ページの先頭です
メニューの終端です。

地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業委託事業者選定会議開催要綱

2019年3月8日

ページ番号:463057

(目的)

第1条 地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業委託事業者選定会議(以下「選定会議」という。)は、地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業を委託するにあたり、地方自治法施行令(昭和22年5月3日政令第16号)第167条の2第1項第2号の規定に該当するものとして、公募型企画競争方式(公募型企画プロポーザル方式)により委託事業者を選定する際に、学識経験者等から意見を聴くために開催するものとする。

 

(選定会議の内容)

第2条 選定会議は、地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業の委託に係る本市の有利性、実効性及び公正性の確保のため、本市に対し次の各号について検討し意見を述べるものとする。

(1) 選定方法、選定基準その他選定に必要な事項

(2) 事業者から提出された企画提案書の内容

(3) その他、選定会議が必要と認める事項

2 選定会議は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、その意見又は説明を聴くことができる。

 

(委員)

第3条 選定会議の委員は、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱する。

(1)社会福祉、まちづくり、ビジネス等の地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業に関連する分野に造詣が深いと認める学識経験者又は当該事業従事者

(2)その他市長が必要と認めた者

2 委員の任期は、委嘱の日から地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業の委託に係る契約の締結日までとする。

3 市長は、委員が心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認めるとき、又は職務上の義務違反その他委員に適しない非行があると認めるときは、これを解嘱することができる。

 

(座長)

第4条 選定会議に座長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 座長は、会議の議事を進行する。

3 座長に事故があるときは、あらかじめ座長の指名する委員がその職務を代理する。

 

(守秘義務)

第5条 委員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

 

(庶務)

第6条 選定会議の庶務は、西成区役所総務課において処理する。

 

(施行細則)

第7条 この要綱に定めるものの他、選定会議の開催に関し必要な事項は、委員の意見を聴いた上で西成区長が定める。

 

附 則

この要綱は、平成31年3月1日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西成区役所総務課(総合企画)
住所: 〒557-8501 大阪市西成区岸里1丁目5番20号(西成区役所7階)
電話: 06-6659-9683 ファックス: 06-6659-2245