ページの先頭です

水道工事の不正について

2019年4月26日

ページ番号:467349

市民の声

 新聞報道などで水道局の水道工事の不正について報道されていますが、役所の監視体制を強化するのはそのとおりですが、業者がデータを改ざんし、利益を得たのであれば悪質な詐欺です。
 市民の税金を搾取した詐欺です。
 はっきりいって3か月の指名停止では甘すぎます。業者全員処分してください。
 また、一部報道にあるようマニフェストを偽造したのであれば産業廃棄物処理法違反で刑事罰を科する必要があります。
 マニフェストを偽造しているのであれば大阪府警に刑事告訴してください。
 大阪府警の方にもお知らせください。

市の考え方

 この度、当局発注の水道工事において、不適正施工問題が発生したことに関して、市民の皆様の信頼を損ねましたことを深くお詫び申し上げます。
 現在、平成24年度完成分以降の水道局の全工事に対して調査を実施しているところですが、調査完了次第、速やかに調査結果の公表を行うとともに、不適正施工を行った業者に対して、入札参加資格停止や損害賠償請求を行ってまいります。
 マニフェスト伝票の偽造に関しては、現在関係局において調査しているところですが、今後、調査結果が出た際にはその内容に応じて厳正に対処してまいりたいと考えております。

担当部署(電話番号)

水道局 北部水道センター
(電話番号:06-6391-6173)

対応の種別

説明

受付日

2019年2月13日

回答日

2019年2月25日

公表日

2019年4月26日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない