ページの先頭です

官製談合疑惑にかかる職員の処分について

2019年6月28日

ページ番号:472589

市民の声

 官製談合疑惑について大阪市の回答をホームページで確認したが、当たり障りのない回答しかなされていない。逮捕された職員は当然だが、その職員を管理していた上司やその上の上司は処分もされないのか。個人だけ逮捕し、組織として仕事をしていた他の職員は逮捕も処分もされないというのはどうなのか。組織として厳正な処分を望む。また、処分内容も公表して欲しい。

市の考え方

 今回の本市職員の逮捕につきましては、全市をあげて不祥事の根絶に取り組んでいる中、また、法を守るべき立場にある公務員としてあるまじき行為であり、市民の皆様の本市に対する信頼を著しく失墜させましたことを深くお詫び申し上げます。
 逮捕されました職員2名につきましては、平成31年3月27日付けで起訴されましたので、本市として事実確認を行うとともに公判の行方を見守り、事実関係が確認でき次第、厳正に対処してまいります。また、建設局としましても今回の事案を重く受け止め、原因究明はもとより再発防止に努めてまいる所存です。
 今後の対応等につきましてもこれまでどおり、報道発表資料等で公表してまいります。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

建設局 総務部 職員課
(電話番号:06-6615-6448)

対応の種別

説明

受付日

2019年4月4日

回答日

2019年4月18日

公表日

2019年6月28日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない