ページの先頭です
メニューの終端です。

心強い地域の味方【広報紙「かぜ」6月号】

2020年6月1日

ページ番号:504466

 民生委員・児童委員の皆さんには、地域の身近な相談相手としてご活躍いただいております。少子化や核家族化の進行、地域のつながりの希薄化など社会環境が変化する中、その果たす役割はますます重要となっています。

 しかし一方で、民生委員・児童委員の活動内容がよくわからない、という声をいただくこともあります。区民の皆さんにその活動内容や主旨を知っていただき、お困りごとなどがある場合は、お気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

日常生活や子育てでお困りのことがあれば、 私たち民生委員・児童委員にお声かけください。

 昨年12月に西区民生委員児童委員協議会の会長に就任された坂本会長に、民生委員の活動内容や課題、展望についてお伺いしました。

西区民生委員児童委員協議会 会長 坂本 啓子さん

  • 平成10年 民生委員児童委員受嘱
  • 平成25年 江戸堀地区委員長就任
  • 平成28年 西区民生委員児童委員協議会 副会長就任
  • 令和元年 会長に就任

地域の一員としてさまざまな相談に応じています

 私たち民生委員・児童委員の主な活動は、ひとり暮らしの高齢者や要支援者への「訪問活動」、必要に応じて行政や専門機関との橋渡しを行う「つなぎ活動」、そして住民同士が交流できる「つながりづくり」です。

 特に若い世代が増加する西区では、「つながりづくり」が重要です。高齢者同士、多世代間での交流のほか、ママ同士が交流できるイベントを開催。地区ごとの子育てサークルに力を入れ、委員の中でも子育て支援に特化した主任児童委員がさまざまな相談に応じています。

子どもからお年寄りまで、地域の皆さんの笑顔のために

 身近な地域の会館を拠点に、地道なお声かけや見守り活動に尽力しています。以前、「ひとり暮らしをされている高齢者の安否が不明」との通報を受け、駆け付けたことがあります。ご在宅の形跡はあるものの応答がなく、緊急事態と判断してレスキューを呼んだところ、室内で倒れているところを発見、緊急入院で一命を取りとめることができました。日ごろの見守り活動の大切さを改めて痛感した出来事です。

 活動においては、心を開いてくださる方ばかりではありません。そんな中でも、私たちがお手伝いしたことを機にお年寄りが笑顔を取り戻され、再び地域のイベントなどに参加されている姿を見られることは、大きな喜びです。また、子育て支援で出会った小さな赤ちゃんが成長し、登下校の見守り活動中や地域のお祭りなどで元気な姿を見せてくれるのも、何よりのやりがい。やがて、そういった子ども達がママになり小さな子どもを連れて、「おばちゃん、元気?」と声をかけてくれることも。「まぁ、いいお母さんになったね!」なんて何気ないやりとりが何よりも嬉しく、民生委員として地域活動をしてきて良かったと思える瞬間です。

 大阪市内でも、西区は特に子育て世代が増加中のエリアで、お祭りやイベントも若いファミリー層で活気づいています。共働き世帯も多いため、例えば私の担当地域の江戸堀会館では、誰もがいつでも自由に読書ができるライブラリーを設置するなど、子ども達の居場所づくりを心がけています。子ども達だけでなくママ達もコーヒーを飲みながら息抜きしたり、高齢者の方は自宅の本を寄付しに来てくださりそのままお話されたりと、あらゆる年齢層の方が気軽に立ち寄れる場所になっています。他の地域でも、例えばこども食堂や独自の子育てサークル、イベントを実施するなど、各団体の方々と協力し、多世代の住民が孤立しない取組みを行っています。

要支援者を取りこぼさないますますのサポートに尽力

 活動においての課題は、まだまだ潜在的にいるはずの要支援者のサポートです。住民の約9割がマンション住まいという西区では、表札がない住戸も多く、個人情報の観点から管理人による住民の情報提供も難しくなっているのが現状。年1回、ひとり暮らしの高齢者のお宅を訪問し、状況把握を行っているものの、新たな支援対象者の把握はなかなか困難です。

 新しく引っ越しされてくる方の中には、地域とのつながりを煩わしく感じて、あえて西区のような都会のマンションを選ばれる方も少なくありません。こういった方々の孤立化を防ぎ、いざお困りの際にすぐにサポートを求めることができるように、区役所や区社会福祉協議会と連携しながら、地道なお声かけで私たちの日ごろの活動内容を知っていただくよう努めています。

身近な相談相手として何でもご相談ください

 民生委員活動は100年以上の歴史を持ち、先輩方の功績を受け継ぎながら地域貢献を続けている取組みです。私たち委員は、あくまで地域住民の一員であり、皆さんと同じ目線を持った「身近な相談相手」として、日々の活動に取り組んでいます。悩みがあるけど、いきなり専門機関には相談しづらい、またはどこに相談すればいいか分からない、そんな時は、まずは私たち民生委員にご相談ください。どんな些細なことでも結構です。地域の頼れる存在として、皆さんが抱える心配ごとの解消や問題解決のための一助となるよう、努めてまいります。

民生委員・児童委員の皆さんの写真

民生委員・児童委員の皆さん

民生委員・児童委員、主任児童委員の制度

 西区では、区民の皆さんが地域で安全に、安心して生活できるよう、約130名の民生委員・児童委員、主任児童委員の皆さんに見守りや相談・支援など幅広い地域福祉活動を行っていただいています。

民生委員・児童委員って?

 地域の皆さんの身近な相談相手として、医療や介護、生活上の心配ごとなど、さまざまな相談に応じ、行政機関をはじめ、必要な支援・サービスへのつなぎ役を担っています。

 民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員です。無報酬のボランティアとして社会福祉の増進のために、常に地域住民の立場から活動を行う地域福祉の重要な担い手です。

 全ての民生委員は児童福祉法によって児童委員も兼ねており、妊娠中の心配ごとや子育ての不安に関するさまざまな相談や支援も行っています。

主任児童委員って?

 民生委員・児童委員の中から厚生労働大臣に指名されて、児童福祉に関する事項を専門に担当しています。学校や幼稚園・保育所など地域の児童福祉に関する機関と連携し、問題の解決に努めています。

どんな人がなっているの?

 地域の実情をよく知り、福祉活動やボランティア活動などに理解と熱意があるなどの要件を満たす方が、それぞれの地域から推薦され委嘱されます。

どんな活動をしているの?

 主な活動をご紹介します。

見守り活動

 ひとり暮らしの高齢者のお宅を中心に訪問などによる見守りを行っています。また毎年9月の高齢者福祉月間には西区全域で地域で把握しているひとり暮らしや寝たきりの高齢者宅への友愛訪問を一斉に行っています。

 また、見守り活動や相談を通じて、専門的な支援やさまざまなサービス利用などの支援が必要な方には、つなぎ役となって、行政などの関係機関と連携し、必要な援助を行っています。


子育て支援サークル・子育てサロン活動

 区内14地域で主任児童委員が中心となり、未就学児と保護者を対象に、遊び・交流・情報交換の場として、子育て支援サークルを開催しています。

 また、毎年、子育てサロン特別企画として、バスによる日帰りでの遠足旅行を開催しています。小さなお子さんと一緒に気軽に出かけられ、ゆったりと過ごせることから、皆さんにご好評いただいています。


交流イベント

 毎年、住民主体で実施する子育て交流会「てをつなごう!」の開催や障がいのある方と地域住民の交流の場「そよかぜまつり」への参画により、子育て世帯や障がいのある方など、住民同士のつながりづくりの場となるよう取り組んでいます。


区内小中学校との交流会

 主任児童委員を中心として、区内小中学校との交流会を毎年開催し、中学校下ごとに先生方とさまざまな課題を話し合います。


啓発活動

 民生委員・児童委員の活動を多くの皆さんに知ってもらうため、区民まつりなどで啓発活動を行っています。


安心してご相談ください

 民生委員・児童委員、主任児童委員は、民生委員法により守秘義務があり、個別の相談内容など、活動を通じて知り得た個人の秘密は守られます。この義務は退任後にも及びます。

 高齢者や障がいをお持ちの方への支援が必要なとき、また、子育てや介護での心配ごとや不安などがあるときは、お住まいの地域の民生委員・児童委員、主任児童委員へお気軽にご相談ください。

 お住まいの地域の民生委員・児童委員の連絡先は、小中学校や地域会館などの前の標示板をご覧いただくか、西区民生委員児童委員協議会事務局(電話06-6532-9034)にお問い合わせください。

民生委員・児童委員 のマーク

「民生委員・児童委員 のマーク」の画像

民生委員・児童委員のバッジなどに用いられているこのマークは、幸せのめばえを示す四つ葉のクローバーをバックに、民生委員の「み」の文字と児童委員を示す双葉を組み合わせ、平和のシンボルの鳩をかたどって、愛情と奉仕を表しています。

問合せ

問合せ 西区保健福祉センター保健福祉課(地域福祉)

電話 06-6532-9857

ファックス 06-6538-7319

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課事業調整グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06-6532-9989

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示