ページの先頭です

自転車の交通ルール順守にかかる対策について

2019年6月1日

ページ番号:470479

市民の声

 交通ルールを知らない悪質自転車が多すぎるので、もっと啓蒙していただきたいです。
 特に気になる場所は、城東区は(1)放出駅北口、南口周辺の歩道(2)国道479号線沿いの歩道、鶴見区は今福鶴見駅から東へ向かう国道8号線沿いの歩道です。
 違反運転の例を挙げますと、
(1)歩行者が歩いているのに、歩行者が止まって避けないと正面衝突するような速度でまっすぐ突っ込んでくる。
(2)歩行者を退かせる目的で、後ろからベルをしつこく鳴らし、挙句の果てには「鳴らしてんのに聞こえへんのか?」などと暴言を吐く愚か者(子乗せ主婦や中高年が大半)に何度も遭遇する。
 上記いずれも歩道での出来事です。自転車通行可の標識があっても、歩行者にむやみにベルを鳴らしたり、接触事故が起きそうな速度で通行するのは道路交通法違反であるという認識が欠けていると思われます。警察をはじめ、関係各所の方々が啓蒙活動をされているようですが、未だに違反者が蔓延っているので大変危険だと思います。違反者取り締まりの強化とともに、路上に周知看板を設置するなど、対策を検討していただけないでしょうか。

市の考え方

 自転車の危険走行の防止や交通事故の防止には、自転車利用者一人ひとりに対するマナーの啓発と自転車利用者本人の理解が必要不可欠であることから、城東警察署と連携し、交通ルールについて周知・徹底を図る啓発活動に努めているところです。
 また、交通ルール遵守や放置自転車対策としまして、関係機関、住民団体等と協働し区内での街頭啓発活動を行っております。
 今後も自転車の交通マナーについての啓発は城東警察署と連携し、継続して行ってまいります。
 なお、本件につきましては、城東警察署にも情報提供を行っております。

担当部署(電話番号)

城東区役所 市民協働課
(電話番号:06-6930-9045)

対応の種別

説明

受付日

2019年4月8日

回答日

2019年4月18日

公表日

2019年6月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない