ページの先頭です

旭区役所税証明発行及び地域福祉担当窓口について

2018年12月28日

ページ番号:454975

市民の声

 家族の医療費助成の申請に旭区役所へ行きました。必要な書類があり、まず税証明の窓口に行きました。必要な年度がわからなかったため、内線で確認していただけないかお願いしたところ、直接担当窓口に聞いてほしいと言われましたが、あらためて内線で確認を依頼しました。違う市町村や委託業者なのであれば仕方ないですが、1階と2階にいる職員同士で内線があるのに必要な年度も聞いてもらえないのでしょうか。市民が違う窓口へ必要書類を聞きに行き、再度税証明の窓口へ来るのでは、手間も時間も随分違います。また、しぶしぶ聞いた割には、これであっていると思うと、他の窓口で必要な書類は全く分からない様子でした。
 その後、医療費助成の窓口へ行った際には皆パソコンに向かったりスマートフォンを見たりしており、2度声をかけてやっと出てきました。発券機があるのであれば別ですが、窓口へ来た人が何度も声をかけないと対応してもらえないのはおかしくないでしょうか。
 横の福祉の窓口では複数人が待ちの状態でしたが1人しか窓口で対応しておらず、奥で仕事を行っている職員も窓口で対応するように言っている方もおられました。
 旭区役所へ行く度にこのような光景を見ているのですが、民間の会社では考えられません。来庁者の手間を減らし、来ていることも気づかないのではなく、待ち時間も短くなるように、もっと来庁者に対する意識を高く持ってください。

市の考え方

1 税証明発行窓口における対応について
 各種証明に必要な添付書類につきましては、申請者様の状況により異なる場合があることから、申請者様以外による確認では誤った案内をしてしまい、結果的に御迷惑をおかけするおそれがありましたので、直接、担当窓口で御確認いただくよう御案内しておりました。
 しかしながら、今後は内線電話を用いて、その場で御確認いただけるよう取扱いを変更いたしました。
2 地域福祉担当窓口について
 各種医療費助成の窓口となる地域福祉担当(2階28番窓口)におきましては、フロア中央寄りに発券機を設置し、発券順に対応させていただくことになっております。
 当該窓口(以下、「常設窓口」という。)につきましては、常に2人体制で対応しておりますが、混雑度に応じて対応人数を増やし、窓口横の机でも対応する場合があります。
 窓口横の机につきましては、通常は無人であること等により、窓口横の机からお声がけされる事例があったことから、このたび、窓口横の机にお越しになられた来庁者の方を常設窓口に御案内する旨の表示物を新たに設置いたしました。
 なお、職員に対しましては、常に来庁者の動向に気を配るよう、改めて周知いたしました。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

1について
旭区役所 窓口サービス課(住民登録)
(電話番号:06-6957-9963)
2について
旭区役所 保健福祉課(地域福祉)
(電話番号:06-6957-9857)

対応の種別

改善したもの

受付日

2018年10月17日

回答日

2018年11月13日

公表日

2018年12月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない