ページの先頭です

未就学児の一時預かりについて

2019年7月1日

ページ番号:472698

市民の声

 中央区の一時預かりについて、3歳児は一時預かりお断り?
 公立幼稚園が実施する未就学3歳児の支援活動(週2・1日2時間)のとあるクラブに登録しています。(公立幼稚園落選のため)
 かつ近所の公立保育所の一時預かりにも月1回預けてきましたが、保育士さんに「クラブがはじまったら秋頃から一時預かりはできない。0歳児を優先に入れてあげたいので。」と預けることができなくなると言われました。下に1歳児の子がいますが、それは預かることはできると言われました。どちらも同じくリフレッシュ枠で預けてきました。なぜでしょうか?市からの指導の通りなのでしょうか?当該のクラブというのは、週2で午前中9時~11時半までの活動で、秋頃から13時までの活動になります。幼児教育ではありません。あくまでも未就学児の支援活動のはずです。園長も仰られていました。支援活動に行くことと、公立保育所の一時預かりは関係ないですよね?それとも相当な0歳児の数が1日何人も毎日緊急に預かることが起こっているのでしょうか?
 預けたい人がたくさんいてパンパンなのはわかりますが、全員が全員病気怪我出産就労の理由ではないでしょうしあまりに不透明な説明です。
 クラブの活動もたった週2だけの話です。まるでそれでリフレッシュできてるでしょ?一時預かりは必要ないですよね?と言われてるようでした。自ら2年保育を望んでいるわけではなく公立幼稚園に入れない思いで息苦しいところ、 なぜなのか正しい説明をいただきたかったです。
 0歳のほうが保育士の数がたくさん必要かとおもうので今回のケースに保育士不足は関係ないかとも思います。
 なにかの間違いであれば、至急、市からの指導改善をお願いします。
 追伸:一時預かりの登録もとてもアナログで不便に思います。今後ホームページやアプリなどでひと目で、一時預かりの現状や申込状況がわかれば良いですね。

市の考え方

 大阪市立保育所における一時預かり事業では、大阪市内に在住する生後6カ月から就学前の児童が、ご家庭において保育を受けることが断続的または一時的に困難となった場合に一時保育を実施しております。
 ご意見をいただきました、公立幼稚園が実施する未就学3歳児の支援活動に登録している方についても、本事業をご利用いただけます。
 この度は、ご不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
 当該保育所にも利用可である旨伝えておりますので、今後も継続してお申し込み下さい。
 ただし、ご利用を希望していただいています保育所におきましては、年間通して利用申し込みが非常に多く、ご希望通りの日数をお受けできない状況になっております。
 できるだけ多くの方にご利用していただけますように、利用調整をさせていただいており、特に年度の後半は、0歳児の利用申し込みが増加するため、利用申し込みをされた全員の方にご利用していただくことが難しい場合があります。
 本市の一時預かり事業においては、お住まいの区以外の一時預かり事業もご利用いただけますので、他区の一時預かり事業の利用もご検討ください。
 一時預かり事業の登録・申し込み状況については、お子様をお預かりする事業ですので、体調面や生活面などを面談にて詳しくお聞きする必要があります。
 申し込み状況については、お子様の状況も個々に違いがあり、様々な配慮が必要な場合もあることから、年齢や人数のみでは利用決定することができませんので、現在の申し込み方法になっております。

担当部署(電話番号)

こども青少年局 保育施策部 保育所運営課
(電話番号:06-6208-8115)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月6日

回答日

2019年5月20日

公表日

2019年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない