ページの先頭です
メニューの終端です。

祝 「第68回全大阪よい歯のコンクール」で最優良親子を受賞しました!

2019年8月26日

ページ番号:478514

西淀川区在住の植田さん親子が大阪府代表に選出されました

 西淀川区代表の植田夏美さんと一希君が、「第68回全大阪よい歯のコンクール」で最優良親子を受賞されました。

 「全大阪よい歯のコンクール」とは、歯と口の健康づくりの意識向上を図ることを目的に、3歳児歯科健康診査を受診した子と親を対象に、そろってよい歯を保っている方を表彰するコンクールです。植田さん親子は、平成30年度の西淀川区3歳児歯科健康診査を受診された608人の中から最優良親子となり、本コンクールに臨みました。

 なお、植田さん親子は、令和元年9月3日開催の「令和元年度親と子のよい歯のコンクール」(厚生労働省及び公益財団法人日本歯科医師会主催)に大阪府代表として推薦されます。

植田さん親子にインタビュー

植田さんは、一希君の乳歯が生え始めたころから、歯みがき習慣のため歯ブラシを使用されていたそうです。一希君は、歯みがきを嫌がることがなく、3歳となった今では、おやつや食事の後に「歯みがきをする」と自分から進んで歯みがきをされているそうです。おやつの時間も決め、養育者による歯の仕上げみがきもされているそうです。また、定期的に親子で歯科医を受診され、フッ素を塗りむし歯の予防にも力をいれているとのことでした。

 3歳児は、いつの間にかむし歯にかかっていることがありますが、植田さん親子はむし歯の予防を適切にされていました。
受賞者
別ウィンドウで開く

3歳児のむし歯の発生について

 平成30年度の3歳児歯科健康診査受診者のうち、西淀川区、大阪市ともに15.0%の子どもがむし歯にかかっていました。

むし歯の予防について

(1)  間食(おやつ)の大切なルールづくり

甘いものを、いつもダラダラと食べさせていると、すぐにむし歯になってしまいます。食事やおやつの時間を決めて、その時以外は食物を口にしない習慣をつけましょう。

(2)  仕上げみがきで確実な歯みがきを

3歳ぐらいになると、歯みがきを「子どもにまかせている」という家庭が多く見受けられます。養育者の手による追加みがきをして、歯垢を取り除きましょう。

(3)   フッ化物塗布などで歯質を強化

フッ素は歯にとって強い味方です。歯科医で継続的にフッ化物塗布を受けましょう。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市西淀川区役所 保健福祉課健康推進グループ(健康づくりチーム)

〒555-8501 大阪市西淀川区御幣島1丁目2番10号(西淀川区役所2階)

電話:06-6478-9882

ファックス:06-6477-1649

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示