ページの先頭です

代行臨港道路(大阪港咲洲トンネル)の指定管理予定者の選定結果について

2019年11月5日

ページ番号:484097

 大阪市では、代行臨港道路(大阪港咲洲トンネル)の指定管理予定者の選定にあたり、外部の有識者からなる代行臨港道路(大阪港咲洲トンネル)指定管理予定者選定委員会(以下、「選定委員会」という。)を開催し、審査を行った結果を踏まえ、このたび、次のとおり指定管理予定者を選定しましたので、お知らせします。

 なお、指定管理予定者は市会の議決を経て、指定管理者に指定されることになります。

1 指定管理予定者

  • 名称   阪神高速グループ連合体
  • 代表者 阪神高速道路株式会社
          大阪市北区中之島三丁目2番4号
          代表取締役社長  幸 和範
  • 構成員 阪神高速技術株式会社
  • 構成員 阪神高速パトロール株式会社

2 指定管理期間

令和2年4月1日~令和7年3月31日(5年間)

3 選定委員会による算定審査等

(1)募集・申請の経過

募集要項の配布期間  令和元年7月12日~令和元年9月11日

申請書の受付期間   令和元年9月5日~令和元年9月11日 

(2)審査経過

第1回選定委員会 令和元年7月8日

第2回選定委員会 令和元年10月21日

議事要旨

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

(3)申請団体

1団体

阪神高速グループ連合体

(4)選定項目・審査結果(配点含む)

選定項目・選定結果(点)
団体名選定項目配点選定委員
A
選定委員
B
選定委員
C
平均
阪神高速グループ
連合体
施設の設置目的の達成
及びサービスの向上
3026302527
市費の縮減5048464445
申請団体10101089
社会的責任・市の施策との整合1081078
合計10092968489

(5)選定理由

 代行臨港道路(大阪港咲洲トンネル)の指定管理予定者の選定に当たっては、1団体から申請があり、大阪市港湾施設条例第24条に規定の基準に照らし、選定委員会において審査を行いました。

 申請団体から提出された事業計画書等について、総合的に審査を行った結果、阪神高速グループ連合体が指定管理予定者として適当であると判断しました。

意見等

  • 概ね良い提案である。災害時については、指定管理者だけで対応することはできないため、避難体制の構築など、港湾局とともに検討が必要。
  • 労務費の高騰や施設の老朽化により維持管理費が上昇傾向となるが、現状の水準を維持した管理代行料を提案してきたことは評価できる。

4 選定委員名・役職(50音順)

青木 真美(同志社大学商学部教授)

岩本 大(公認会計士)

橋本 正(株式会社地域地盤環境研究所代表取締役会長)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 港湾局計画整備部施設管理課施設管理グループ

住所:〒552-0022 大阪市港区海岸通3丁目4番28号(2階)

電話:06-6572-2674

ファックス:06-6571-2398

メール送信フォーム