ページの先頭です

介護保険料納付と督促状について

2019年5月1日

ページ番号:467471

市民の声

 私は西淀川区民で、昨年(平成30年)7月31日で65歳になりました。
 その半年ぐらい前には、65歳から年金を受け取る手続きをしました。
 7月の給与までは、介護保険料が引き去りされていましたが、65歳になった8月からは年金から差し引かれると聞いていました。
 ところが、10月に振り込まれた年金(8月分と9月分)からは、介護保険料が差し引かれていませんでした。
 そして、保健福祉課から振込用紙が届きました。問い合わせをしたところ、手続きが間にあわなかったので、振り込むように言われました。それで、年金が振り込まれていた翌日に年金該当月の8月分と9月分を銀行から振り込みました。
 次に12月に振り込まれた年金(10月分と11月分)からもまだ介護保険料が差し引かれていませんでした。
 それで、また年金が振り込まれていた翌日に、年金当該月の10月分と11月分を銀行から振り込みました。
 ところが、保健福祉課から11月分の督促状が届きました。
 びっくりして銀行に電話をかけて、2ヵ月分納付されたかどうかを調べてもらいました。(確かに納付されていました)
 そして、今年の2月に振り込まれる年金から、ようやく「介護保険料(2ヵ月分)を差し引きます」という連絡がきました。そして、振り込まれた年金から確かに「12月分と1月分」が差し引かれていました。
 ところが、また保健福祉課から1月分の督促状が届きました。督促状には、「本書到着前に納付済みでしたら行き違いですので、ご了承ください。」と書かれていました。もし、振り込め詐欺ではなく、本当に保健福祉課からでしたら、郵便代とか用紙代・印刷代・それにかかる人件費用等、経費の無駄使いですし、それに振り回されるこちらや銀行は、いい迷惑です。
 年金受け取りの半年前ぐらい前には連絡しているのに、支給日に手続きが間に合わないという事自体、仕事のやりかたがおかしくないですか?無駄な督促状を作成するよりも、支給日に手続きが間に合うように仕事をされたらどうですかね!!
 保健福祉課にも手紙も出しましたが、再三、督促状を送ってこられます。あまりにも納得できないので、少し詐欺かも?とも思っています。
 本当に保健福祉課からでしたら、何とかしていただけませんか。
 何卒よろしくお願い申しあげます。

市の考え方

 まず、介護保険料特別徴収(支給される年金から保険料を差し引く方法)につきましては、65歳になられてから6か月後以降に開始されますので、お申出人様には昨年12月下旬に介護保険料決定通知書によりお知らせしたとおり、平成31年2月より特別徴収を開始しております。平成31年2月に支給された年金から差し引いた介護保険料は平成31年2月分と3月分になる旨をご理解ください。
 したがって、平成31年1月分までの介護保険料につきましては、普通徴収(口座や窓口、納付書で入金する方法)となりますので、お送りしている納付書等で介護保険料を納めていただくこととなっております。そして納期限までに納付が確認できない場合は納期限から30日以内に督促状を発送することとなっております。
 なお、金融機関やコンビニ等で納付された場合、本市が収入を確認するまでに2週間程度を要することがありますが、現時点でお申出人様の平成30年12月分および平成31年1月分の介護保険料の納付は確認できておりません。お手数ですが、納付の手続きがお済みでない場合はお手持ちの納付書等で速やかに納付いただきますようお願いいたします。
 

担当部署(電話番号)

西淀川区役所 保健福祉課
(電話番号:06-6478-9859)

対応の種別

説明

受付日

2019年3月6日

回答日

2019年3月20日

公表日

2019年5月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない