ページの先頭です

水道工事など不正が行われないよう管理してください

2019年4月26日

ページ番号:467327

市民の声

 水道工事の不正が発覚しましたが、今後は日本のまともな企業に委託し、水道工事など不正が行われないよう厳しく管理して下さい。
 水道法改正による民営化で外資系企業に水道工事を委託するのはやめて頂きたい。

市の考え方

 この度、当局発注の水道工事において、不適正施工問題が発生したことに関して、市民の皆様の信頼を損ねましたことを深くお詫び申し上げます。
 現在、平成24年度完成分以降の水道局の全工事に対して調査を実施しているところですが、調査完了次第、速やかに調査結果の公表を行うとともに、不適正施工を行った業者に対して、入札参加資格停止や損害賠償請求を行ってまいります。
 また、民営化に関する申し出につきまして、本市水道事業では、近い将来発生が予想される南海トラフ巨大地震等に備え、老朽化が進む管路の更新・耐震化を大幅に促進し、安心・安全の強化を図ることなどを目的とした官民連携手法の導入について検討を重ね、平成31年2月に『改正水道法の適用によるPFI管路更新事業と水道基盤強化方策について(素案)』(以下、「素案」という。)を取りまとめたところです。
 素案では、平成30年12月に成立した改正水道法に基づく新たな運営権制度(自治体に水道事業者としての責任を保持させたまま、民間の活力を活用する仕組み)を本市の管路更新事業に適用し、公営の水道事業者として組織力の強化を図りつつ、民間のノウハウを活用した管路更新の大幅なペースアップを実現するとともに、大阪府域をはじめ広域的な水道基盤強化にも貢献していくこととしています。
 なお、水道事業運営全般を民間に委ねる、いわゆる「民営化」をする予定はございません。

(参考)
『改正水道法の適用によるPFI管路更新事業と水道基盤強化方策について(素案)』
大阪市トップページ>組織から探す>水道局>経営情報>新たな官民連携手法導入の検討

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

水道局 西部水道センター
(電話番号:06-6531-9073)
水道局 総務部 経営改革課
(電話番号:06-6616-5412)

対応の種別

説明

受付日

2019年2月11日

回答日

2019年2月25日

公表日

2019年4月26日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない