ページの先頭です

インテックス大阪で開催されたイベントに対しての安全管理について

2019年6月28日

ページ番号:472560

市民の声

 インテックス大阪で開催された、アイドルグループのイベントに子どもの引率で同行しました。
 大変な集客で大混雑だったのですが、部分的に混雑のあまり危険も感じるところがありました。
 インテックス大阪レベルの規模で行列を形成する際のスタッフ配置などの規定(条例)は無いものでしょうか。
 特に3号館の状況は酷く、スタッフは最後尾2名と出口外に3~4名、館内は他にはスタッフは無し。行き場もないラッシュ時の満員電車のような人口密度で、天災や悪意の有る事件がここで発生した場合には、ひとたまりもないような状態でしたし、そのような事でなくても将棋倒し状態などのリスクも大いに有ったと感じています。
 3号館だけに限ってですが列を作るための仕切りもラバーコーンにロープをつないだだけのもので高さがなく近くでないと認識出来ない状態、倒れていて機能していないばかりか、転倒の原因になってしまいそうなコーンやロープも複数ありました。将棋倒しにはよくならなかったものだと胸を撫で下ろしています。
 営利目的であるイベント開催側の安全意識だけに頼らず、大規模行列を密閉空間で計画的に形成する場合の安全基準や監督義務など、有るべきだと思いましたし、すでにあるのであれば、前述の状態について主催者に調査を頂きたいと思っています。
 大きな事故にならないうちにと思い報告させていただきました。

市の考え方

 インテックス大阪の管理につきましては、本市とインテックス大阪運営共同事業体(以下「運営事業者」という。)との間で施設の賃貸借契約並びに事業運営に関する協定を締結し、双方協力のもとで公益目的を有する国際見本市会場としての施設運営に取り組んでいるところです。
 施設利用に係る安全管理については、当該契約並びに協定において、運営事業者に対して、催事主催者・出展者・来場者(施設利用者)への施設利用に係る安全確保に最大限配慮することを義務付け、本市とともに責任を持って安全な施設の運営に取り組んでおります。
 個別の催事の安全確保の取り組みとしては、現在、運営事業者において大規模行列を形成する場合の安全規定等は策定しておりませんが、催事開催前に、主催者に対して当日のスケジュールやスタッフの配置箇所・人数、施設の使用方法、緊急時の対応等を記載した事業実施概要を提出することを義務付けております。
 主催者から提出された事業実施概要を基に、運営事業者において安全確保に必要な対策の徹底について確認、指導等を行っております。また、合わせて、主催者が所轄の警察署及び消防署に対する必要な協議や申請についても適切に実施し、承認を受けたうえで催事を実施しております。
 今回、お寄せいただいている案件について運営事業者から主催者に確認したところ、当初は事前に提出された事業実施概要の計画通りに必要なスタッフを配置する等の安全対策を行っていましたが、当日の会場の状況において、来場者が前列部に集中し混雑したことや予想を上回る来場者数であったことから、急遽、来場者の安全確保を最優先する対応として、待機列区画の変更やスタッフ配置の変更を行いました。
 その結果、当該対応の変更を行った際に、一時的に待機列の整理用資材や3号館内のスタッフ不足が生じてしまったとのことです。
 また、再発防止策として主催者からは、今回の事案を教訓に、今後、待機列の緊急時用資材の準備やスタッフの増員、3号館内での待機人数を減らす等の安全対策を強化していくとの報告を受けております。

 本市並びに運営事業者としましても、施設利用に係る安全管理について、緊急時の対策を含めた事前の事業実施概要の確認、指導をより徹底し、施設利用者の皆様に安心して催事を楽しんでいただけるよう努めてまいります。

担当部署(電話番号)

経済戦略局 立地交流推進部 国際担当
(電話番号:06-6615-3746)

対応の種別

説明

受付日

2019年3月25日

回答日

2019年4月8日

公表日

2019年6月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない