ページの先頭です

市営住宅家賃納付遅延に伴う督促及び電話の保留時間について

2019年2月28日

ページ番号:461351

市民の声

 現在市営住宅に住んでいる。収入が年金しかないため、年金が振込される偶数月にしか払えないと以前より相談を行っている。遅れていた家賃を振り込んだところ、振り込んだ6日後に催告が届いた。支払確認には10日程かかるようで、領収書をファックスしてほしいと言われた。
 家賃はコンビニで支払えないため、金融機関で振り込む必要があるが、自宅付近には金融機関がない。体が悪く、振り込むためにタクシーに乗って行かなければならない。3か月分滞納があると自動的に督促することになっていると頭ごなしに言うのではなく、生活に余裕がないことをこれまで何度も相談をしているので、個々の事情を考慮して対応してほしい。
 また、電話した際に「調べますからちょっと待ってください」と保留された。「ちょっと」かどうかは人によって時間の感覚は違う。時間がかかる場合、普通は折り返し電話するべきではないのか。以前に住宅管理センターへ電話した際には、5分間保留されたこともある。今日の電話でも保留されたが、電話代もかかるので一度切電した。後ほどこちらから電話すると、担当者は電話しようと思っていたようだったが、こちらから電話する前に連絡してきてもいいのではないか。

市の考え方

 市営住宅の家賃の納付期限につきましては市営住宅条例施行規則第14条に定められており、原則として毎月月末までにお支払いいただくこととなっております。
 金融機関で家賃をお支払いになられた場合、そのお支払いの情報につきましては、金融機関からのシステム上の連携により本市が確認できるまで一週間程度を要することとなっております。このため、納付期限から一定期間経過後に未納を確認したうえで督促を行っておりますが、納付期限後に入金があった場合には督促文書送付に際しての納付確認に間に合わない場合もあることから、督促文書においてもすでにお支払いになられている場合は行き違いをご了承いただきますようお願いしているところです。
 家賃滞納にかかる整理につきましては、滞納が長期化すればその解消が困難になり住宅の明渡しといった法的措置に至る場合があることなどから、初期段階のうちにきめ細かく対応し、滞納の解消を図っていただけるよう催告を行っております。また、入居者のご事情を踏まえ支払いのご相談にも応じており、場合によっては分割納入についても対応しております。なお、支払い指導等に応じず家賃を3か月以上滞納された場合は市営住宅条例第46条第1項第2号に基づき、市営住宅の使用承認を取消し、明渡を求める法的措置を行うこととしております。
 また、家賃のお支払い方法につきましては、入居者のみなさまの利便の観点から口座振替(自動払込)のご利用を推奨しております。毎月月末にご指定の口座から自動的に家賃を引き落としますので、納め忘れがなく安心で大変便利です。お手続きは大阪府下の銀行やゆうちょ銀行などでできます。申込書が必要な場合や記入方法が分からない場合は管轄の住宅管理センターまでお問い合わせください。
 電話での対応につきましては、できる限りお待ちいただく時間の縮減に努めるとともに、事実確認などに時間がかかる場合には折り返しご連絡することとしておりますが、滞納案件につきましては初期段階の短期滞納から即決和解申立や訴訟提起などの法的措置を講じたものまで多様であり、状況に応じて内容の確認に時間を要する場合がありますのでご理解いただきますようお願いいたします。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

都市整備局 住宅部 管理課
(電話番号:06-6208-9267)

対応の種別

説明

受付日

2018年12月20日

回答日

2019年1月15日

公表日

2019年2月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない