ページの先頭です

HTML版「大阪市民のみなさんへ」令和2年5月号

2020年6月1日

ページ番号:465225

1面

大阪市民のみなさんへ

 

重大な児童虐待ゼロへ

 

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

※(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

「市政改革プラン3.0」(令和2~5年度)を策定しました

市民生活の利便性を向上させ「市民が本市に暮らすことの満足度」をさらに高めていくため、新たな市政改革計画を策定しました。

この計画に基づき、市民サービスの質の向上を図る取り組みを進めていきます。詳しくは大阪市ホームページをご覧ください。

具体的な取り組み

改革の柱1 ICTを活用した市民サービス向上
  1. 行政手続きのオンライン化とBPR
  2. 市民利用施設にかかる手続きの利便性向上
  3. 多様な公共料金支払手段の整備

※現状の業務プロセス等を見直し、刷新すること

  • 区役所窓口等に訪れることなく行政手続きを可能にする
  • 施設窓口に訪れることなくオンラインでの利用手続きを可能にする
  • 公共料金の特性に合わせ、さまざまな支払手段を選択できる など
改革の柱2 官民連携の推進
  1. 各事業の経営システムの見直し
  2. 最適な民間活力の活用手法の導入

  • 老朽化した水道管の取り替えをスピーディーに行う
  • 指定管理者が市営住宅の維持管理を行うことで、充実した付加サービスが提供される など
改革の柱3 効果的・効率的な行財政運営
  1. 質の高い業務執行
  2. 施設・事業の適切なマネジメント
  3. 効率的な行財政運営

  • ドローンなどの最新技術を活用し、維持管理業務を効率化する
  • 地域特性に応じた施設の最適な設置・維持を行うための、持続可能な施設運営を行う
  • 歳入確保に向け、未利用地の有効活用を図る など
改革の柱4 ニア・イズ・ベターの徹底

・地域の実情に応じたきめ細かな支援を行い、より多くの住民参加による地域運営の実現をめざす など

改革の柱5 人材育成・職場力の向上

・リーダーシップを発揮できる職員や、専門性のある職員の育成・支援を進めることにより、職員の生産性を向上させる など

改革の柱6 働き方改革

・長時間労働を見直し、テレワークなどの柔軟な働き方を推進することにより、職員の生産性を向上させる など

 

市民サービスの向上

コスト削減

スピードアップ

↓生産性向上の視点

めざす姿 市民の暮らしの満足度向上

 

問い合わせ 市政改革室改革プラン推進担当 (電話)6208-9885 (ファックス)6205-2660

不登校のお子さんを支援するための教室が西成にできます!~IKEA鶴浜さんと一緒に作った、おしゃれで居心地のいい場所です~

学校外での学習を希望する不登校の生徒に学習の場を提供するための、教育支援センター(適応指導教室)です。ここでの活動は学校の出席として認定されます。不登校で悩んでいる市立中学校の生徒とその保護者のかたは、ぜひ一度、見学に来てください!(完成は5月下旬予定)

詳しくは大阪市ホームページをご覧ください。

 

問い合わせ 教育委員会教育活動支援担当 (電話)6208-9174 (ファックス)6208-7055

新たな大都市制度について 特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)への質問にお答えします ~住所はどうなるの?~

町名は、特別区設置の決定後、住民の皆さんのご意見をお聴きしながら決定します。

住所変更にともなう手続きで、住民の皆さんにできる限りご負担をかけないよう、調整していきます。

町名は住民の皆さんのご意見をふまえて決定します

令和2年秋~冬 特別区設置についての住民投票

令和3年春 町名素案公表

「町名の取扱ルール(案)」をもとに作成した町名素案について、住民の皆さんにご意見をお聴きします。

令和3年度中 市会への報告を経て町名案決定

令和7年1月1日 特別区設置の日

特別区制度(案)における「町名の取扱ルール(案)」

現在の行政区の名称は、住民の皆さんにとって愛着があることから、その取り扱いには十分に配慮し、一定のルールに基づいて町名に反映します。

 

原則 新たに設置する特別区の名称と現在の町名の間に、現在の行政区名を挿入します。

変更前

市区名 大阪市 行政区名 ■■区 町名 ○○町×丁目 街区符号 ×番 住居番号 ×号

変更後

市区名 △△区 行政区名 - 町名 ■■○○町×丁目 街区符号 ×番 住居番号 ×号

 

例外 次の場合は、現在の行政区名を挿入しません。

(例外1)

(1)特別区名と同一となる現在の淀川区・北区・中央区・天王寺区

(2)方位と混同されやすい西区

 

現在の町名 (1)北区 池田町 取扱ルール(案)の原則では ・北区 北池田町→例外適用後の町名 ・北区 池田町

現在の町名 (2)西区 九条 取扱ルール(案)の原則では ・中央区 西九条→例外適用後の町名 ・中央区 九条

 

(例外2)

(3)行政区名と町名が連続する場合

(4)漢字表記が連続する場合

 

現在の町名 (3)住之江区 住之江 取扱ルール(案)の原則では ・中央区 住之江住之江→例外適用後の町名 ・中央区 住之江

現在の町名 (4)港区 港晴 取扱ルール(案)の原則では ・淀川区 港港晴→例外適用後の町名 ・淀川区 港晴

 

◆特別区制度は大阪府市を再編し、広域行政は府へ一元化するとともに、大阪市をなくし基礎自治体として4つの特別区を設置するものです。

◆今後、大都市制度(特別区設置)協議会で協定書の作成に向けて協議されるとともに、議会で審議されます。

 

問い合わせ 副首都推進局問い合わせ担当 (電話)6208-8989 (ファックス)6202-9355

特別区制度全般についてはこちら

大阪市 特別区 目次 検索

2面3面

大阪市民のみなさんへ

 

重大な児童虐待ゼロへ

 

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

面積…225.30平方キロメートル 人口…2,744,379人 世帯数…1,442,881世帯 令和2年3月1日現在(推計)

 

(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

●講座・イベントなどで特に記載のないものは、「無料、申し込み多数の場合は抽選、締め切りは当日必着」です。抽選の結果は当選者のみ通知します。

●往復ハガキで申し込む際は、返信用宛先の住所・氏名をお忘れなく。

●費用について、複数区分ある場合は、「〇〇円ほか」としています。

 

掲載している記事の詳細は、(大阪市ホームページ)の「大阪市民のみなさんへ」掲載ホームページ一覧でご覧いただけます。

 

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響等により、催しなどが延期または中止となる場合があります。

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

感染症拡大防止のためのお願い

外出は「必要最低限」に!

〈生活の維持に必要な最低限の外出(例)〉

生活必需品(食料品、日用品、医薬品等)の買い出し

医療機関への通院、散歩、運動

職場への出勤

 

集団感染を防ぐため、3つの「密」が重ならないようにしましょう。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 人が多く集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

 

日常生活で気をつけること

こまめな手洗い

咳(せき)エチケット

発熱等の風邪の症状時は外出を控えましょう

 

風邪の症状や37.5度前後の発熱が続いている、強い倦怠感がある場合は、お電話でご相談ください。

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)

(電話)06-6647-0641 24時間受付

大阪市が行っている主な支援

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、市民の皆さんや事業者のかたを支援するための制度等をご案内します。

 

■学校給食費の無償化

保護者の経済的な負担を軽減するなどの観点から、今年度に限り、全児童生徒(市立小・中学校)の給食費を徴収しないこととします。

[問い合わせ]教育委員会保健体育担当 (電話)6208-9144 (ファックス)6202-7052

 

■水道料金の支払いに関する相談

収入が大幅に減少した等の事情により、一時的に水道料金・下水道使用料のお支払いが困難なかたは、一度ご相談ください。

[問い合わせ]水道局お客さまセンター (電話)6458-1132 (ファックス)6458-2100

 

■事業者向け支援

「新型コロナウイルス感染症対策支援情報サイト」にて、国等が行っている中小企業等への融資や特別相談窓口などの支援情報を、検索しやすくまとめて紹介しています。

[問い合わせ]経済戦略局企画課 (電話)6615-3731 (ファックス)6614-0150

 

その他の支援など、詳しくは「新型コロナウイルス感染症対策支援情報サイト」をご覧ください。

くらし

お子さんの麻しん・風しん(MR)予防接種が無料になります

(1)生後12か月から24か月までのお子さんは2歳の誕生日前日まで、(2)平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれのお子さんは来年3月31日まで、無料で予防接種が受けられます。

[問い合わせ]大阪市保健所感染症対策課

(電話)6647-0656 (ファックス)6647-1029

 

麻しん・風しん(MR)予防接種費用が助成されます

来年3月31日までの接種当日に大阪市民で、風しん抗体を有していない、または抗体価が低い(1)妊娠を希望する女性(2)妊婦または妊娠を希望する女性の配偶者は、麻しん・風しん混合ワクチン1万263円、風しんワクチン6,519円を上限に、接種費用が助成されます(過去に助成済みのかたは除く)。

[申し込み]医療機関で接種後、〒545-0051 阿倍野区旭町1-2-7-1000 あべのメディックスビル11階、大阪市保健所感染症対策課へ申請書類等を送付。

[問い合わせ]大阪市保健所感染症対策課

(電話)6647-0656 (ファックス)6647-1029

 

肺炎球菌ワクチンの接種費用が助成されます

対象のかたは来年3月31日までに接種すると、自己負担が4,300円です(生活保護受給者および市民税非課税世帯のかたは、接種時に介護保険料決定通知書(保険料段階が1~4段階に限る)などの書類を持参で免除)。対象は4月1日~来年3月31日に(1)65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となるかた(2)60歳以上65歳未満のかたで、身体障がい者手帳1級相当(内蔵機能障がいに限る)のかた((1)(2)ともに過去に接種を受けたかたは除く)。

[問い合わせ]大阪市保健所感染症対策課

(電話)6647-0656 (ファックス)6647-1029

 

がん検診の無料クーポン券を5月末からお送りします

対象は4月20日現在市内在住で、昨年4月2日~今年4月1日に次の年齢になられた女性。(1)子宮頸(けい)がん検診:満20歳(2)乳がん検診:満40歳。なお、4月1日からクーポン券が届くまでの間に、市が実施する検診を受診し、自己負担金を支払われたかたには、自己負担金をお返ししますので、お問い合わせください。

[問い合わせ]がん検診専用電話

(電話)6208-8250 (ファックス)6202-6967

 

Jアラートによる試験放送の実施

地震・津波などの緊急事態に備え、Jアラート(全国瞬時警報システム)により受信した情報を防災行政無線の屋外スピーカーで試験放送します。今回の試験放送に伴うエリアメール・緊急速報メールの配信はありません。

[日時・期間]5月20日(水曜日)11時頃

[問い合わせ]危機管理室危機管理課

(電話)6208-7388 (ファックス)6202-3776

 

5月は消費者月間です~通信販売のトラブルにご用心~

「通信販売で健康食品を1回のお試しで購入したつもりが、定期購入契約になっていた」などのトラブルが増えています。不安に感じたら一人で悩まず、気軽にご相談ください。消費生活相談は市内在住のかたに限り、電話・面談・(Eメール)で行っています。

[日時・期間]月曜日~土曜日10時~17時(祝日除く)

[問い合わせ]大阪市消費者センター消費生活相談専用電話

(電話)6614-0999 (ファックス)6614-7525

 

5月14日~20日はギャンブル等依存症問題啓発週間です

期間中、ギャンブル等依存症の予防や対策をテーマに、街頭啓発キャンペーンを実施します。

[日時・期間]5月14日(木曜日)8時~9時

[会場]JR京橋駅北口周辺

[問い合わせ]こころの健康センター

(電話)6922-8520 (ファックス)6922-8526

 

光化学スモッグにご注意ください

10月にかけて光化学スモッグが発生しやすくなります。注意報などの発令状況は、各区役所の表示板や(大阪市ホームページ)でお知らせします。発令時はなるべく屋外に出ないようにし、目やのどに刺激を感じたら、洗眼やうがいをして安静にしてください。

[問い合わせ]環境局環境管理課

(電話)6615-7981 (ファックス)6615-7949

 

障がいのあるお子さんの就学・進学相談

就学・進学については、お住まいの地域の小学校に早めにご相談ください。就学相談リーフレットは(大阪市ホームページ)でご覧いただけます。就学・進学に関する電話相談も受け付けています。

[問い合わせ]教育委員会インクルーシブ教育推進室相談窓口

(電話)6327-1016 (ファックス)6327-1023

 

しごと情報ひろば・地域就労支援センターをご利用ください

市内4か所の「しごと情報ひろば」では、無料の職業相談やカウンセリングのほか、就労体験、スキルアップセミナーなどを実施しています。また「地域就労支援センター」では、電話による就労相談を行っています。就職に向けた支援が必要なかた、働くことに不安のあるかたはぜひご活用ください。

[問い合わせ]市民局雇用女性活躍推進課

(電話)6208-7351 (ファックス)6202-7073

 

ひとりで悩んでいませんか?~人権相談をお受けしています~

職場でのいじめやパートナーからの暴力、インターネットでの誹謗(ひぼう)中傷などで困っていませんか?人権啓発・相談センターでは、専門相談員が人権に関するさまざまな相談をお受けしています(無料・秘密厳守)。(電話)6532-7830(なやみゼロ)・(ファックス)6531-0666・(Eメール)でご相談ください。

[問い合わせ]人権啓発・相談センター

(電話)6532-7631 (ファックス)6532-7640

 

空家の利活用を応援します!

空家の利活用を予定されているかたに、住宅の性能向上や、こども食堂・高齢者サロンといった地域まちづくりのための用途に改修する費用等の一部を補助します。補助内容など、詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[問い合わせ]都市整備局住環境整備課

(電話)6208-9622 (ファックス)6202-7025

募集

ご意見をお聴かせください

以下の案は、区役所、市民情報プラザ(市役所1階)、大阪市サービスカウンター(梅田・難波・天王寺)、(大阪市ホームページ)などでご覧いただけます。ご意見は、送付・ファックス・(Eメール)・持参でお寄せください。

 

大阪城東部地区のまちづくりの方向性(案)

[日時・期間]閲覧・応募期間:6月3日まで

[申し込み][問い合わせ]都市計画局開発計画課

(電話)6208-7607 (ファックス)6231-3751

 

大阪都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(素案)

[日時・期間]閲覧・応募期間:6月3日まで

[申し込み][問い合わせ]都市計画局都市計画課

(電話)6208-7882 (ファックス)6231-3751

 

市職員(消防吏員・保育士)

合格者は、(1)来年4月1日(2)10月1日採用予定。受験資格など、詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[日時・期間]第1次試験日:6月28日(日曜日)

[申し込み]5月15 日9時~5月25日12時に原則(大阪市ホームページ)で。

試験区分 (1)保育士A(22歳~34歳 大学卒程度) 採用予定者数 20名程度

試験区分 (1)保育士B(20歳~34歳 短大卒程度) 採用予定者数 50名程度

試験区分 (1)消防吏員A(22歳~27歳 大学卒程度) (男)Ⅰ 採用予定者数 40名程度

試験区分 (1)消防吏員A(22歳~27歳 大学卒程度) (女)Ⅰ 採用予定者数 数名程度

試験区分 (2)消防吏員A(22歳~27歳 大学卒程度) (男)Ⅱ 採用予定者数 35名程度

試験区分 (2)消防吏員A(22歳~27歳 大学卒程度) (女)Ⅱ 採用予定者数 数名程度

試験区分 (2)消防吏員B(18歳~21歳 高校卒程度) (男)Ⅱ 採用予定者数 25名程度

試験区分 (2)消防吏員B(18歳~21歳 高校卒程度) (女)Ⅱ 採用予定者数 数名程度

[問い合わせ]大阪市人事委員会

(電話)6208-8545 (ファックス)6231-4622

 

「大阪市消費者保護審議会」公募委員

市民の意見を市政に反映させるため、消費者の立場から参加していただける公募委員。対象は市内在住で市職員でないかた。定員2人以内。任期は8月から2年間。

[締め切り]6月18日(消印有効)

[申し込み][問い合わせ]「消費者被害の防止についてあなたが思うこと」がテーマの作文(800字以内)と、別紙に住所・氏名・年齢・性別・電話番号・職業を書いて、〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATC ITM棟3階、大阪市消費者センターへ送付。

(電話)6614-7521 (ファックス)6614-7525

 

ネーミングライツパートナー

市が所有する施設等のスポンサーになっていただける事業者「ネーミングライツパートナー」を募集します。詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[日時・期間]募集期間:9月30日まで

[申し込み][問い合わせ]財政局財源課

(電話)6208-7733 (ファックス)6202-6951

講座・教室

第14期 市民後見人養成講座基礎講習

市民後見人として活動するための知識を学ぶ養成講座の基礎講習。本講習と、10月以降に実施する実務講習の修了者を市民後見人として登録します。対象は市内在住または在勤で、3月31日現在24歳~68歳のかた。

[日時・期間](1)7月9日(木曜日)・16日(木曜日)・22日(水曜日)・8月1日(土曜日)(2)7月4日(土曜日)・11日(土曜日)・18日(土曜日)・8月1日(土曜日)10時~16時(1日目のみ9時45分~16時)

[会場](1)大阪市役所(8月1日(土曜日)は社会福祉研修・情報センター)(2)社会福祉研修・情報センター

[締め切り]6月12日(消印有効)

[申し込み][問い合わせ](大阪市ホームページ)に掲載の申込用紙に必要事項を書いて、送付・ファックス・(Eメール)で、〒557-0024西成区出城2-5-20 社会福祉研修・情報センター3階、大阪市成年後見支援センターへ。

(電話)4392-8282 (ファックス)4392-8900

 

児童虐待の通告・相談は、24時間365日対応の

「児童虐待ホットライン」[フリーダイヤル]0120-01-7285(まずは一報 なにわっ子)にお電話ください。

児童虐待防止PR動画はこちら

5月は児童福祉月間です~養育里親になりませんか?~

大阪市には、さまざまな事情により家庭で暮らせない子どもたちが約1,200人います。こうした子どもたちを、自身の家庭に迎えて、温かい愛情と正しい知識を持って育ててくださる里親を募集しています。短期の預かりでも可能です。

 

里親相談会

里親制度や登録方法について個別に説明します。事前申し込みは不要ですので、お気軽にお立ち寄りください。

[日時・期間](1)5月10日(日曜日)13時30分~16時30分(2)6月2日(火曜日)17時~19時

[会場](1)もりのみやキューズモールBASE (2)イオン喜連瓜破店

[問い合わせ]こども相談センター

(電話)4301-3156 (ファックス)6944-2060

マイナンバーカードを取得しましょう!

マイナンバーカードは、顔写真付きの本人確認書類として使えるほか、コンビニでの住民票の写しや課税証明書の取得などにも利用でき便利です。

 

マイナンバーカードがあれば最大5,000円分のマイナポイントがもらえる!

マイナンバーカードを取得し、事前に必要な手続きをされたかたが、9月以降に一定額分をキャッシュレス決済等すると、一人あたり最大5,000円分のマイナポイントがもらえます。まずはマイナンバーカードを作って、各区役所に設置している特設ブースや対応スマホでマイナポイントを予約(マイキーIDを設定)しましょう。

 

マイナンバーカードの申請がさらに便利に!

難波サービスカウンターでも、マイナンバーカードを申請できるようになりました(月曜日~金曜日は9時~19時、土日祝は10時~19時)。申請はご本人に限ります。申請後、カードは自宅で受け取れます。必要書類については(大阪市ホームページ)をご覧ください。

 

[問い合わせ]マイナンバー総合フリーダイヤル (フリーダイヤル)0120‐95‐0178 (ファックス)0120‐601‐785(平日9時30分~20時、土日祝9時30分~17時30分)

区役所でのマイナポイント予約:マイナポイント特設ブース運営事務局

(電話)6260-4333 (ファックス)6260-4334(平日9時30分~17時)

マイナンバーカードの申請:市民局住民情報担当 (電話)6208-7337 (ファックス)6202-7073

 

 

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

※(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室市民情報部広報担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7251

ファックス:06-6227-9090

メール送信フォーム