ページの先頭です

区役所駐車場有料化に関する質問

2019年6月1日

ページ番号:470457

市民の声

 区役所の駐車場は「不正駐車の排除のためコインパーキングとなる。ただし、民業を圧迫しないため、近隣の駐車場を参考にし、他のパーキングより安くすることはしない。」という話が町内会よりありました。ところが最近、町内会からの風の噂では、最初の話とは大きく異なるため、真偽を確かめるため区役所を訪れましたが料金体系については説明がありました。以前の説明とは異なるため質問したのですが、説明があるどころか市職員として不適切な発言があり、心を痛め、仕方なく質問状を提出するに至りました。

 「不正駐車の排除」については良い事だと思いますが、駐車料金を一律に徴収する(身体障がい者は除く)ことには疑問を呈さざるを得ません。本来、区役所の駐車場は区民のための行政サービスの一環として設置されていたものです。長時間の負担は金銭的負担も大きくなります。市の土地を有効活用することには反対しませんが、身体障がい者以外にも高齢者、妊婦、小さな子を持つ母親など車での来訪が必要な人は沢山います。サービスを悪化させてまで行政が収益を得る必要があるでしょうか。
 「民業を圧迫しないため。近隣の料金を参考にし、他のパーキングより安くしない」との説明をしておきながら、「安くしない」どころか土曜日、日曜日、祝日は最大料金を設け近隣最安値(600円)で顧客の囲い込みをしています。これでは「民業を圧迫しない」どころか優越的地位と規模で民業を圧迫しているのは明白です。
(1)「不正駐車の排除」の当初の説明からなぜ一律に駐車料金を徴収することになったのか?
(2)来訪者への行政サービスを悪化させてまで駐車料金を徴収し、収益を得る必要があるのか?
(3)「民業を圧迫しないため近隣の料金を参考にし、他のパーキングより安くしない」と説明しておきながら、近隣の最安値で民業を圧迫してまで、なぜ行政が収益を得る必要があるのか?

 上記、(1)~(3)の質問に納得できる明瞭な説明を文書(前述の通り口頭による説明がなされなかったため)によりご返答いただけるようお願い申し上げます。

市の考え方

 大正区役所駐車場の有料化につきましては、有料化によって得られた収入を、地域防災として、災害時用の備蓄物資や無線機等の購入経費、また、地域福祉を推進するにあたって必要となる事業費等に充てるために導入したものでございます。
 駐車料金につきましては、公共交通機関を利用して来庁される方との公平性、さらに、駐車場の維持管理費用などを勘案し、受益者負担の観点から、駐車料金を頂くこととさせていただきました。(ただし、身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳のいずれかをお持ちの方が自動車で来庁される場合は、無料の駐車券を発行しております。)
 金額につきましては、近隣の駐車場や他の区役所の状況を勘案のうえ、入札(価格提案)により落札した運営事業者と協議のうえ決定いたしましたが、民業を圧迫するものとは考えておりません。
 なお、「不正駐車の排除のため」や「民業を圧迫しないため、近隣の駐車料金を参考にし、他のパーキングより安くしない」との説明があったとのお申し出でございますが、「近隣の駐車場料金は参考に」した以外の点につきましては、そのような説明をしておりませんので、申し添えさせていただきます。

担当部署(電話番号)

大正区役所 総務課 庶務グループ
(電話番号:06-4394-9683)

対応の種別

説明

受付日

2019年4月1日

回答日

2019年4月12日

公表日

2019年6月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない