ページの先頭です

平成30年6月18日 大阪市長会見全文

2019年4月8日

ページ番号:431741

司会

それでは、ただいまより本日の地震を受けまして、急きょ、記者会見を開催いたします。

 

大阪府北部を震源とする地震による被害及び対応状況について

 

市長

本日、大きな地震が発生いたしました。まず先立ってですね、皆さんにお伝えしたい状況の前に、まず皆さんにお伝えしたいことがあります。3点です。一つはですね、落ちついて行動をして、安全確保に努めてください。一つ目は、落ちついて行動し、安全確保に努めてください。二つ目は、危険な場所には立ち寄らないようにしてください。三つ目ですけども、全ての電車も止まっていますから、不要な外出はしないでください。大きな地震が発生しました。まだ、この後、余震があるかもしれません。熊本地震の時は、2回目に大きな地震が発生したということですから、この余震の、この後の大きな地震の可能性もあります。ですので、3点、ご留意してください。落ちついて行動して、安全確保を第一にしてください。二つ目は、危険な場所に立ち寄らないようにしてください。三つ目について、不要な外出はしないようにお願いをいたします。今回の地震についての報告です。本日の午前7時58分、大阪府の北部で地震が発生しました。マグニチュードは5.9。震源の深さは約10キロ。これは推定です。大阪市北区で震度6弱を記録しています。津波の影響はありません。現在の大阪市内の状況ですけども、火災が4件発生しています。それから、救護が17件、特にエレベーターの閉じ込めが多いです。それから、救助が58件。そして、救急が81件発生しています。ガス漏れについては1件。そして、水の事故については1件、水漏れです。1件です。市内の全ての鉄道は現在、運転を休止しています。ですので、これから駅に行くということは控えてください。電気についてですけども、市内2万戸について支障があります。停電している可能性があります。2万戸、電気について支障が生じている可能性がある。それから、生野区において壁の崩落が2件です。そして、中央区においても壁の崩落が1件あります。人的被害についてですけれども、現在、大阪市内で1人重症者が発生しています。現在、死亡者は確認されていません。現時点での情報です。それから、市内、ちょうど学校への通学時間だったと思うのですけれども、本日の小学校、中学校、高校については全て休校にいたします。ただ、既に学校に登校しているお子さんがいらっしゃいますから、既に学校に登校している児童、生徒については、学校にて安全を確保いたします。そして、まだ登校されてない方は、学校は本日休校ですから、登校させないように自宅で保護者の方と安全待機ということでお願いします。市立の小中高に合わせて、幼稚園、保育所についても現在、大阪市立の分についてはそういった措置をとっています。それから、家具等ですけども、倒れている家具があると思いますが、今後、余震の危険もありますから、倒れた家具を戻すということをすれば、その時にまた危険が生じますので、倒れた家具はもうそのままにしておいてください。大阪ガスからの連絡ですけども、ガスが一部供給を停止しているというところです。現在においての第一報です。先ほど申し上げた通りです。今後、国、それから、大阪府とも情報共有をしながら、人命の救助、救急に力を尽くしていきます。その情報把握と人命の救助、救急に力を入れていきます。現在、被害が生じていない皆さんにおいては、先ほど申し上げた3点。落ちついて行動をするということ。それから、危険な場所には立ち寄らないということ。不要な外出はしないという形で、よろしくお願いをいたします。身の安全の確保を第一に優先でお願いいたします。僕からの第一報は以上です。今入った情報ですけども、近鉄の南大阪線については一部、電車が動いているということです。ただ、基本的に、電車については全て運行を休止しています。再開のめどが立っている状況じゃありませんので、人が混雑する駅に今から行くというのは控えていただきたいと思います。

 

質疑応答

 

司会

情報は限られるのですけど、確認事項がありましたら、危機管理室もいますので、どうぞ。

 

産経新聞 有川記者

すみません。産経の有川ですけど、けが人の情報が入っているのは、複数者ですか。1人重症で。

 

市長

そうですね。1人重症ということで入っています。ただ、これは救命救護について、先ほど申し上げた件数、出動していますので、救護が17件、救助が58件、救急が81件出動していますから、けが人については多数いるというふうなことは、推測はされます。ただ、確認しているのは、市内で1人重症者が発生しているということです。

 

産経新聞 有川記者

1人重症者は、子どもですか。それとも、年齢って分かりますか。

 

市長

年齢は分かるかな。

 

藤原危機管理監

すみません。その辺も今、確認中ですので。

 

産経新聞 有川記者

あと、すみません。大阪ガスが一部供給を停止ということなのですけど、これは大阪市内全域という訳じゃなくて。

 

市長

ええ、一部です。この大阪ガスの判断において、府内の必要とするエリアについて、大阪ガスの判断で一部休止しています。大阪市の、おそらく北部で該当部分だというふうに思います。

 

産経新聞 有川記者

あと、救助58件というのは、これはいずれも、もう現着で救助されている状況なのか、今向かっているところという感じなのか。

 

藤原危機管理監

既に救助に行ったという。

 

産経新聞 有川記者

行ったと。じゃ、まだ向かっているところなのは111件ということですか。

 

市長

救急が81件。

 

藤原危機管理監

救急が81件です。

 

市長

救急車の出動が81件ということです。

 

産経新聞 有川記者

これも、じゃ、もう向かって、救急車の方にもう搬送というか。

 

市長

もう今、向かっているということですね。

 

NHK 岡野記者

重症者の話なのですけれども、こちらで、大阪、東淀川区で心肺停止1人と入っているのですが、具体的に、重症というのは、心肺停止なのか、どういう状況なのかというのは何か入っていますでしょうか。

 

藤原危機管理監

すみません。まだちょっと救急の方からは、そちらの方は聞いてないので、今それを確認しているところであります。

 

NHK 岡野記者

重症がどの程度かというのは入ってないと。

 

藤原危機管理監

はい。今、それを確認させていただいているところです。

 

市長

また、今日は役所で、この災害対策についての指揮をとりますので、新しい情報が入り次第、逐一会見を開きたいと思いますので、よろしくお願いします。

先ほどの重症者の情報ですけれども、東淀川区の80歳の男性の方です。壁の倒壊によって心肺停止の状態です。東淀川区の80歳男性の方、壁の倒壊で現在、心肺停止の状態という状況です。先ほど申し上げた大阪市内の1人重症者というのは、こちらの方です。

 

読売新聞 羽尻記者

それは80歳代ですか。

 

市長

いや、80歳男性の方です。

 

読売新聞 佐々木記者

読売新聞です。今のところ、学校の建物の被害とか、児童、生徒さんのけがとかの確認はありますでしょうか。

 

市長

現時点で、児童、生徒の大きな被害の報告というのは入っていません。学校においても、同様です。学校は避難所扱いになっていますので、避難所に対応できるように耐震性を備えていますから、学校において、今、既に登校中の児童、生徒については、そのまま安全確保をします。

 

NHK 岡野記者

すみません。東淀川の男性は、自宅、壁の倒壊というのはどちらで、どんな状況というのは入ってきていますか。

 

間嶋危機管理室危機管理課長

警察発表でして、その詳細の情報は来てないのですけど、壁の崩落に伴って、心肺停止と。

 

市長

東淀川区の上新庄です。

 

朝日放送テレビ 辻塚記者

上新庄ですか。

 

市長

上新庄です。東淀川区の上新庄で、壁の倒壊によって80歳男性の方が心肺停止の状態になっています。人命の救助、救急、ここに最善の注意を払っていきたいと思います。今後ですけども、先ほど、冒頭申し上げましたが、安全の確保、そして、落ちついて行動することをよろしくお願いします。そして、危険な場所には立ち入らないようにお願いします。不要な外出はしないようによろしくお願いいたします。

 

産経新聞 有川記者

すみません。家屋の倒壊とか半壊とか、その辺は入っていますでしょうか。

 

藤原危機管理監

今のところ、一部損壊が3棟あります。生野区で壁の崩落が2件、中央区で同じく壁の崩落が1件、合計3件が今、確認されております。

 

朝日新聞 半田記者

すみません。もう一度お願いします。

 

藤原危機管理監

壁の崩落、生野区で2件、中央区で1件、いずれも住戸の一部損壊ということで確認されています。

 

産経新聞 有川記者

それは全部、住宅ですか。それとも、ビル、学校とか何かその辺ではないですか。

 

藤原危機管理監

住宅です。

 

司会

あと、もうよろしいですか。随時、情報収集しまして、皆さんに提供いたします。市長も情報収集に。

 

市長

ええ。随時、情報収集に努めて、また新たな情報が入り次第、記者会見で発表させていただきます。

 

司会

よろしいですか。はい、どうぞ。読売テレビさん。

 

読売テレビ 児玉記者

小中高の臨時休校は、公立。

 

市長

そうです。これは大阪市立の小中高という形になります。

 

司会

ありがとうございます。そうしましたら、一旦、こちらにて終了します。ありがとうございました。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室市民情報部報道担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7261

ファックス:06-6227-9872

メール送信フォーム