ページの先頭です

郵送事務処理センターの対応について

2019年2月28日

ページ番号:461383

市民の声

 郵送事務処理センターに電話でご連絡しました。用件は市外からの戸籍の申請についてです。
 こちらからの回答は問題ないのですが、その応答態度が非常に悪く、「はい」と答えるべきところ、「はあ」とか「ふん、ふん」とかでまた、色々確認して話したいが、直ぐに切ろうとしているのか、話が続きません。
 他の市役所ではそのような対応はなく、「では、他に何かございますでしょうか」とかあるのですが、また、職員が所属と氏を名乗らないのはなぜでしょうか。
 普通、サービス窓口の人は名乗るのが礼儀ではないでしょうか。
 どの行政機関でもこのような対応はなかったのですが、大阪市は許されているのでしょうか。

市の考え方

 このたびは郵送事務処理センター職員の電話応対により、大変ご不快な思いをさせたことにつきまして深くお詫び申し上げます。
 ご指摘のとおり、サービス窓口の職員が応対に際して所属と氏を名乗ることは応対に当たっての基本中の基本であると考えており、郵送事務処理センターでは、接遇力の向上を目指して、あいさつをすること、所属・名前を名乗ることはもとより、お客様の立場に立った親切で丁寧な応対をするよう指導しているところです。
 しかしながら、この度の電話応対の際に職員が名前を名乗るという基本的なことすらできていなかったことにつきましては、大変申し訳なく、深く反省いたしております。
 今回のことを受けまして、郵送事務処理センターはもとより市民局の証明書発行を担当する部署のすべての職員に対し、お申し出の内容を周知したうえで、お客様に対する親切で丁寧な応対について改めて指導し徹底するとともに、改めて職員の丁寧な応対を徹底する改善策を検討してまいります。

担当部署(電話番号)

市民局 総務部 住民情報担当
(電話番号:06-6208-8831)

対応の種別

説明

受付日

2018年12月25日

回答日

2019年1月9日

公表日

2019年2月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない