ページの先頭です

浪速区役所の住民票発行窓口での対応について

2019年6月28日

ページ番号:472542

市民の声

 2019年2月下旬、住民票の写しが当日14時までに至急必要となり12時頃に浪速区役所へ来庁。
 申込み後に国民健康保険料の遅延が発覚し、住民票どころか浪速区から住民登録が抹消されていることが発覚。
 移動も多いため登録先住居へなかなか帰らずにいたのは事実ですが、普段は保健課などから案内電話などがあり私の電話番号は周知のはずの中、住民登録抹消は何も連絡なく行われており、その後、いろんな部署へたらい回しに。そこまでは職員さんは丁寧な対応でしたので仕方なく感じてはいたのですが、そのあと、浪速区役所窓口サービス課の職員Aへ引き継がれました。この方が区役所職員とはあるまじき対応で終始こちらをバカにした態度で常に話もコロコロ変わり、こちらもイライラが募ってきました。
 大切な時間も迫ってきたので、これで最後の質問なのかを確認しても結局は追加質問が増えていく一方。友人の番号や家族構成など疑われる始末。(この間、無礼を詫びる事もありません。)
 詫びるどころか住居移動の多さに前例がない、保険代を払ってないのが悪いなどバカにしたことばかり言ってくる始末。
 それに対して激高するのを無視をして睨みも効かせてきました。
 時間も過ぎ、予定が流れ、それに要した経費は無駄となりました。
 弁償いただきたい気分です。
 こちらも気分も悪くなり、結局何も出来ぬまま3時間近く無駄な時間を過ごしてしまいました。
 後日、保険や住居票を再度申請するため、そして前回の対応のされ方を避けるため区役所へ電話確認し、再度区役所へ。
 最初は感じの良い男性職員さんが対応してくれていたのですが、職員Aがそこからコソッとその職員さんに何かの資料(先日の案件を自分に都合よく捏造した報告書なのか?)を見せ、結局また時間がかけられてしまう事に。こちらも激高してしまいましたが他の職員さんの対応でスムーズに運びました。帰りに職員さんへ激高したことを詫びているときも職員Aは睨みつけてきました。

 なぜ、職員Aのような方を窓口において応対させているのでしょうか?
 心なき職員の一存で住民票や保険証が発行出来ないこのような事があってよろしいのでしょうか?

市の考え方

 先日はご来庁の際に、窓口業務に従事している委託事業者のスタッフの対応が十分でなかったため、お手数をお掛けすることになりましたことを深くお詫び申し上げます。
 今回、住民票の写しの請求に来庁いただきましたが、以前に国民健康保険の通知等が届かなかったために居住実態が確認できず、新たに申出があった場所についても住民基本台帳法第4条における「住所」、すなわち民法第22条における「生活の本拠」とするに適切でなかったために住民票が発行できなかったものです。
 また、再度来庁された際には、申出があった住所が「生活の本拠」となりえるかを慎重に確認するため質問が多くなってしまったものであります。
 ご指摘いただきました件につきましては、直ちに委託事業者に対し、適切な対応、丁寧な説明を行うよう改めて指導いたしました。
 また、ご指摘いただきました内容を踏まえ、委託事業者のみならず、区役所職員に対しましても、市民の皆様の目線に立ったわかりやすい説明と、親切で丁寧な窓口対応を心がけ、来庁者の方が気持ちよくお帰りいただけるよう、周知徹底を図りますとともに、窓口サービスの向上に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

担当部署(電話番号)

浪速区役所 窓口サービス課(住民情報)
(電話番号:06-6647-9963)

対応の種別

説明

受付日

2019年2月27日

回答日

2019年3月8日

公表日

2019年6月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない