ページの先頭です
メニューの終端です。

【保存版】災害への備えをお願いします【広報紙「かぜ」9月号】

2020年9月1日

ページ番号:512998

 近い将来発生が想定され、甚大な被害が予測される南海トラフ巨大地震への備えは重要です。しかしそればかりでなく、最近では線状降水帯の発生による短時間での大雨や台風などが頻発しています。

 西区内においても、これまで大雨や台風などにより停電や断水など、マンションであっても被害が発生しています。

 このように、大地震のみならず自然災害による被害は身近に起こり得るものと認識していただき、日ごろから災害に対する「心がまえ」と「備え」をしていただくことが重要です。

 新型コロナ禍にある現在において、特に感染拡大の防止にもつながることから、「在宅避難」や「親戚・知人宅への避難」の検討をはじめ、必要な物資の備えなど日ごろからの防災対策について今一度ご検討いただきますよう、よろしくお願いします。

いつ起こるかわからない災害に備えて

西区における過去の被害状況

大阪府北部を震源とする地震(主なもの)

  • 震度 4
  • 軽傷者 3名
  • 建物の一部損壊(屋根や外壁などの損傷)

台風21号(平成30年)(主なもの)

  • 死者 1名
  • 軽傷者 6名
  • 停電(マンションではエレベーターの停止や 停電に伴う断水が発生したところもあります。)
松島公園横の歩道の写真

台風21号(平成30年)による被害状況
松島公園横の歩道

堀江公園の写真

台風21号(平成30年)による被害状況
堀江公園

西区における被害想定(南海トラフ巨大地震)

  • 震度 6弱
  • 津波による浸水 最大3.5メートル
  • 建物被害 全半壊 10,000棟以上

災害時の備えはできていますか?

在宅避難用に非常備蓄品を準備!

 南海トラフ巨大地震などの大規模災害が発生すると、道路の寸断などによりスーパーなどの商品はもちろん、救援物資も届かないことが考えられます。自宅で避難生活を送ることも考え、救援物資が届くまでの3~7日間程度自足するつもりで備えましょう。


別ウィンドウで開く

非常備蓄品

  • 食料
    ・アルファ化米・乾パン・パン缶・缶詰類・チョコレート・塩・スープ・味噌汁・ビスケット・キャンディ・レトルト食品・インスタントラーメン
  • 飲料
    ・飲料水(2リットルペットボトル)・非常用給水袋
  • 衣類
    ・上着・下着・靴下
  • 生活用品
    ・タオル・なべ・アルミホイル・予備電池・毛布・雨具・ガスボンベ・固形燃料・ラップ・やかん・バスタオル・せっけん・スプーン・フォーク・わりばし・携帯電話の充電器・歯ブラシ・新聞紙・安全ピン・卓上コンロ・皿(紙・ステンレスなど)・コップ (紙・ステンレスなど)・ドライシャンプー・使い捨てカイロ
  • その他
    ・ブルーシート・布製ガムテープ

乳幼児のいる家庭

・粉ミルク・スプーン・紙おむつ・ベビーカー・哺乳瓶・洗浄綿・おんぶひも・母子手帳・バスタオル・玩具・離乳食・おやつ・毛布・ガーゼ・着替え など

高齢者のいる家庭

・高齢者手帳・おむつ・着替え・持病薬・予備メガネ・看護用品 など

ポイント 簡易トイレの備蓄


 マンションなどの集合住宅の場合には、配管の点検が終わるまで下水を流せないことがあるため、簡易トイレを備蓄するなどの対策が必要です。

 凝固剤を使った糞便袋や持ち運び袋など、家庭で用意できる簡易トイレを備蓄しておきましょう。

ポイント 無駄なく備えるローリングストック


 非常食となるレトルト食品などを定期的(日常的)に食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に新しい非常食が備蓄されている状態にする方法です。
 食品だけではなく、生活用品(消費期限などがあるもの)にも活用しましょう。

避難用に非常持ち出し品を準備!

 リュックサックなど両手が自由に動かせるものに入れておき、いつでもすぐに持ち出せる場所に置いておきましょう。家族構成を考え必要最小限に絞り込み、一度背負ってみましょう。また、少なくとも年に一度は点検しましょう。

非常持出品リスト(大人2人分の目安)


別ウィンドウで開く
  • 非常持ち出し袋 1個
  • 飲料水500ミリリットル 6本
  • ローソク 2本
  • 携帯ラジオ 1台
  • 軍手・手袋 2組
  • トイレットペーパー 1ロール
  • 油性マジック(太)  1本
  • 生理用品 適当量
  • レジャーシート 1枚
  • 簡易トイレ 2枚~
  • ポリ袋 10枚
  • 缶入り乾パン 2個
  • 懐中電灯 2個
  • ライター 2個
  • 十徳ナイフ 1本
  • ロープ5メートル 1本
  • ウェットティッシュ 2個
  • 筆記用具 1セット
  • ブランケット 2枚
  • タオル 4枚~
  • 布製ガムテープ 1個
  • 現金(公衆電話用の小銭) 約50枚
  • 救急袋 1枚

(救急袋の中に)

  • 毛抜き 1本
  • 消毒液 1本
  • 脱脂綿 適当量
  • ガーゼ(滅菌) 2枚
  • 常備薬・持病薬など 適当量
  • 包帯 2巻
  • 三角巾 2枚
  • マスク 2枚
  • ばんそうこう 10枚~

 新型コロナ禍での感染予防対策として、マスクや消毒液は多めに準備し、健康管理のため体温計も準備しておきましょう。

西区防災マップ

西区防災マップ画像
別ウィンドウで開く

あなたの家の安全対策は大丈夫ですか?

 阪神・淡路大震災の死因の大半は家屋の倒壊や家具の転倒などによる圧迫死でした。

 定期的に家の中や周囲をチェックし、家具などの転倒や落下対策を進めることで、自分や家族の身を守りましょう。

家の防災対策の画像
別ウィンドウで開く
  1. 背の高いタンス、冷蔵庫などは転倒防止器具で固定
  2. 吊り下げ型の照明は揺れ防止器具で固定
  3. 玄関や出入口までの通路に家具など倒れやすいものを置かない
  4. テレビはできるだけ低い位置に置き、粘着マットで固定する
  5. 窓や戸棚のガラスに飛散防止フィルムを貼る
  6. 寝室には大きな家具は置かない
  7. トイレなど柱が多くせまい空間や、大きな家具などを置かない部屋など、いざというときの逃げ場を確保する
  8. 側溝や排水溝は掃除し、水の流れをスムーズにしておく

ポイント マンションにお住まいの方へ

 1階では一部の家具が倒れるだけにとどまっていても、中層階・上層階では揺れ幅が大きくなり、家具の激しい転倒など被害が大きくなることも予想されますので、注意が必要です。

今、災害が起こったら…

 新型コロナウイルス感染症が流行している状況下で、避難所にたくさんの人が避難されることで「3密」による感染リスクが高くなることが考えられます。

 区役所として避難所内での換気・消毒はもとより、熱・咳などの症状のある方とない方のスペースの分離をするなど、衛生環境を確保することは当然ですが、皆さんにも分散避難について検討いただくなどご協力をお願いします。

(注)分散避難とは、避難所に避難者が集中して「密」になる状態を避けるため、避難所以外への「在宅避難」や「親戚・知人宅へ避難」など、さまざまな避難先に分散して避難することをいいます。

避難先の考え方

1 在宅避難

 災害の程度にもよりますが、自宅が鉄筋造など頑丈な建物で、かつハザードマップの浸水想定以上の高さにあり安全な場合は、自宅での避難を最優先に考えましょう。

2 親戚・知人宅へ避難

 浸水の区域外や安全な場所にある親戚宅や知人宅など、普段の生活に近い暮らしができる避難場所がないか検討してみましょう。

3 避難所

 上記場所への避難が難しい場合は、ためらわずに避難所へ避難しましょう。

共助について 日ごろからの地域のコミュニケーションが大切です

 災害が発生した時、まずは自分自身や家族を守ることが第一です。しかし、自分や家族だけでは対応が困難な状況になった時、頼りになるのは隣近所にお住まいの地域の皆さんです。

 日ごろから地域の皆さんとコミュニケーションをとっておくことにより、いざという時にお互いに助けあうことができます。

 各地域では、連合振興町会を中心とした地域の皆さんがボランティアによる自主防災組織を立ち上げ、地域防災訓練の企画・実施など、さまざまな防災の取組みをしていただいています。

 西区役所としても、次のとおりつながりづくりのための支援を実施していますので、ぜひご活用ください。

マンションにおける自主防災組織づくりに向けた支援

 西区役所では、隣近所にお住まいの方どうしで日ごろからつながっていただくことが重要であると考えています。

 とりわけ、区内居住者の約9割がマンションなどの共同住宅に居住されていることから、マンションごとの自主防災組織づくりの支援にも取り組んでいます。次のとおり、段階的に自主防災組織の立ち上げ・防災訓練の実施につながるよう支援しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ステップ1

Q. 防災について一から知りたい

A. 防災出前講座
区役所職員が出向いて、講座を実施します。

ステップ2

Q. 防災の必要性は理解できた。次は何をすればいい?

A. 防災計画の策定・自主防災組織の立ち上げ
災害時における役割分担などを決めていきます。役割分担などが決まれば、自主防災組織の立ち上げとなります。

ステップ3

Q. 防災計画・自主防災組織を立ち上げてからは?

A. 防災訓練の実施
防災計画に記載の役割分担に基づき、訓練を実施しましょう。

問合せ

西区役所地域支援課(防災)

電話06-6532-9972

ファックス06-6538-7318

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課事業調整グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06-6532-9989

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示