ページの先頭です

大阪港におけるクルーズ客船受入再開に向けた大阪港関係者合同訓練を実施します

2020年11月20日

ページ番号:519306

 大阪港湾局では、安全安心なクルーズ客船受入のため、日本クルーズ客船株式会社の協力のもと、関係者合同訓練を実施します。

 

(参考)大阪港へのクルーズ客船の受入が再開します!~安全・安心のみなとをめざして~

 

実施概要

日時

令和2年11月25日(水) 14:00~16:00(予定)

場所

天保山岸壁(大阪市港区築港3丁目地先および海岸通1丁目地先)

訓練概要

 船内で乗客に新型コロナウイルス感染者が発生したと想定し、次の訓練を行う。

 ・緊急連絡体制の確認および情報伝達シミュレーション

 ・患者、濃厚接触者の搬送シミュレーションおよび一般乗客の下船動線等の確認

お問い合わせについて

 客船寄港中は、SOLAS条約等に基づき、天保山岸壁内への関係者以外の立ち入りが禁止されます。お問い合わせは次の担当までご連絡ください。

(担当)大阪港湾局計画整備部振興課

(電話)06-6615-7766

(参考)当該訓練に使用する客船の概要

ぱしふぃっくびいなす


総トン数:26,594トン
乗客定員:460人
全長:183.40メートル

(注)当該船での感染症対策は、日本クルーズ客船のホームページ別ウィンドウで開くを参照ください。

探している情報が見つからない