ページの先頭です

住之江区広報紙「さざんか」4月号の「犬や猫を愛する皆さんへ」の記事について

2019年6月28日

ページ番号:472581

市民の声

 さざんか4月号の記載事項を見て!
 のら猫に餌を与えることに対して容認されているのですか?
 糞尿や毛束の吐き出しは誰が処理するんでしょうか?
 あの文章は理解出来ません。のら猫への餌やりは身勝手で無責任です。

市の考え方

 区役所にお寄せいただく野良猫に関するご相談で多いのが、無責任なえさやり等による生活環境被害についてです。
 猫へのえさやり行為につきましては、当該行為を規制する法令等がなく、非常に難しい問題となっております。
 しかしながら、無責任なえさやり行為を容認するものではなく、えさやりをされている方が判明しましたら、無責任にえさを与えないように指導しています。また、野良猫に無責任にえさやりをしないように広報活動や啓発用ポスターやリーフレットの配布等を行っています。
 糞尿被害の軽減のためには、繁殖行動に伴ったマーキングを減らすための不妊去勢手術と野良猫用トイレの設置を指導しています。
 本市ではこうした野良猫による被害を軽減するために「所有者不明猫適正管理推進事業」の取り組みも進めています。
 猫への無責任なえさやり行為に対するご相談や「所有者不明猫適正管理推進事業」についてのご質問等ございましたら、担当の窓口までご連絡ください。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

住之江区役所 保健福祉課(健康支援)
(電話番号:06-6682-9973)

対応の種別

説明

受付日

2019年4月2日

回答日

2019年4月10日

公表日

2019年6月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない