ページの先頭です
メニューの終端です。

令和元年度西淀川区新たな地域コミュニティ支援事業にかかる期末評価について

2020年7月22日

ページ番号:506538

西淀川区では、新しい地域自治の仕組みである地域活動協議会の形成および運営の支援を行うための中間支援組織として「西淀川区まちづくりセンター」を開設し、地域の皆様の活動の支援を行っています。

 

西淀川区まちづくりセンターとは

新しい地域自治の仕組みである地域活動協議会の形成および運営の支援を行うために組織された機関

(所在地)

大阪市西淀川区御幣島1-2-10 西淀川区役所4階

(連絡先)

電話:06-6195-3415

ファックス:06-6195-2391

メール:nishiyodo-machisen@vesta.ocn.ne.jp

(主な業務)

  1. 若い世代など幅広い市民参画の促進、地域における担い手育成や人材育成への助言・指導
  2. 幅広い世代の住民の地域活動への参加・参画を促すため、事業の効果的な実施を支援
  3. 多様な地域活動との連携・協働に向けたネットワークづくりへの助言・指導
  4. 自主財源の獲得に向けた情報提供や申請等手続きの助言・指導
  5. 地域が地域課題をビジネス手法で解決するための情報提供や、専門相談機関等への連絡・調整
  6. 地域団体間の連携・協働に向けた支援や、開かれた組織運営、会計等の透明性確保に向けた助言・指導
  7. 広報紙、区ホームページにおいて各地域活動協議会の活動紹介の実施
  8. NPO等法人化に向けた情報提供や申請手続きの助言・指導
  9. 区内の地域活動協議会等の情報交換や連携の促進

(委託先業者)
街角企画株式会社・有限会社OM環境計画研究所・公益財団法人公害地域再生センター 地活協事業推進共同企業体

 

この度、令和元年度の期末評価を行いましたので、評価結果を公表します

今年度上半期における「新たな地域コミュニティ支援事業」による地域支援を評価及び検証し、その結果を今後の事業展開に反映させ事業効果を高めるとともに、次年度の地域活動協議会の支援のあり方について検討するため事業者評価を行いました。

評価の結果は、次のとおりです。

区の評価

評価基準

S:各区の当該年度の戦略に基づいた支援内容や目標の水準を大幅に上回っている

A:各区の当該年度の戦略に基づいた支援内容や目標の水準を上回っている

B:各区の当該年度の戦略に基づいた支援内容や目標の水準に概ね達している

C:各区の当該年度の戦略に基づいた支援内容や目標の水準を下回っている

各取組の評価

1.支援の内容及び効果等(1)

評価項目

 自律的運営に向けた地域活動協議会の取組(イメージ)

  1. 「Ⅰ地域課題への取組」にかかる支援の状況(実績)及び効果等
  2. 「Ⅱつながりの拡充」にかかる支援の状況(実績)及び効果等
  3. 「Ⅲ組織運営」にかかる支援の状況(実績)及び効果等
  4. 「Ⅳ区独自取組」にかかる支援の状況(実績)及び効果等

【区の評価】→評価A

【評価の理由】

  • 担い手不足にかかる相談を地域から受け迅速に対応し、食事サービスやふれあい喫茶などのボランティア募集チラシの作成支援など通じて、実際に新たな担い手の確保となった点は大いに評価できる
  • 区内の団体、地活協や社協等と連携し、イベントの運営支援や周知を行った点は評価できる。課題の再認識や解決方法を見いだせる可能性をイベント参加者が感じ、具体化に向けた事業の企画が進んだ点は大いに評価できる。また、そういった支援を通じて、地域、各種団体から信頼を得ている点も評価できる
  • 事務処理の流れとポイント集、様式などを配布し、平成31年度の実績報告書の提出がスムーズに行われ、令和2年度補助金申請書類の作成時に熟議が行われた上で、提出がスムーズに行われるように助言し、実績報告書類および地活協補助金申請書類の提出が例年より早まった点は評価できる
  • 区広報紙11月号に、地活協の活動概要や取組みへの参加の呼びかけについて掲載。12月号では、「防災」、「子ども青少年」、「福祉」での特徴的な活動を紹介を行った。区広報には、反響もあり、周知効果が得られた。また、取材時にはより、活動をPRしようとの意欲が高まり、掲載後には、他地区から掲載希望が生じ、活動のやりがいにつながった。

 

2.支援の内容及び効果等(2)

評価項目

  1. 自由提案による地域支援の支援状況(実績)及び効果等

  2. スーパーバイザー、アドバイザー及び地域まちづくり支援員の体制にかかる支援状況(実績)及び効果等

  3. フォロー(バックアップ)体制等にかかる支援状況(実績)及び効果等

  4. 区のマネジメントに対応した取組にかかる支援状況(実績)及び効果等

【区の評価】→A

【評価の理由】

  • 地域の課題となっている事案に対し、プロジェクトの立ち上げを支援し、ボランティア募集のパンフレット作成の支援を行った。地域の抱える課題について、単純に課題の解決支援を行うのではなく、プロジェクトの立ち上げ支援を行うことで、地域が自主的に課題解決に取り組む方向づけができた点は支援できる
  • 専門的な知識を持つアドバイザーと、地域課題対応の経験が豊富な支援員を配置し、区との認識・情報の共有を適正に行い、地域へは新たな知識や経験をもとにバランス良く支援を行っており、地域との信頼関係をうまく構築している点は評価できる
  • 各地域対してそれぞれアドバイザーと支援員を割り当てているが、適切に情報共有がなされており、緊急時や日程の都合が合わない時には、別の担当者が対応できる体制が組まれていると思われる
  • 支援方針会議・月報において、地域ごとに詳細な情報の共有が行えていると考える。また、区役所内外の支援組織と連携強化が図られたことで相談対応が高度化した点は評価できる
3.区の方針・戦略を踏まえた今年度の重点支援策(取組)の状況及び効果等

評価項目

区の方針・戦略を踏まえた今年度の重点支援策(取組)にかかる支援の状況及び効果等

【区の評価】→A

【評価の理由】

  • 「区民の幸福」の最大化に向けた、多様な活動主体との連携と区民主体の地域社会づくりに向けて、昨年度発行された地域のパンフレットが、単発で終わらず、継続的に発行されている。また、複数の地域において作成に向けた検討が行われており、広報担当者のモチベーションが上がっていることが感じられる点は、評価できる。住民への周知効果、役員のモチベーションの向上の両方に良い効果があったと考える
  • 人と人の絆を大事にするまちづくりに向け、様々な団体と交流を持つことで、課題の再認識や解決方法を見いだせる可能性を各地活協や区内の活動団体が感じ、具体化に向けた事業の企画が進んだ点は大いに評価できる
  • 地域活動協議会を核としたまちづくり支援のため、実績報告書類の作成や運営委員会の企画、運営支援を通じて、各地域の活動の継承の支援を行ったため、複数の地域で事務処理作業の分散化、早期化が進み、事務処理の効率化と特定の担当者の負担軽減が進んだ
取組効果の評価(アウトカムに対する評価)

評価項目

  1. アンケート調査
  2. 「Ⅰ地域課題への取組」にかかる支援の状況(実績)及び効果等
  3. 「Ⅱつながりの拡充」にかかる支援の状況(実績)及び効果等
  4. 「Ⅲ組織運営」にかかる支援の状況(実績)及び効果等
  5. 「Ⅳ区独自取組」にかかる支援の状況(実績)及び効果等

【区の評価】→B

【評価の理由】

  • 構成団体へのアンケート結果については、前年度の数値を大きく上回った結果となっており、まちづくりセンターの支援の効果が表れていると思われる。しかしながら、目標値に達していない項目もあり、未だ支援内容の周知が不足していると分析できる
  • 形成済の全地域活動協議会について、ステージ1の項目を全て達成の他、ステージ2・3の各項目のうち、12項目を達成。しかし、法人格の取得、CB/SBの課題等の取組みが進んでいない項目も多くある
  • 全地域一律の支援ではなく、地域の状況ニーズに応じた支援を行なっている
4.総合評価【全体】

【区の評価】→A

【評価の理由】

  • 事業チラシや地活協パンフレットの作成による転入層への広報活動や地域の課題となっている事案に対し、適切に対応や支援を行っていた。また、事業の担い手増やあつれき解消、新たなパートナーとの連携などにも積極的に関わって取り組んでいた
  • 担い手の育成、確保に向けては、事業実施・実績報告などの負担の分散化、より開かれた、より活発な組織運営に向けては、会議の運営方法の改善についてそれぞれ取組み、負担の分散化やより気軽に意見が得られる気運形成などが図られた
  • 多くの地域課題について、地域とコミュニケーションを図りながら、積極的に支援を行っており、当区の目標の水準を上回っていると判断できる

 

西淀川区の中間評価・審査結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

評価会議

この評価にあたりましては、外部の有識者からもご意見を聴取するため、「評価委員」を選任し、令和2年3月6日に「評価会議」を行っております。

評価会議における評価委員のご意見及び資料は次のとおりです。

1.評価委員のご意見

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

評価委員名簿

中川 幾朗 委員

(帝塚山大学 名誉教授)

相川 康子 委員

 (特定非営利活動法人 NPO政策研究所 専務理事)

長元 耕司 委員

 (経営コンサルティング事務所 ビジネスサポートオフィスつくる 代表)

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西淀川区役所 地域支援課地域支援グループ

〒555-8501 大阪市西淀川区御幣島1丁目2番10号(西淀川区役所4階)

電話:06-6478-9734

ファックス:06-6478-5979

メール送信フォーム