ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢者110番ネット事業~災害時一人も見逃さない~

2020年12月2日

ページ番号:170160

高齢者110番ネット事業~災害時一人も見逃さない~

西淀川区では、「気軽にお節介 顔の見える にしよどがわ」を基本理念として、その実現のために次の基本目標を立てています。

  1. 知り合う
  2. ふれあう
  3. 支えあう
  4. 創りあげよう

特に「災害時一人も見逃さない」を目標に、65歳以上の本人同意を得た方々を地域で見守り、日常的に支援する地域のネットワーク体制を作る活動に取り組んでいます。
それが【高齢者110番ネット事業】です。

高齢者110番ネット事業の概要

「災害時一人も見逃さない」を目標に、高齢者の方を地域で見守る事業です。

  • 活動趣旨に同意された65歳以上の方を「すこやかクラブ」会員として登録します。
  • 月に1回ニュースレター「お節介通信」を「すこやかクラブ」会員さん宅へ手渡す訪問活動を行ってもらう方を「高齢者110番の家(高齢者サポーター)」として登録します。
  • 高齢者サポーターは、毎月「すこやかクラブ」会員に声をかけて回り、困りごとがあればお話を聞き、内容によっては地域包括支援センターをはじめとして専門機関に連携するなど、協働・連携して地域の高齢者の方を日頃から見守る活動です。
事業概要図
別ウィンドウで開く

すこやかクラブ

一人暮らしや高齢のご家庭で定期的に見守りが必要な方など、65歳以上の地域にお住まいの高齢者を対象にした、支え合いのための組織です。
月に一度、「高齢者サポーター」がニュースレター「お節介通信」をお届けします。
すこやかクラブ会員登録案内図
別ウィンドウで開く

高齢者110番の家(高齢者サポーター)

「すこやかクラブ」の方をサポート(見守る)する高齢者サポーターのお宅のことです。
日頃からの見守り、緊急時・災害時の協力・連絡などを担う組織です。

高齢者110番の家サポーター登録説明図
別ウィンドウで開く

見守り活動

サポーターさん一人につき、「すこやかクラブ」の方1人~3人位を担当し、月1回ニュースレター「お節介通信」をお届けし世間話をしたり、困った時に相談に乗るなどの見守り活動を行っています。

見守り活動のイメージ図
別ウィンドウで開く

高齢者サポート協議会

町会役員、民生委員、地域ネットワーク委員などで構成され、「すこやかクラブ」「高齢者サポーター」の会員名簿の作成・管理、ニュースレター「お節介通信」の作成・発行など高齢者110番ネット事業を総合的に推進します。
区内の地域包括支援センターや総合相談窓口と連携します。
高齢者サポート協議会説明図
別ウィンドウで開く

問合せ

現在取り組んでいる地域や今後の展開などについては、お気軽にお問い合わせください。

西淀川区地域福祉推進委員会合同事務局

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。