ページの先頭です

空家を早く解体してください

2019年6月1日

ページ番号:470477

市民の声

 昨年から何度もお伝えしています大阪府大阪市福島区内、ビニールシートで覆われた空き家。平成30年の台風21号の翌日、ビニールシートがめくれ、中の骨組みが丸見えの状態の空き家について。
 現在も倒壊建物の中が丸見えになっております。隣の広い敷地が解体し、裏から該当建物が丸見えとなり、今にも崩れそうな状態です。
 平成30年から何度もお伝えしてる中で「所有者から解体の予定は聞いている」と貴殿から返答をいただいております。しかしながら、あれから半年近く経ちますが何の変化もありません。解体の話はこちらを黙らせる適当な回答ですか?「ビニールシートは一時的なもの」と所有者本人も貴殿も言っておきながら半年以上放置で、今はそのシートがめくれ、風や雨で通行者に瓦礫等が当たりそうな危険な状態です。
 数年に渡り、何回も言ってますが、早く解体してください。無理なら行政が行ってください。空き家法ご存知ですか?
 次に回答を頂く時はいつ解体するのかだけを教えてください。毎度のように「所有者に再三指導してます」の報告は結構です。再三指導されてないのは建物を見て分かりますので。

市の考え方

 お問い合わせいただきました空家につきましては、この間、建物所有者に対して改善するよう指導してきたところであり、建物所有者から改善の意思を聞かせていただいております。
 この度、「いつ解体するのかだけを教えてください」とのお問い合わせにつきましては、建築物の解体の際に必要となる「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)」に基づく届出が平成31年1月に担当する都市計画局に提出されていることから、解体される予定となっていますが、現時点では工事着手されていない状況です。
 つきましては、今後、早期の建物解体が図られるよう、指導に努めて参ります。

担当部署(電話番号)

福島区役所 企画総務課(まち魅力推進)
(電話番号:06-6464-9908)

対応の種別

説明

受付日

2019年4月8日

回答日

2019年4月22日

公表日

2019年6月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない