ページの先頭です

住吉区役所住民情報課職員の対応について

2019年4月26日

ページ番号:467361

市民の声

 2ヶ月ほど前ですが、引きこもりがちの息子(高校生)が少しでも社会との接点、大人になっていく自覚作りのきっかけになればと思いマイナンバーカードの作成を依頼しました。
 出来上がったカードは、原則、本人がとりに行かなくてはいけないことは、わかっていましたが、精神的に外に行くのが難しそうだったため、交付先の区役所に代理人が取りに行くことができないか?その場合、どういうものが必要かを電話で問い合わせてみました。
 結果的に代理人が取りに行くことは、やはり原則的に無理なことは理解できました。
 ただ最後に「引きこもりで外出されないのにマイナンバーカードをなんで作られたのですか?」という言葉に、怒りを超えて残念でなりませんでした。
 その後、本人を促し、なんとか取りに行かせることができたのですが2ヶ月以上たってから、「窓口の人に、本人にしか交付されないことを知らなかったんですか?」と小馬鹿にされていたことを打ち明けてきました。
 こういう対応は、絶対にやめてほしいです。
 難癖をつけてくる利用者は確かにいるでしょう。
 でも、大袈裟ではありますが意を決して外へ今日、一歩でた人もいるかも知れません。
 難癖の裏にも、何か事情があるのかも知れないし、うちのように、暗く声の小さいハッキリしない若者もくるかも知れません。
 もう少し、柔軟性のあるあたたかい対応を心がけてほしいと思います。
 また、別件でも案内窓口で資料を探していることを尋ねると1人の方は、「ないです」で終わらせようとした所、別の方が出てきて探してくれる案内窓口にあったこともあります。
 区役所はその区の顔だと思います。
 住吉区は人権問題にも力を入れているのだからその代表格であってほしいと思います。
 区民にとってただ単に手続きするだけの場所ではない魅力的な区役所であってほしいと願います。

市の考え方

 このたびは、電話でお問合せいただいた際およびマイナンバーカード交付の際に、ご不快な思いをされたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。
 マイナンバーカードの交付にあたりましては、職員が直接本人確認をさせていただいたうえで、カードを交付することが可能であると説明させていただいておりますが、その際、申出人様に寄り添った対応が十分にできておらず、ご不快な思いをさせてしまうことになったと考えております。
 今回のご意見をお受けしまして、市民の方のお気持ちに配慮した対応、説明に徹するよう全職員に周知徹底いたしました。
 今後、改めて市民の立場に立った接遇を心がけ、区役所を利用される方々が気持ちよくお帰りいただくことができるよう、職員一人一人がより一層丁寧な対応に努めてまいりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

担当部署(電話番号)

住吉区役所 住民情報課
(電話番号:06-6694-9963)

対応の種別

説明

受付日

2019年2月15日

回答日

2019年3月1日

公表日

2019年4月26日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない