ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度 犬の登録と狂犬病予防注射

2020年2月12日

ページ番号:482009

令和2年度の狂犬病予防注射が令和2年3月2日から受けられます。

犬と注射のイラスト

 犬の登録は生涯1回、狂犬病予防注射は毎年1回必ず受けなければなりません。
 最寄りの「集合注射会場(注1)」又は「動物病院(注2)」で狂犬病予防注射を必ず受けましょう。

 動物病院で注射を受けた場合は、お住まいの区の保健福祉センターに「狂犬病予防注射済証」を持参して注射済票交付手続きを行ってください。新規の場合は、登録と鑑札交付手続きも必要です。
 なお、大阪市狂犬病予防注射業務委託動物病院(以下、委託動物病院)では、登録及び鑑札・注射済票の交付も受けることができます。

(注1)大阪市では、毎年4月に市内の公園や小学校、区役所などを会場として、犬の登録と狂犬病予防集合注射を実施しています。

(注2)すべての動物病院で、一年を通して狂犬病予防注射を受けることができます。

令和2年度 集合注射のご案内

西区の集合注射会場
実施日 実施時間実施会場 住所 
4月16日(木曜日) 

午後1時30分から午後4時

 松島公園

(西屋内プール横)

 西区本田1-4

4月17日(金曜日)

午後1時30分から午後4時

 西船場公園

(東側)

 西区京町堀1-11
4月19日(日曜日) 

午後1時30分から午後4時

 西区役所

(1階西側)

 西区新町4-5-14

(注)雨天決行。ただし、暴風雨等荒天の場合は中止することがあります。

会場詳細地図

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

 市内全域の集合注射会場については、大阪市健康局ホームページ 狂犬病予防集合注射会場一覧 をご覧ください。

料金

注射料金: 2,750 円(令和2年度から料金を改定(平成31年度:2,700円)いたしました。ご注意ください。)

注射済票交付手数料: 550 円

登録及び鑑札交付手数料: 3,000 円 (新規の場合のみ必要)

料金に関する重要なお知らせ

  • 料金の徴収方法について
    昨年度に引き続き、集合注射の実施事業者を公募することに伴い、事業者の注射料金(2,750円)と大阪市の注射済票交付手数料(550円)を、2か所別々に徴収させていただきます。お手数をおかけしますが、注射料金(2,750円)と注射済票交付手数料(550円)をできるだけ別々にご用意くださいますよう、よろしくお願いします。

ご来場にあたっての注意事項

  • 集合注射会場へは首輪やリード等が外れないようにしっかり着け、犬を制御できる方が連れてご来場ください。
  • ふん尿の後始末は、飼い主が責任を持って行いましょう。
  • 飼い犬の体調が悪い場合や、アレルギーがある場合は、注射を受けられないことがあります。
  • お車でのご来場は近隣の方のご迷惑になりますので、ご遠慮いただきますようお願いします。
  • 集合注射会場では、開始直後と終了前の時間帯は大変混雑することが予想されますので、予めご了承くださいますようお願いします。

集合注射ポスター

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪市委託動物病院

 委託動物病院については、大阪市健康局ホームページ 委託動物病院一覧 をご覧ください。

料金について

注射料金: 各動物病院へお問い合わせください。
注射済票交付手数料: 550 円
登録及び鑑札交付手数料: 3,000円 (新規の場合のみ必要)

犬の登録と狂犬病予防注射は、法律で定められた飼い主の義務です。

 狂犬病は、一旦発症すると効果的な治療法がなく、ほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。 
 2013年7月には、それまで狂犬病清浄地域であった近隣の台湾で、約50年ぶりに狂犬病が発生しています。そのため、日本においても狂犬病に感染した犬等が海外から入ってくることが危惧されており、いつ国内の犬等に感染事例が発生してもおかしくない状況といえます。狂犬病が日本に侵入した場合であっても、できるだけ多くの犬が予防接種を受けておくことで、流行の蔓延を防ぐことができます。
 あなたの大切な家族である飼い犬に狂犬病予防注射を受けさせることで、狂犬病から飼い犬を守るとともに、周りの人や動物への感染を防止することができます。

犬の飼い主の義務

  • 飼い犬を登録すること
  • 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
  • 犬の鑑札と狂犬病予防注射済票を飼い犬に装着すること

が法律で義務付けられています。これらに違反した場合、20万円以下の罰金の対象になります。

マナーを心得て、ルールを守り、愛情と責任を持って最後まで飼いましょう。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

西区役所 保健福祉課 地域保健グループ
電話: 06-6532-9973 ファックス: 06-6532-6246
住所: 〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所3階)