ページの先頭です
メニューの終端です。

地域でひろがる見守りの輪 気づきから支え合いへ~広報紙「かぜ」1月号~

2020年1月1日

ページ番号:489703

 西区では、誰もが安心して自分らしくいきいきと暮らせるまちづくりを進めています。

 その一つとして、高齢者・障がい者などの孤立を防ぎ、地域とのつながりづくりのために「見守りコーディネーター」を各1名ずつ14地域に配置し、福祉情報の提供や相談支援をしていただくとともに、各地域にお住まいの約170名のボランティア「見守り員」の皆さんのご協力のもと、「要援護者の見守り活動」を行っていただいています。

 こうした地域の皆さんのご尽力によって、お互いに理解し支え合える関係が生まれ、より住みやすいまちが形作られています。西区役所としても、西区社会福祉協議会とともに、各地域の見守りに関わる方々を支援していきます。

「要援護者の見守り活動」って?

 見守りコーディネーターや地域のボランティアの見守り員が、訪問や電話、日ごろからの声かけなどで見守りを行っています。その中で、普段の様子と違うことに気づいた時などは、「見守り相談室」につなぎ、必要に応じて区役所(保健福祉課)や関係機関などと連携しています。


区社会福祉協議会(見守り相談室)・区役所(保健福祉課)
↓支援
見守りコーディネーター(各地域1名)
見守り員(地域のボランティア)(約170名)
・連合振興町会
・地域社会福祉協議会
・民生委員・児童委員
・女性会 など
↓見守り
要援護者
要援護者とは、ご本人が見守りに同意した次の方です。
・要介護3~5の方
・要介護2以下で認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱ以上の方
・重度の障がい者手帳をお持ちの方
・難病の方

上記の活動のほか、地域によってはひとり暮らしの高齢者などの見守りにも取り組んでおられます。

地域の身近な相談役

西船場地域見守りコーディネーター 志水 千佳さん


 今年で見守りコーディネーター4年目です。見守り活動の中で難しいと感じるのは、最近の特殊詐欺への対策などから固定電話に出られない方が増えてきていることや、西区はオートロックのマンションが多いためマンション内に入ることができないことです。見守り員は、訪問の時に見守り員証を持っていますので、確認いただければと思います。
 顔の見えるつながりづくりのため、要援護者をはじめ、高齢者のお宅などに、西船場会館での催しの予定表などをポスティングし、地域での活動を案内しています。参加された方には積極的に日ごろの様子などを伺うようにしています。高齢男性の方にもぜひ参加してほしいと考えています。
 これからも見守りが必要な方が増えると感じます。「困ったときはお互いさま」という助け合いの気持ちを持って次の世代とも協力して活動していきたいと思います。

西船場地域 見守り員の皆さんの写真

西船場地域 見守り員の皆さん

見守り相談室(区役所合同庁舎6階 西区社会福祉協議会 内) 八朝(やとも)さん・吉宗さん

 見守り相談室では、福祉専門職が「要援護者の見守り活動」での地域への支援を行っています。

 また、地域において福祉サービス等につながっておらず、孤立している方、気になる方がおられる場合には、ぜひ見守り相談室にご相談くださるようお願いします。年齢や障がいのあるなしにかかわらず、積極的に訪問し、粘り強く支援につなげていきます。何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。

西区見守り相談室マスコットキャラクターきずなちゃんの画像

まずは、ご相談ください!
西区見守り相談室マスコットキャラクターきずなちゃん

問合せ

西区社会福祉協議会(見守り相談室)

西区役所保健福祉課(地域福祉)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課事業調整グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06-6532-9989

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示