ページの先頭です

東淀川区役所 出張所職員の説明について

2019年3月29日

ページ番号:464353

市民の声

 本日、法務局に提出する用に、亡くなった息子の住民票を取得するために、出張所に行った。
 職員から、「亡くなった息子に相続人がいないことを証明してもらわないと、住民票をだすことはできない」とだけ言われた。
 なぜ、そんな証明が必要なのか説明がなく、納得がいかない。
 郵送での請求なら取れると言われ、請求用紙をもらったが、窓口用の紙であった。郵送用の請求用紙を渡すべきではないのか。
 また、窓口では亡くなった息子に相続人がいないことを証明できないと住民票を出せないと説明したのに、郵送での請求なら、そのような証明は必要ないのか?
 説明が不十分すぎて失望した。
 説明するつもりがないのか、知識がないのか、面倒だから違う郵送請求の場所に連絡しろと言ったのか。今回の件についてどういうつもりなのか公開してほしい。

市の考え方

 このたびは、出張所の窓口でご不快な思いをおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
 当区では、窓口業務を民間事業者へ業務委託しております。
 そのため、今回いただきましたご意見について委託業者のマネージャーに事実確認と回答を求めたところ、「住民票除票を請求できる方は、同一世帯の方もしくは相続人となっております。申請者の方は同一世帯ではないので、相続人かどうかを確認する必要がありましたが、窓口にご持参いただいた資料だけでは、その方が相続人であることの確認ができませんでした。そこで追加資料の提示をお願いしたところ、再度ご来庁いただくのが困難であり、郵便による手続きをされたいとのご意向であったため、証明書の郵送請求の担当である「郵送事務処理センター」をご案内いたしました。お渡しした窓口用の申請用紙でも請求はできますが、大阪市ホームページにある郵送請求用の申請用紙をお渡しした方が丁寧な対応であったと反省しております。あわせて郵送請求の場合も窓口請求と同様に資料が必要となることをご説明申しあげたつもりでしたが、ご納得いただいたかどうかの確認が不十分であったと反省しております。また、今後このようなことのないよう、今回のような場合には申請者の方へ丁寧に説明し、ご納得いただいたかどうかよく確認するよう指導いたしました。」との回答がありました。
 当区としましては、委託業者に対し、来庁された方に対して不快な思いをさせることのないよう、窓口担当者への社員教育の徹底を求めるとともに、いただきましたご意見を職員にも周知徹底し、来庁された方に適切かつ親切・丁寧な対応に努めてまいります。
  
【本件は、申出人様への回答はしていません。】 

担当部署(電話番号)

東淀川区役所 出張所
(電話番号:06-6322-0731)

対応の種別

説明

受付日

2019年1月18日

回答日

2019年1月29日

公表日

2019年3月29日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない