ページの先頭です
メニューの終端です。

コミュニティは助け合いの基盤です!【広報紙「かぜ」1月号】

2021年1月1日

ページ番号:522976

 防災や子育てをはじめ、生活のさまざまな場面で住民同士の助け合いは必要です。そうした助け合いの基盤となるのは、日ごろからの近所づきあい、コミュニティの存在です。

 とりわけ、共同住宅であるマンションにおいては、安全・安心な暮らしを確保するため、コミュニティの形成・維持は大切です。

 そこで今回、ご自身もマンションにお住まいの江戸堀連合振興町会の尾松会長と、マンション管理をサポートされている株式会社浪速管理の野﨑社長のお二人に、改めてマンションコミュニティの重要性などについてお話を伺いました。

安全安心、そして資産保全の観点からも、コミュニティは重要です。

江戸堀連合振興町会 会長 尾松 正章(おまつ まさあき)さん

 連合町会長として、マンションはもとより、地域全体のコミュニティづくりに取り組んでおられます。

株式会社浪速管理 代表取締役社長 野﨑 孔作(のざき こうさく)さん

 1,500人を超える社員を率いて、関西を中心にマンション・ビルを管理。西区内では22か所のマンション(約1,650戸)を管理されています。

マンションコミュニティの重要性

野﨑社長 マンションにお住まいの方にとって、マンションの維持管理や大規模修繕は必須ですが、その手法については個々人のさまざまな意見があり、資金計画も含め簡単に合意形成ができるわけではありません。しかし、だからといって必要な管理や修繕を後回しにすると、マンションとしての機能を損ない、資産価値を低減させる結果にもなりかねません。管理会社としてそういった場面に直面してきた経験から、日ごろから会話を交わせるような関係、いわゆるマンションコミュニティの重要性を痛感しています。

尾松会長 連合町会長として、また一人のマンション住民としても地震などの災害に際してより多くの住民を、いち早く救助したいと考えています。しかし、どの住戸にどういった方が住んでいるのか、例えば妊婦さんや一人では移動が難しいご高齢者などを把握できていないと、救助に必要な人員や機材も準備できず、一刻を争う場面で効果的に動けません。有事の際に皆さんの安全安心を確保し、命を救うためにも、日ごろのつきあいやコミュニティづくりは大切です。

野﨑社長 確かに、地震や台風への備えは重要です。マンションが倒壊するといった危険性は低いでしょう。しかし、配管などマンションの設備に故障が発生することは十分想定され、迅速に対応しないとその後住めなくなることもあります。住民の皆さんの間で、いざという時すみやかに話し合い、即座に方向を決定できる人間関係がないと、管理会社としても適切なサポートを実施することができません。そのためにも、コミュニティ形成は必須と感じます。

現在、そして今後の取組み

野﨑社長 西区のマンションでは、単身の転勤族や、お一人住まいのご高齢者が多いように感じます。マンションに住む動機の一つに「煩わしさを避けたい」とおっしゃる方もおられます。一方で、管理組合の経験者により自治会が立ち上がるなど、コミュニティを求める声があるのも事実です。

尾松会長 皆さん基本的にはコミュニティの必要性を認識されているのでは、と思います。しかしさまざまなお考えがあるなか、新たにコミュニティに参加する、あるいは続けていくことに壁を感じる部分もあると思います。経験から、「楽しさ」「子ども」、この二つが参加、継続いただくためのキーワードになると感じています。やはり楽しい場やレクリエーションがあってこそ人々はつどいますし、子どものイベントには親も参加するため、次につながる交流が生まれます。私の住む町会では、観月会やバス旅行など、子ども、住民が楽しめるイベントを企画しています。

野﨑社長 とても重要なご指摘だと思います。さらに「対面」も重要です。コロナ禍もあり、必要に応じてIT化や非接触ツールの導入も増えるでしょうが、やはり顔と顔を合わせてのコミュニケーションに勝るものはないでしょう。

尾松会長 昔は町会費などを一戸一戸徴収することで顔を合わせ、人と人とのきずなも生まれていた気がします。昔のやり方をそのまま採用するのは難しいですが、時代に合わせて取り組んでいきます。

野﨑社長 近年必須となってきた個人情報保護などの視点も踏まえ、時代に合わせた工夫が重要だと感じます。管理会社としては、「法に照らしてできません」ではなく、「できることはないか」というスタンスで、管理組合との信頼関係を構築し、マンションコミュニティの形成をサポートしていきたいと考えています。

尾松会長 マンションコミュニティの形成は、個々人の価値観や個人情報の問題など、課題も多く、特効薬があるわけではありません。今後もみんなが、地域コミュニティへ参画していけるような楽しいイベント企画などを行なっていきたいと考えています。

西区役所では、防災出前講座・にっしー広場・いきいき百歳体操などの事業を通じて、マンションコミュニティづくりを支援しています。

問合せ

  • 西区役所きずなづくり課
  • 電話 06-6532-9944
  • ファックス 06-6538-7318

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課事業調整グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06-6532-9989

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示