ページの先頭です

市営住宅のペット飼育について

2019年2月28日

ページ番号:461377

市民の声

 現在市営住宅に入居していますが、犬を飼っています。
 その事で管理会社から注意を受けましたが、釈然としない点が多く、ここに提示させて頂きます。
 まず、ペットの飼育が迷惑行為に当たるかどうかが市営住宅入居規定では曖昧であり、明確な規制が設けられていないにも関わらず、入居時にペットは飼わないという誓約書を書かされており、それを基に違反行為だと言われています。
 また、「しおり」やポスターなどで、ペットの飼育が条例上の迷惑行為と解釈される事が一般的になっており、規約ではないにも関わらず、ペットの飼育がルール違反であるとの認識が広められる事こそが、規約違反ではないかと思います。
 また、それに基づき書かされる誓約書も条例違反行為であると訴えたいと思います。
 今のところ、どの様な形として行動を起こして行くかは未定ですが、ご意見、ご助力頂ければ幸いです。

市の考え方

 市営住宅での犬猫等動物の飼育につきましては、動物飼育に伴う糞尿・鳴き声・抜け毛・咬みつき等を原因とした近隣入居者への迷惑行為の原因となりうること、また住宅そのものが動物飼育に対応した仕様になっていないことから、原則禁止(盲導犬、介助犬は例外)としております。
 市営住宅は多くの方が居住する集合住宅であり、入居者のみなさまがお互いに快適な生活を過ごしていただくために、使用にあたりましては必要な注意を払い正常な状態で維持していただくとともに、近隣の入居者の方に迷惑をかけることがないよう大阪市営住宅条例(以下「条例」という。)第31条・第32条により入居者の責務として定めております。
 迷惑行為につきましては、個々に発生した事象への対応措置並びに迷惑行為やそれにつながる蓋然性の高い行為を行わないよう求める啓発などの予防措置を講じることとしており、具体的には条例第32条第1項第4号に定める迷惑を及ぼす行為に関する措置を定めた「大阪市営住宅迷惑行為措置要綱」に基づき、個別の事例での是正指導を行なうとともに、啓発として、入居時に配布する「住まいのしおり」、入居者に年2回配布している「住宅だより」やポスター掲示のほか、入居および各種申請時に動物の飼育を行わない旨の誓約書の提出を求めております。
 また、市営住宅は動物を飼育可能とする仕様としていないため、動物飼育により壁や床に傷がつきやすい、住戸に動物臭がつくなど、建物管理の上でも問題があります。このような問題は、条例第31条に規定する入居者の保管義務条項にも抵触いたします。
 入居者の保管義務違反や迷惑行為に該当する事案が発覚した場合は、調査の上、改善に向けた是正指導や警告を行いますが、それでもなお改善されない場合には、住宅の明け渡しを求めるといった法的措置を講じることとしております。
 お申出人様におかれましては、平成29年度から犬の飼育に関して住宅管理センターより数度にわたり市営住宅での動物飼育は原則禁止であることをご説明させていただいているとともに、速やかに飼育されている犬を手放していただくようお願いしているところです。
 前記趣旨をご理解いただき、引き続き早急に犬の飼育をやめるよう努めてください。

担当部署(電話番号)

都市整備局 住宅部 管理課  
(電話番号:06-6208-9261)
都市整備局 住宅部 阿倍野住宅管理センター 
(電話番号:06-6649-1103)

対応の種別

説明

受付日

2018年12月24日

回答日

2019年1月9日

公表日

2019年2月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない