ページの先頭です

大阪市選挙管理委員会の対応について

2019年6月1日

ページ番号:470475

市民の声

 選挙が今年は続くらしいが、本当に大丈夫なのか。東淀川区役所で投票用紙を間違って渡すということがあったという報道があったが、気になるのは大阪市選挙管理委員会の動き。再発防止策を練っているのか。私の見る限り、区役所に「しっかりやれ」と言うことしかしていないように見える。まるで自分たちに責任はないと言わんばかりのごとく。
 これは私の勤務している会社でもそうなのだが、支社で何か起こると、本社から再発防止だとか何とかせよと通知されるのだが、それだけ。支社任せとなっているし、本社が責任はとらない。
 それが今回選挙管理委員会で起こっているように見えるのだが、気のせいであってほしい。
 昨日に期日前投票に行ったが、特に代わり映えしないように見えた。
 今年は衆参ダブル選挙があるなどという噂もあるし、しっかりしてもらいたい。大阪都構想の住民投票が参議院選挙と同日でやるなんて噂もあるし、そうなると混乱すると思う。報道を見ていると、今回は四重選挙で混乱していると報道されているし、衆参ダブル選挙に加えて住民投票となると、大阪市選挙管理委員会は対処できるのか。区役所の責任にするだけなら、誰でもできるんでね。区役所のようなそういう支社みたいなところの責任にして、本社が責任をとらないみたいなことは、やめてもらいたい。

市の考え方

 現行の公職選挙法上、指定都市においては各区の選挙管理委員会ごとに投票を管理することとなっておりますが、大阪市選挙管理委員会としましては、選挙事務を円滑に遂行するため、事前に過去の問題事例を挙げ、再発防止策を具体的に示す等、研修・指導を行っております。それでも今回のように問題事例が発生した場合は、区選挙管理委員会事務局から原因等を聞き取り、今後の再発防止策について確認するとともに、他区へは注意喚起を行い指導を行っています。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

行政委員会事務局 選挙部 選挙課
(電話番号:06-6208-8511)

対応の種別

説明

受付日

2019年4月6日

回答日

2019年4月19日

公表日

2019年6月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない