ページの先頭です
メニューの終端です。

こんにちは 塩屋です(平成29年4月~平成30年3月)

2018年12月19日

ページ番号:395883

こんにちは 塩屋です

平成30年3月1日

梅の花や沈丁花がかすかに香ってくると春がまた巡ってきていることを感じます。美しい四季のある日本に生きていることを心から有難く思います。平成29年度末を迎え、この一年、多くの皆様から温かいご支援をいただいてまいりましたことにあらためて厚く御礼申し上げます。この一年も全国各地で大雨や火山噴火等の自然災害が続きました。西淀川区での防災の取り組みは、区民の皆様の熱心な取り組みにより着実に進化してまいりましたが、年末に実施した区民アンケートでは、「津波避難場所を把握していない」と回答された方がまだ27.4パーセントおられました。重要な情報をきちんとお届けするさらなる努力の必要性を強く感じております。

平成30年度もすべての区民の皆様の幸福最大化のために全力を傾注してまいります。地域の皆様とこれまで以上に力を合わせて取り組んでまいりたく思いますので、引き続きのご支援とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

平成30年2月1日

歌島橋地下道を自転車で通行する時、ほぼ100%の人が自転車からきちんと降り、押して通行しておられます。私のよく知っているある町とあまりにも違うマナーの良さに、とても素晴らしいことだといつも誇らしく思っています。マナーやルールがきちんと守られているまちは、雰囲気もよく本当に気持ちのよいまちだと思います。
駅や商店の近くで自転車を止める時にも、所定の駐輪場を利用すれば安全で気持ちがよいだけでなく、貴重な税金を、放置自転車撤去などに使わなくてすみます。
私たち一人ひとりが、あたりまえのことを徹底的に実行して、マナーの良さナンバーワンを誇れるまちをつくってまいりましょう。

 

平成29年12月に西淀川区役所職員が、飲食店内において上司に対し、意図的にビールを真上からかけるという事案が発生し、1月31日に大阪市として懲戒処分を行いました。
今回の事案は、市民・利用者の皆さまの信頼を著しく損なうもので、誠に申し訳なく、深くお詫び申しあげます。
当該職員は、平成29年10月にも懲戒処分を受けていたにもかかわらず、今回の事案を生じさせており、今回の懲戒処分を伝える際には、私からも気持ちを入れ替えて自らを律するよう強く指導したところです。
改めて、一人ひとりの職員が、勤務時間の内外を問わず公務員としての自覚を持って行動し、信用失墜につながる行為を厳に慎むよう、あらゆる機会を通じて周知徹底を図ってまいります。

平成30年1月1日

謹んで新年のお慶びを申し上げますとともに、旧年中に賜りましたご支援、ご協力に心より御礼申し上げます。
本年も、“区民の皆様の幸福の最大化”のために全力で区政運営にあたってまいりますので、引き続きのご支援、ご参画をよろしくお願い申し上げます。

さて、一年の計は元旦にありと申しますが、本年は、将来のまちづくりに向けて知恵を出す年にしたいと考えています。松下幸之助氏は「人間は目先のこと、自分のことばかりにとらわれていたら、必ず行き詰まる」と考え、壮大な250年計画をもって企業経営を行い、様々な社会活動を行いました。私たちも、目先のことばかりに追われるまちづくりではなく、軸足のしっかりした明るい長期ビジョンをもって、力強くまちづくりや区政運営を行ってまいりたいと思います。区政会議でも昨年末から少しづつ議論を始めていただいています。「人を大事にするまち」、「区民主体のまち」、「『住みよいまち』と『ものづくりのまち』の両立」などの視点から、区民の皆様のご意見やお考えをたくさんお聞かせいただきたいと考えています。
結びに、本年が、区民の皆様お一人、お一人にとりまして、幸多き年となりますよう心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

平成29年12月1日

早や、師走となりました。この一年、いつも温かいご支援やご協力、多くのご助言やお知恵をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。
今年を振り返りますと、国際社会では米国のトランプ大統領就任にはじまりフランスや韓国の首脳交代が続き、北朝鮮によるミサイルや核があらためて大きな脅威として認識されました。国内では、日本企業のものづくりの信頼を損なう事態が相次いだことは極めて残念なことでした。一方、将棋の藤井四段の29連勝や、陸上100mの桐生選手が10秒の壁を突破するなど若いアスリートのめざましい活躍に元気をもらいました。
西淀川区では、先月11月5日の全地域一斉防災訓練に約5,000名の区民の皆様が参加され、災害に対して自ら備えご近所で助け合おうという意識の高さをあらためて感じました。

また9月の区民まつりは雨天の中での開催となりましたが、地域活動協議会をはじめ各団体の皆様方の熱心な取組みのおかげで多数の方にご来場いただき、あらためて区民の皆様の熱い心と、地域の力を実感し感激いたしました。
来たる年も、地域の人と人のつながりをベースにして、災害への備えや犯罪や事故のないまちづくりをはじめ、皆様の幸福がより大きくなるよう、人を大事にするまちづくりに取り組んでまいりますので、引き続きのご支援ご協力をお願い申し上げます。

平成29年11月1日

11月は児童虐待防止推進月間です。子どもたちや子育てをしている家庭に関心をもっていただくためにオレンジリボンキャンペーンを実施して、児童虐待をなくし、すべての子どもたちの健やかな成長のために取り組んでいくこととしています。このキャンペーンは、平成16年に栃木県の幼い兄弟が虐待され命を奪われた悲惨な事件の後、全国で始まりました。残念極まりないことですが、その後も同様の事件は続いています。子どもに向けられたものに限らず、虐待・暴力やいじめなどのない社会を実現しなければなりません。見捨てられてよい子ども、置き去りにされてよい人間は一人もいないのです。この思いを信念のみにとどめておくことなく、具体的な事実として具現化していくことが私たちに強く求められていると思います。地域、企業、学校園、関係団体と行政機関とが連携して、周囲の支えや見守りを必要としている子どもたちや家庭にしっかりと手を差し伸べていかなければなりません。西淀川区は、人を大事にするまちづくりに取り組み続けます。

平成29年10月1日

東日本大震災から6年7か月が経過しようとしています。先日、甚大な津波被害を受けた仙台市若林区の当時の区長のお話を伺う機会がありました。区内の荒浜小学校は、海岸からわずか700メートルの場所なのですが、適切な判断で校舎屋上に避難した320名の地域住民・児童・教職員の命が救われた様子を当時の映像を見ながら伺いました。その後、低学年児童から順にヘリコプターで救助されるのですが6年生児童や大人の救助が完了したのは翌朝午前5時過ぎであったそうです。あらためて備えておくべきことや心構えを再認識させていただきました。

自然災害はいつ起こるかわかりませんので、平素の備えを生活の一部にしておかなければならないと思います。ご家庭においても、非常持ち出しの準備防災マップによる避難所や避難経路の確認をしておくこと、地域やご近所と顔の見える関係をつくっておくことがとても大切だと思います。 

今年も、西淀川区内全地域一斉の防災避難訓練、避難所開設運営訓練を11月5日(日曜日)に実施しますのでぜひご参加ください。皆で助け合い、西淀川区の人が一人たりとも自然災害で命を失うことがないよう十分な備えをしてまいりましょう。

平成29年9月1日

伝統ある夏祭りと盆踊りの季節が過ぎると、「西淀川区民まつり」がやってまいります。会場いっぱいの模擬店、誰でも参加できるクイズでの豪華賞品、プレゼントがもらえるコーナーやガレージセール、子どもたちが大好きな遊び場もあります。これまで地域の行事には参加したことがないという方でもきっとお楽しみいただけると思います。ぜひお越しください。

9月1日は「防災の日」です。西淀川区でも「室戸台風」(昭和9年)、「ジェーン台風」(昭和25年)、さらに「第二室戸台風」(昭和36年)による甚大な被害が9月にもたらされた歴史があります。自然災害を逃れることはできませんが、しっかりと備えることによって、被害や損害を最小限にすることができます。皆で助け合い、西淀川区の人が一人たりとも災害で命を失うことがないよう十分な備えをしてまいりましょう。

平成29年8月1日

まさに、「夏祭り」の季節です。古い昔からの伝統に、今を生きる私たちの熱い思いが込められて息づいています。

子どもたちにもその魂が伝わって地域での一体感や絆が育まれ、未来につながっていくのだと思います。もう一つ、子どもたちに伝えたい西淀川のプライドが「ものづくり」です。今年も、若い企業家のみなさんが中心になって「ものづくりまつり」が開催されます。

児童・生徒のみなさんは夏休みをさまざまに過ごしておられると思いますが、今月号の「きらり☆にしよど」でも楽しい企画を紹介していますので参考になさってください。

また、区役所地下1階の図書館にはたくさんの図書が用意されています。私も休日には、ゆったりと読書を楽しみたいと思います。            

平成29年7月1日

どなたも地域で安心して、幸福に生活したいと願っておられることと思います。その実現のために、多くの人たちが、自分たちの地域を自分たちで良くしていこうと考え、様々なことに取り組んでおられます。それが、地域活動協議会です。町会や連合振興町会、公益的な各種団体、ボランティア団体、NPO、商店・企業など、まちづくりに関する様々な団体が集まって活動しています。
区役所も地域活動協議会と連携し、区民主体の地域社会づくりを推進しており、また、まちづくりに関するご意見やご提案もいただいており、よりよい区政運営に活かしております。地域活動協議会の様々な取組みにご賛同いただき、ぜひとも多くの方々にご参画いただきたいと思っています。

 

平成29年4月26日に西淀川区役所職員が盗撮により現行犯逮捕された事案について、6月30日に大阪市として懲戒処分を行いました。
今回の事案は、市民・利用者の皆さまの信頼を著しく損なうもので、誠に申し訳なく、深くお詫び申しあげます。
今回の事案を受け、改めて、一人ひとりの職員が、勤務時間の内外を問わず公務員としての自覚を持って行動し、信用失墜につながる行為を厳に慎むよう、あらゆる機会を通じて周知徹底を図ってまいります。
今後とも、服務規律の確保及びコンプライアンス意識の徹底により一層取り組み、区長としてのリーダーシップの下、職員一丸となって信頼回復に努めてまいります。

平成29年6月1日

病に伏せったときなど、平素はあたりまえのようにしていたことの尊さやありがたさに気づくことがありますが、その最たるものが、“食べる”ことではないかと思います。

もとより、食べることは命を支える基本的な営みではありますが、単にそれだけではなく、家族や気の合った仲間で一緒に食事を楽しむと心までも満ち足りた気持ちになります。6月は「食育月間」ですが、いつも、食べることを楽しみ、人との会話を楽しむことができる毎日でありたいと思います。

さて、話は変わりますが、2025年の万国博覧会を大阪“夢洲”に誘致する活動が本格始動しました。万博の開催は地元地域の誇りとなり、子どもたちに大きな夢をもたらしてくれるだけでなく、非常に大きな経済効果が見込まれます。誘致実現には皆さんの力がぜひとも必要です。一緒に誘致を進めていきましょう。

平成29年5月1日

新緑が心地よい季節、赤ちゃんを抱っこしたり、幼い子と手をつないでお出かけしているご家族と出会いますと、実にお幸せそうで、とても嬉しい気持ちになります。
子どもを育てるという営みは、素晴らしい、未来への希望につながるやりがいのあることだと思いますが、しんどいことも多いと思います。
児童精神科医の佐々木正美氏の調査による少し古いデータですが、乳幼児健診に来所した保護者のうち77%の人が、育児の時に強いいらだちを常時または時々感じているという結果が報告されています(「子どもへのまなざし」〈福音館書店〉)。
子育てをしている親同士での何気ない雑談や不安の共有を、ストレスなくできる場所が、西淀川区にはたくさんあります。それらの子育て支援施設や幼稚園・保育所の相談センターなどをぜひ活用いただきたいと思います。子どもたちにとっても、親との関係性だけでは得られない、子どもたち相互の関わり合いを通じた、「育ち合い」の機会にきっとなるだろうと思います。
当然のことですが、子どもたちも十人十色であり、育っていく行き方は様々だと思います。豊かな人間関係の基礎が最もよく育つといわれている乳幼児期を、親子でのびやかに楽しく過ごしていただきたいと願っています。

 

平成29年4月26日に西淀川区役所職員が盗撮により現行犯逮捕されるという事実が判明しました。法を守るべき立場にある公務員として、あるまじき行為であり、市民・利用者の皆さまの信頼を著しく損なうもので、誠に申し訳なく、深くお詫び申しあげます。
職員には、改めて服務規律の確保及びコンプライアンス意識の徹底を周知したところであり、職員一丸となって市民・利用者の皆さまの信頼回復に向け取り組む決意でございます。
今後、確認された事実に基づいて、速やかに当該職員の処分について厳正に対処してまいります。

平成29年4月1日

春の盛りを満喫できる季節となり、平成29年度がスタートしました。
市会において、本年度の西淀川区運営方針予算が承認されました。区民の皆様のお幸せを最大化していくために、「人が育ち、人を育てる西淀川区」、「安全・安心、快適で、人に温かい西淀川区」、「希望と誇りをもつことができる明るい西淀川区」の実現に取り組んでまいりますのでご支援、ご参画のほどお願い申し上げます。
承認された大事な予算は、計画的に、最大限有効かつ効率的に活かしてまいります。予算の枠は限られておりますが、区民の皆様をはじめ、地域団体、事業主の皆様方や関係機関各位の知恵や力、衆知を集めるなど、“つながり(連携)”の力で成果に結びつけていければと存じます。区役所の部門間連携を強化するための体制変更も実施して、従来以上に総合行政拠点としての機能向上にも努めてまいります。本年度も、引き続きのご支援とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市西淀川区役所 総務課企画

〒555-8501 大阪市西淀川区御幣島1丁目2番10号(西淀川区役所5階)

電話:06-6478-9683

ファックス:06-6472-9999

メール送信フォーム