ページの先頭です

HTML版「おおさか掲示板」平成29年10月号

2019年3月31日

ページ番号:404097

1面

おおさか掲示板

2025万博  大阪・関西へ

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20 ※(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

こども医療費助成の対象者を拡大します

大阪市では、すべての子どもたちが安心して必要な医療を受けることができるよう、こども医療費助成の対象者を、平成29年11月診療分から18歳までに拡大します。(現行は15歳(中学校修了)まで。)

 助成を受けるには申請が必要です。新たに対象となることが見込まれる方に、交付申請書をお送りしています。

 また、7月11日以降に大阪市に転入された方には、10月中旬に交付申請書を送付予定です。

 お早めにお手続きください。

平成29年11月からの制度概要

対象者

大阪市内にお住まいの、国民健康保険や被用者保険に加入している、0歳から18歳(18歳に達した日以後における最初の3月31日)までの子ども

所得制限額

扶養人数 0人 所得制限額 622万円未満

扶養人数 1人 所得制限額 660万円未満

扶養人数 2人 所得制限額 698万円未満

扶養人数 3人 所得制限額 736万円未満

扶養人数 4人以上 所得制限額 扶養人数3人の場合の所得制限額に、1人につき38万円ずつ加算した額

※0歳から12歳(小学校修了)までについては、所得制限なし

※生活保護を受けている方や、国などの公費負担によって医 療費の全額支給を受けることができる方などは、助成対象 になりません。

問い合わせ こども青少年局こども家庭課 (電話)6208-7971 (ファックス)6202-4156

もっと 魅力あるまちをめざして

大阪市では、地域の歴史や文化、人々のつながりなど、これまで大阪が

育んできた有形無形の資産や個性を活かし、都市の魅力を一層高めるまちづくりに取り組んでいます。

 

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2017(イケフェス大阪2017)

 “生きた建築”とは、歴史と文化、そして市民の暮らしを支えつつ、時代に合わせ様々な形で変化・発展しながら、いきいきとその魅力を物語る建築物等のこと。イケフェス大阪は、それらの一斉特別公開イベント。充実のプログラムに加え、今年は、“生きた建築”が生まれる現場も特別公開!

日程 10月28日(土曜日)、29日(日曜日)

開催日前後の期間にも多数のプログラムを実施

会場 大阪市内各所(御堂筋およびその周辺ほか)

主催 生きた建築ミュージアム大阪実行委員会

詳細は実行委員会ホームページをご覧ください。別ウィンドウで開く

 イケフェス大阪 検索

ツイッターでも最新情報発信中! @ikitakenchiku

問い合わせ 大阪市総合コールセンター  (電話)4301-7285 (ファックス)6373-3302

 

観光魅力向上のための歴史・文化的まちなみ創出事業(かんまち事業)

 新たなまちなみの個性を引き出すため、歴史的・文化的資産等が集積する船場地区で官民が連携して、無電柱化や周辺景観と調和した道路の整備、案内板の設置等を行い、賑(にぎ)わい創出や、集客を図っています。

 無電柱化は、災害時の電柱等の倒壊防止、歩行者等の通行空間の確保及び良好な景観形成等の効果が期待できます。

問い合わせ 経済戦略局観光課 (電話)6469-5163 (ファックス)6469-3896

建設局道路課 (電話)6615-6787 (ファックス)6615-6582

2025年万博を大阪・関西へ

賛同署名にご協力を!

新たに、幅広く市民の皆さんから、万博誘致への賛同署名を募っています。

区役所等に設置の用紙へのご署名による応援をよろしくお願いします。(受付:平日9時~17時30分)

引き続き2025日本万国博覧会誘致委員会会員も募集中

登録はホームページから EXPO2025 検索

モザンビーク・南アフリカでのPR活動

 万博開催国決定の大きなカギを握るアフリカで誘致活動を行うため、8月下旬に吉村市長(誘致委員会副会長)はアフリカ開発会議閣僚会合の機会を活用し、大阪万博でめざす未来社会がグローバルな課題解決につながることなど、大阪開催の魅力を強くアピールしました。

問い合わせ 経済戦略局万博誘致推進室  (電話)6615-3036 (ファックス)6615-7433

10月はごみ減量強化月間です

簡単にできる「食べきり」などで“もったいない”をなくしませんか?

 大阪市のごみ処理量(一般廃棄物)は、着実に減少しています。

 しかし、家庭から出る普通ごみ33万トンのうち、約4万トンはまだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」です。これは1日あたり、ごみ収集車約80台分もの量になります。

 “もったいない”と思いませんか?

 大阪市では、『生ごみ3きり運動』(食材の「使いきり」、料理の「食べきり」、捨てる際の「水きり」)や、会食等の始めと終りで残さず食べる

『30・10(さんまるいちまる)運動』を推奨しています。

大阪市 食品ロス 検索

 

ごみ減量フェスティバル「ガレージセール・イン・OSAKA TOWN」

関西最大級の出店数(約480店)となるガレージセールを開催。

みんなで物を大切にしましょう。

日時 10月14日(土曜日)10時30分~14時30分(雨天中止)

場所 大阪城公園 太陽の広場

問い合わせ 環境局家庭ごみ減量課  (電話)6630-3259 (ファックス)6630-3581

10月は里親月間です

大阪市では約1200人もの子どもたちが親元を離れ、施設や里親等の家庭で生活をしています。

 里親制度には「養育里親」や「養子縁組里親」があることはご存知ですか?

 将来にわたって生みの親と暮らせない子どもと「養子縁組」をして、法律上も親子になった方のお話を聞いてみませんか?

 

セミナー「家族・親子・絆~養子縁組里親の場合~」

日時 1回目/10月12日(木曜日) 養子縁組里親の方のお話

2回目/10月19日(木曜日) 養子縁組をした子どもの立場から

3回目/10月26日(木曜日) 里親制度を学ぶ

いずれも 14時~16時

会場 難波市民学習センター

対象 市内在住の方

定員 各回先着30人

費用 無料

申し込み ホームページまたは電話(難波市民学習センター (電話)6643-7010)

大阪市 里親 検索

 

問い合わせ こども相談センター  (電話)4301-3156 (ファックス)6944-2060

2面、3面

おおさか掲示板

子どもの教育・医療 無償化へ

2025万博  大阪・関西へ

 

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

面積…225.21㎢ 人口…2,711,702人 世帯数…1,391,348世帯  平成29年8月1日現在(推計)

 

記号の見方

(日)日時・期間 (場)会場 (¥)費用 (締)締め切り (申)申し込み

(問)問い合わせ (HP)大阪市ホームページ (メール)Eメール

(大阪市マーク)〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20 大阪市役所内

(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

●講座・催し等で特に記載のないものは、「無料、申し込み多数の場合は抽選、締め切りは当日必着」です。抽選の結果は当選者のみ通知します。

●往復ハガキで申し込む際は、返信用あて先の住所・氏名をお忘れなく。

●費用について、複数区分ある場合は、「○○円ほか」としています。

掲載している記事の情報は、(大阪市ホームページ)のおおさか掲示板掲載ホームページ一覧でご覧いただけます。

おおさか掲示板 検索

タイムリーな情報も続々配信中!

お知らせ

総合区の素案に関する広報紙(第2号)をお届けします

新たな大都市制度の一つである総合区制度の広報紙を、10月下旬に新聞折り込み(朝日、産経、日本経済、毎日、読売、大阪日日)でお届けするとともに、区役所や大阪市サービスカウンター(梅田・難波・天王寺)、図書館等でも配布します。なお、市内在住で点字版や個別配布をご希望の方は、電話かファックスでお申し込みください。[問い合わせ]副首都推進局戦略調整担当(電話)6208-8876(ファックス)6202-9355

 

高齢者のインフルエンザの予防接種

65歳以上の方、または身体障がい者手帳1級相当(心臓・じん臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいのある方)で60歳以上65歳未満の方は、1500円で予防接種が受けられます(生活保護受給者・市民税非課税世帯の方は無料)。[日時・期間]来年1月31日まで[場所]委託医療機関など[問い合わせ]大阪市保健所感染症対策課(電話)6647-0656(ファックス)6647-1029

 

10月は市民健康月間です

日頃から健康的な生活を心がけましょう。偏った食生活や運動不足、睡眠不足などは健康を損なう要因となります。定期的に健診を受けて、生活習慣病の発症・重症化を予防しましょう。また、各区保健福祉センターや取扱医療機関ではがん検診も実施しています。詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。[問い合わせ]がん検診専用電話(電話)6208-8250(ファックス)6202-6967

 

セレッソ大阪と「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」を行います

11月の児童虐待防止推進月間に先立ち、啓発キャンペーンとして、10月29日(日曜日)のキンチョウスタジアムでの試合開始前に、オレンジリボンのデザインが入ったグッズを入場者に配布します。[問い合わせ]こども青少年局こども家庭課(電話)6208-8356(ファックス)6202-6963

 

「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)セミナー」

国でのIR制度設計に携わった美原融(みはら とおる)氏(大阪商業大学教授)による講演および市の施策説明。定員130人(先着順)。(別途11月13日・11月17日に市外での開催あり。なお、講師やテーマは異なります。)[日時・期間]11月24日(金曜日)18時30分~20時30分[場所]大阪府立大学 I – site(アイサイト)なんば[締め切り]11月15日[申し込み][問い合わせ]ホームページまたはファックスで、住所(事業者の方で参加される場合は会社名と会社所在地)・氏名・電話番号・参加希望日・参加人数を書いて、IR推進局推進課へ。(電話)6210-9236(ファックス)6210-9238

 

水道記念館学習施設がリニューアルオープン

10月1日から新たに水道の歴史が学べる展示を整備し拡張。春休みや夏休みの一般開放に加え、土・日・祝にも一般開放。[問い合わせ]水道局総務課(電話)6616-5404(ファックス)6616-5409

 

民事介入暴力の無料特別相談

警察官・弁護士・暴力追放推進センター職員が、面談・電話で暴力団に関する相談に応じます。(相談電話)6910-8930[日時・期間]10月11日(水曜日)10時~16時[場所]ホテルプリムローズ大阪[問い合わせ]市民局市民活動支援担当(電話)6208-7317(ファックス)6202-7073

 

民間移管・民間委託予定の保育所について

大阪市では、公立保育所の民営化を進めており、平成32年度に、西保育所(西区)を民間法人へ移管、南江口(東淀川区)・加美第1(平野区)・北津守(西成区)の各保育所は民間法人へ委託する予定で、来年度、移管・委託先法人の公募を行います。また、現在、民間法人へ運営を委託している鶴町(大正区)・野里(西淀川区)の各保育所については、今年度から民間移管に向けた手続きを開始します。保護者説明会を行うなど理解を得ながら進めるとともに、民営化に伴う影響が最小限となるよう取り組みます。[問い合わせ]こども青少年局保育所運営課(電話)6208-7574(ファックス)6202-9050

 

大規模小売店舗立地法に基づく届出書の縦覧等

【変更】(1)ノースゲートビルディング(北区)(2)サウスゲートビルディング(北区)[日時・期間]縦覧と意見書の受け付け:12月14日まで[場所][問い合わせ]経済戦略局産業振興課(電話)6615-3784(ファックス)6614-0190

 

市職員の給与等の状況

一般職の職員の給与は、給料と扶養手当、通勤手当などの諸手当で構成されており、大阪市内の民間事業所の給与との比較を基に行う人事委員会の給与報告・勧告に基づき条例で定められています。また、市長や市会議員などの特別職の給料・報酬については、学識経験者などによって構成される特別職報酬等審議会の答申に基づき条例で定められています。詳しくは大阪市ホームページでご覧いただけます。

■本市が直面している厳しい財政状況に対応するため、次のとおり減額措置を行っています。(平成29年4月1日現在)

○一般職の給料等の減額措置(公営企業会計(交通局・水道局)を除く)

ア 給料の減額

区分 減額率

公募区長 6.5%

8級(局長級)~4級(係長級) 6.5%~3.5%

3級~1級(係員) 4.5%~1.5%

再任用職員 2.5%

※ 行政職以外の給料表適用者についても同様の減額措置

※ 医師・歯科医師又は弘済院に勤務する助産師、看護師、准看護師の職員は除く

 

イ 管理職手当の減額:5%

○市長等特別職の給料等の減額措置

市長 減額率 給料40% 退職手当 ─

給料月額 減額後1,001,000円 減額前1,669,000円

副市長 減額率 給料14% 退職手当50%

    給料月額 減額後943,000円 減額前1,096,000円

教育長 減額率 給料10% 退職手当50%

    給料月額 減額後816,000円 減額前907,000円

常勤監査(代表) 減額率 給料10% 退職手当50%

    給料月額 減額後751,000円 減額前834,000円

特別職の秘書 減額率 給料11.5% 退職手当5%

    給料月額 減額後348,000円 減額前393,000円 

※市長については平成27年12月19日以降退職手当を廃止

 

【市会議員】

議長 減額率 12%

報酬月額 減額後950,000円 減額前1,080,000円

副議長 減額率 12%

報酬月額 減額後844,000円 減額前960,000円

議員 減額率 12%

報酬月額 減額後774,000円 減額前880,000円

■職員の給与等の概要は、次のとおりです。((7)以外は公営企業会計(交通局・水道局)を除く)

(1)人件費の状況(平成28年度決算見込)

住民基本台帳人口(平成29年1月1日現在) 2,691,425人

会計

全会計 歳出総額(A)3,226,920,279,000円

人件費(B)203,227,986,000円〈1,749,783,000円〉(2,522,393,000円)

人件費率(B/A)6.3%

 うち一般会計 歳出総額(A)1,581,888,775,000円

人件費(B)191,548,801,000円〈1,597,604,000円〉(2,317,005,000円)

人件費率(B/A)12.1%

(注1)人件費には、特別職(市長・市会議員など)の給料・報酬などを含む

(注2)山括弧内は再任用フルタイム勤務職員にかかる人件費、括弧内は再任用短時間勤務職員にかかる人件費で、それぞれ内数

 

(2)給与費の状況(平成28年度決算見込)

区分

一般職

会計

 全会計

  職員数(A) 22,878人

  給与費

   給料 81,027,405,000円

   職員手当 30,436,092,000円

   期末・勤勉手当 37,637,052,000円

   計(B) 149,100,549,000円

  一人あたり給与費(B/A) 6,517,000円

 うち一般会計

  職員数(A) 21,572人

  給与費

   給料 76,390,748,000円

   職員手当 28,543,973,000円

   期末・勤勉手当 35,609,297,000円

   計(B) 140,625,018,000円

  一人あたり給与費(B/A) 6,519,000円

 

区分

再任用(フル)

会計

全会計

  職員数(A) 315人

  給与費

   給料 970,571,000円

   職員手当 236,731,000円

   期末・勤勉手当 221,027,000円

   計(B) 1,428,329,000円

  一人あたり給与費(B/A) 4,534,000円

 うち一般会計

  職員数(A) 285人

  給与費

   給料 885,500,000円

   職員手当 216,854,000円

   期末・勤勉手当 202,031,000円

   計(B) 1,304,385,000円

  一人あたり給与費(B/A) 4,577,000円

区分

再任用(短)

会計

全会計

  職員数(A) 667人

  給与費

   給料 1,497,274,000円

   職員手当 360,516,000円

   期末・勤勉手当 330,271,000円

   計(B) 2,188,061,000円

  一人あたり給与費(B/A) 3,280,000円

 うち一般会計

  職員数(A) 610人

  給与費

   給料 1,372,788,000円

   職員手当 330,533,000円

   期末・勤勉手当 303,112,000円

   計(B) 2,006,433,000円

  一人あたり給与費(B/A) 3,289,000円

(注1)職員手当には、退職手当を含まない。期末・勤勉手当には、賞与引当金を含まない

(注2)職員数は公益法人・営利法人派遣職員を除く。また再任用(フル)は再任用フルタイム勤務職員、再任用(短)は再任用短時間勤務職員で、それぞれ外数

 

(3)平均給料月額・年齢の状況(平成29年4月1日現在の一般行政職)

区分

大阪市 平均給料月額305,100円

 平均年齢43.1歳

国 平均給料月額330,531円

平均年齢43.6歳

 

(4)学歴別・経験年数別の給料月額の状況(平成29年4月1日現在の一般行政職)

学歴/経験年数

大学卒

10年 237,300円

15年 285,300円

20年 342,600円

 

高校卒

10年 207,600円

15年 257,500円

20年 292,000円

 

 

(5)級別の職員数の状況(平成29年4月1日現在の一般行政職)

区分

1級

 標準的な職務内容   係員

 職員数(人)       478

 構成比(%)       4.8

 

2級

 標準的な職務内容   高度業務の係員

 職員数(人)       2,432

 構成比(%)       24.2

 

3級

 標準的な職務内容   係員(主務)

 職員数(人)       2,509

 構成比(%)       25.0

 

4級

 標準的な職務内容   係長

 職員数(人)       2,907

 構成比(%)       29.0

 

5級

 標準的な職務内容   課長代理

 職員数(人)       790

 構成比(%)       7.9

 

6級

 標準的な職務内容   課長

 職員数(人)       675

 構成比(%)       6.7

 

7級

 標準的な職務内容   部長

 職員数(人)       170

 構成比(%)       1.7

 

8級

 標準的な職務内容   局長

 職員数(人)       59

 構成比(%)       0.6

 

 標準的な職務内容   公募区長

 職員数(人)       14

 構成比(%)       0.1

 

 職員数(人)       10,034

 構成比(%)       100.0

 

(6)主な学歴別の初任給(給料月額)の状況(平成29年4月1日現在の一般行政職)

区分 括弧内は、減額措置前

大阪市

大学卒 164,101円(166,600円)

大学卒(暫定措置後)172,671円(175,300円)

高校卒 141,545円(143,700円)

大学卒 182,700円【総合職】 178,200円【一般職】

高校卒 146,100円

(注)一般行政職の大学卒事務・技術・福祉職員及び社会人経験採用の福祉職員については、「大学卒(暫定措置後)」欄の初任給

 

(7)職員数の状況(各年4月1日現在)

部門

市長部局

 平成28年 16,410人

 平成29年 15,523人

 対前年増減数 ▲887人

市会・行政委員会等

 平成28年 3,960人

 平成29年 15,021人

 対前年増減数 11,061人

消防局

 平成28年 3,487人

 平成29年 3,476人

 対前年増減数 ▲11人

交通局

 平成28年 5,825人

 平成29年 5,750人

 対前年増減数 ▲75人

水道局

 平成28年 1,490人

 平成29年 1,449人

 対前年増減数 ▲41人

合計

 平成28年 31,172人

 平成29年 41,219人

 対前年増減数 10,047人

(注)市会・行政委員会等は、平成29年4月1日付けの府費負担教職員の権限移譲に伴い、職員数が増加

 

(8)主な諸手当の状況(平成29年4月1日現在)

区分 扶養手当

内容

扶養親族のある職員に対して支給

●配偶者13,500円

●その他扶養親族 各6,800円

●満16歳の年度初めから満22歳の年度末までの子等への加算 6,000円

 

区分 住居手当

内容

住居費を負担している職員に対して支給

●賃貸住宅で10,000円を超える家賃を支払っている職員 最高支給限度額 28,000円(市内居住者30,500円)

 

区分 地域手当

内容

給料、扶養手当、管理職手当の合計額の16%

東京都の特別区に在勤する職員は20%

 

区分 通勤手当

内容

交通機関等利用者に対して

●6ヵ月定期券等の価額による一括支給

●1ヵ月あたり55,000円までは全額

 

区分 特殊勤務手当

内容

著しく危険、不快な業務等に従事した職員に対して支給

(例)高所作業手当・汚水内作業手当・荒天時船舶作業手当

 

(9)退職手当の状況(平成29年4月1日現在)

区分 支給率[月分]

勤続20年

 大阪市 自己都合 20.445 定年・勧奨 25.55625

 国 自己都合 20.445 定年・応募認定 25.55625

勤続25年

大阪市 自己都合 29.145 定年・勧奨 34.5825

国 自己都合 29.145 定年・応募認定 34.5825

勤続35年

 大阪市 自己都合 41.325 定年・勧奨 49.59

 国 自己都合 41.325 定年・応募認定 49.59

最高限度額

 大阪市 自己都合 46.545 定年・勧奨 49.59

 国 自己都合 49.59 定年・応募認定 49.59

 

(10)期末・勤勉手当の状況

平成28年度 支給割合[月分]

大阪市

 6月期       2.025(1.025)

12月期 2.275(1.225)

 計          4.30(2.25)

職制上の段階、職務の級等による加算措置 有

 

 国

6月期  2.025(1.025)

12月期 2.275(1.225)

 計          4.30(2.25)

職制上の段階、職務の級等による加算措置 有

(注)括弧内は、再任用職員の支給割合

 

【参考】平成29年度補職別のモデル年収(公募区長、行政職給料表適用者)

公募区長

外部公募区長 13,850,000円

内部公募区長 12,700,000円

8級

 局長(特) 13,240,000円

 局長 12,680,000円

 理事 12,060,000円

7級

部長 11,130,000円

担当部長 10,620,000円

6級 課長 9,570,000円

5級 課長代理 7,540,000円

4級 係長 6,620,000円

3級 係員(主務)5,640,000円

2級 高度業務の係員 4,590,000円

1級 係員 3,660,000円

平均(公募区長除く) 6,170,000円

(注)平成29年4月1日現在の制度に基づき算定

 

問い合わせ 人事室給与課(電話)6208-7525 (ファックス)6202-7070

(7)のみ人事室人事課(電話)6208-7431 (ファックス)6202-7070

 

 

環境影響評価書等の縦覧

(1)(仮称)梅田曽根崎計画環境影響評価書(2)事後調査計画書[日時・期間]10/30まで[会場](1)環境局環境管理課・総務課、北区役所ほか(2)環境局環境管理課[問い合わせ]環境局環境管理課(電話)6615-7938(ファックス)6615-7949

平成30年4月から医療費助成制度が変わります

【対象者の追加】

区分 重度障がい者医療費助成

追加される対象者(所得制限あり)

  • 精神障がい者保健福祉手帳1級所持者 申請 郵送
  • 難病法の助成対象者および特定疾患医療受給者のうち、障がい年金1級相当、または特別児童扶養手当1級相当の方 申請 区
  • 現行、老人医療費助成を受けている重度障がい者 申請 不要

区分 ひとり親家庭医療費助成

追加される対象者(所得制限あり)

・ 裁判所からDV保護命令が出されたDV被害者 申請 区

・ 現行、老人医療費助成を受けているひとり親 申請 不要

 

〈申請〉郵送…11月下旬にお届けする申請書で申請ください。

    区……11月1日以降にお住まいの区の保健福祉センター医療助成業務担当まで申請ください。

 

【整理・統合による移行】

区分 老人医療費助成

変更点

上記の重度障がい者医療費助成とひとり親家庭医療費助成に統合されますが、次の方は対象外となります

・ 精神通院医療受給者、難病患者および結核患者【※経過措置あり】

 

【一部自己負担額(医療機関でお支払いいただく額)の変更】

区分

重度障がい者医療費助成

老人医療費助成

 

一部自己負担額

1日の負担額

現行制度(~平成30年3月)1医療機関ごとに500円

変更後(~平成30年4月)1医療機関ごとに500円(治療用装具含む)

 

1月の負担日数

現行制度(~平成30年3月) 1医療機関ごとに月2日まで

変更後(~平成30年4月) 日数上限なし

 

1月の負担上限額

現行制度(~平成30年3月) 2500円(訪問看護除く)

変更後(~平成30年4月) 3000円(訪問看護含む)

 

薬局での負担

現行制度(~平成30年3月) 本人負担なし

変更後(~平成30年4月) 1日あたり500円(日数上限なし)

 

【助成対象となる医療費などの変更】

区分

重度障がい者医療費助成

老人医療費助成

・  精神病床への入院医療費を助成対象外とします。【※経過措置あり】

 

区分

ひとり親家庭医療費助成

老人医療費助成

こども医療費助成

・ 訪問看護利用料を、新たに助成対象とします。

 

※経過措置…平成30年3月末までに資格認定されている方は、平成33年3月末まで助成対象となります。

 

大阪市 福祉医療費助成 変更 検索

 

[問い合わせ]福祉局保険年金課 (電話)6208-7971(ファックス)6202-4156

募集

市職員採用試験(大学卒程度技術)を実施します

試験区分は都市建設(主に土木)、採用予定者数10人程度。合格者は平成30年4月1日採用予定。日本国籍を有しない方も受験できます。資格などの詳細は、(大阪市ホームページ)でご確認ください。[日時・期間]第1次試験日11月12日(日曜日)[申し込み]10月3日 9時~10月13日 12時に原則として(大阪市ホームページ)で。[問い合わせ]大阪市人事委員会(電話)6208-8545(ファックス)6231-4622

 

市営すまいりんぐなどの入居者

市営すまいりんぐ(子育て応援型含む)・市営特定賃貸住宅・市営再開発住宅(地域リロケーション住宅含む)の入居者を随時募集中。11月1日からは7月以降に空家になった住宅も追加。市外居住者、単身者も申し込み可能。ただし、申し込みには、収入などの条件があります。[申し込み](大阪市ホームページ)または住情報プラザ、住宅管理センター(梅田・阿倍野・平野)、大阪市サービスカウンター(梅田・難波・天王寺)で配布する申込書に必要事項を記入し、大阪市住まい公社へ。[問い合わせ]大阪市住まい公社(電話)6882-7012(ファックス)6882-7021

 

ネーミングライツパートナー

市が所有する施設等に法人名、商品名等を冠した愛称を提案していただくネーミングライツパートナーを一斉に募集します。詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。[日時・期間]募集期間:10月2日~来年1月12日[申し込み][問い合わせ]財政局財源課(電話)6208-7733(ファックス)6202-6951

催し

日中国交正常化45周年記念「中秋明月祭大阪2017」

中国の伝統的な音楽や舞踊、食文化等を紹介する国際交流イベント。[日時・期間]10月7日(土曜日)10時~19時、10月8日(日曜日)10時~18時[会場]史跡難波宮跡[問い合わせ]経済戦略局国際担当(電話)6615-3742(ファックス)6615-7433

 

国際巡回企画展「イセコレクション 世界を魅了した中国陶磁」

世界的な美術品コレクター伊勢彦信氏のコレクション。茶の湯の伝統的な美意識と、鑑賞陶磁の現代的な感性の両面によって収集された戦国時代から清時代までの重要文化財2点を含む88点を紹介。[日時・期間]12月3日(日曜日)まで9時30分~17時(入館は16時30分まで)月曜休館(休日の場合は翌平日)[費用]大人900円ほか[会場][問い合わせ]東洋陶磁美術館(電話)6223-0055(ファックス)6223-0057

 

 

大阪港開港150年記念

帆船EXPO

大型帆船などの同時入港に合わせ、さまざまなイベントを実施。★のイベントは事前申し込みが必要。詳しくは (大阪市ホームページ)をご覧ください。

船名 日本丸・海王丸
場所 天保山岸壁
10月26日(木曜日)10時30分~入港パレード
10月28日(土曜日)9時~11時帆船グループツアー(体験付ガイドツアー)★13時~16時セイルドリル
10月29日(日曜日)9時~11時30分 13時~16時 一般公開

船名 みらいへ
場所 天保山岸壁
10月26日(木曜日)10時30分~入港パレード(8時~「みらいへ」の入港パレードクルー体験★)
10月28日(土曜日)8時30分~12時帆船乗艇体験クルーズ★13時~16時セイルドリル体験★
10月29日(日曜日)8時30分~18時 帆船乗艇体験クルーズ★

船名 大成丸
場所 中央突堤北岸壁
10月26日(木曜日)10時30分~入港パレード
10月28日(土曜日)9時~11時30分13時~16時一般公開
10月29日(日曜日)9時~11時30分 13時~16時一般公開

 

船内見学会「のるみる!?クルーズ客船」

大阪港へ入港するクルーズ客船(1)「コスタ・ネオロマンチカ」と、(2)「飛鳥Ⅱ」の船内見学会。定員(1)48人(2)80人。[日時・期間](1)11月12日(日曜日)18時~19時30分(2)11月19日(日曜日)13時~14時30分[会場]集合:天保山客船ターミナル[締め切り]10月20日[申し込み]往復ハガキに、参加者全員(2人まで)の住所・氏名(ローマ字併記)・電話番号・生年月日・出生地(都道府県名)・国籍・当日持参する身分証明書(パスポートまたは運転免許証)の番号、希望日の番号、当見学会を知ったきっかけを書いて、〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATC ITM棟10階、港湾局振興課「のるみるクルーズ」係へ。

 

[問い合わせ]大阪市総合コールセンター(電話)4301-7285(ファックス)6373-3302

 

御堂筋完成80周年記念事業

地下空間見学会(大阪駅前の東西地下道工事現場)

対象は小学3年生以上(小中学生は保護者同伴)。定員各回20人。[日時・期間]11月11日(土曜日)(1)10時(2)14時(3)16時[会場]集合:大阪駅南側スカイウォーク[締め切り]10月20日[申し込み][問い合わせ]往復ハガキに住所・氏名(3人まで)・年齢(学年)・電話番号を書いて、〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATC ITM棟6階、建設局工務課へ。(電話)6615-6477(ファックス)6615-6577

 

「おおさか市営交通フェスティバル」

市営交通として最後の開催。市電保存館・車両保存庫の一般公開や、地下鉄の車体吊り上げ、車体洗浄体験のほか、オリジナルグッズ販売など。定員7000人。[日時・期間]11月19日(日曜日)9時30分~16時[会場]交通局緑木車両工場内[締め切り]10月19日[申し込み](大阪市ホームページ)または市営地下鉄駅構内で配布するパンフレットの応募ハガキに必要事項を記入し、「おおさか市営交通フェスティバル」参加申込係へ。[問い合わせ]市営交通案内センター(電話)6582-1400(ファックス)6585-6466

 

特別展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」

「動き出すいのち」をコンセプトに、ほとんどが日本初公開となる約500点を展示。ミッキーマウスの誕生作から最新作「モアナと伝説の海」まで、約90年におよぶディズニー作品の原画、コンセプト・アートなど。[日時・期間]10月14日(土曜日)~来年1月21日(日曜日)9時30分~17時(入館は16時30分まで)月曜、年末年始、1月9日(火曜日)は休館(12月25日、1月8日は開館)[会場]市立美術館[費用]大人1600円ほか[問い合わせ]大阪市総合コールセンター(電話)4301-7285(ファックス)6373-3302

講座・教室

第15回 大阪市立大学医学部&大阪市立弘済院ジョイントセミナー

「認知症をふせぐ・気づく・治療する」、「ケアする人のストレス対応」についての講演会。定員250人(先着順)。[日時・期間]11月12日(日曜日)14時~16時[会場]市立大学医学部[締め切り]10月31日[申し込み][問い合わせ]窓口または往復ハガキ・(Eメール)で、「ジョイントセミナー」と明記のうえ、住所・代表者氏名・電話番号・参加人数、手話通訳が必要な方はその旨を書いて、〒565-0874 吹田市古江台6-2-1 大阪市立弘済院附属病院へ。(電話)6871-8013(ファックス)4863-5351

 

第1回認知症セミナー「認知症との付き合い方」

認知症の病態や日常生活での注意点などを知り、認知症への理解を深めます。定員160人(当日先着順)。[日時・期間]10月27日(金曜日)14時~16時[会場][問い合わせ]市立大学医学部附属病院(電話)6645-2857(ファックス)6636-3539

 

子育て講座「10歳までの子育て+10歳からの子育て~思春期を上手に乗り越える力を~」

(1)「10歳までの子育て」(2)「10歳からの子育て」(3)「家での過ごし方と学力のお話」定員各回60人(先着順)。[日時・期間](1)11月22日(水曜日)(2)12月5日(火曜日)(3)12月15日(金曜日)各回10時~12時[会場]中央図書館[申し込み][問い合わせ]10月10日から(大阪市ホームページ)または電話で、一時保育([締め切り]11月15日)・手話通訳([締め切り]11月8日)が必要な方はその旨を、教育委員会生涯学習担当へ。(電話)6539-3346(ファックス)6532-8520

 

児童虐待の通告·相談は、24時間365日対応の「児童虐待ホットライン(フリーダイヤル)0120‐01‐7285(まずは一報 なにわっ子)」へ。

 

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090 〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

※(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

 

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室市民情報部広報担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7251

ファックス:06-6227-9090

メール送信フォーム