置の適正化について

《事務局説明》

  • 西区においては、堀江小が適正規模を超えており、日吉小・西船場小も将来適正規模を超える見込みとなっている。

  • 一方で九条の3校は、12学級に満たない状況が続くものと見込まれている。

  • 西区としては、子ども達の教育環境課題の改善に向け、地域・保護者の皆様と意見交換を行う場として、ラウンドテーブルを設けて行きたいと考えている。

  • 各学校でラウンドテーブルを設けるほか、中学校区でのラウンドテーブルも必要ではないかと考えている。

  • 西区における現状などについて、保護者や区民の理解を醸成する取り組みとして、区ホームページで情報発信してまいりたい。

《委員意見》

  • ここまで児童数が変わるとは、誰も想像できなかったと思う。

  • ラウンドテーブルは良い取組みと思う。地域や保護者から色々なところで意見を聞く仕組みは必要。

  • 統廃合は非常にナーバスな問題。地域やPTAや校長と話をして、名称や校区の線引きをしていかなかなければならないので、ラウンドテーブルは必要。

  • ラウンドテーブルは、年1回ではだめ。地域住民の意見も聞きながら3・4年かけて考えていくべき。

  • 給食のことや小中連携のことも考えると、中学校下のラウンドテーブルも必要かと思う。

  • 大規模校をこれからどうするのか、小規模校についてはこれからどうするのかが判らない。対応策や取り組みも併せてちゃんと書くべきではないのか。

いただいた委員意見への対応について

  • 生活習慣への着目では、食育の推進と共に、ネットモラルも含めて校長先生と話し合い、区としての取組みを検討したい。

  • 適正配置のホームページについては、委員意見も反映し、校長先生と意見交換をしながら案を決めていきたい。

  • ラウンドテーブルの取組みについては、了解いただいたものとして進めていきたい。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課教育グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06‐6532-9743

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム