ページの先頭です

公開請求における公開文書について

2019年7月1日

ページ番号:472708

市民の声

 公開請求における公開文書について、福祉局以外すべての所属が公開している内容・部分について、福祉局のみが非公開としています。
 このことについて、総務局職員を通じて、福祉局長回答を求めたところ、「・・・この決定は条例に基づき適正に行ったもの・・・」とある。
 同一の公開請求において、各所属で公開する部分・内容がまったく異なっております。
 制度を所管する総務局長の見解を求めるとともに、誤った判断を行った所属に対して、適切に対応するよう指導していただきますようお願い申し上げます。

市の考え方

 大阪市情報公開条例(以下「条例」といいます。)に基づく情報公開請求があった場合には、請求に係る公文書を管理している所属において公開・非公開の決定(以下「公開等の決定」といいます。)を行うことになっており、請求に係る公文書に条例第7条第1号から第7号までに定める非公開とすべき情報(以下「非公開情報」といいます。)が含まれているか否かについても当該各所属において判断されることになります。
 総務局では、各所属において条例に基づく公開等の決定の判断等が適正に行われるよう「情報公開条例解釈・運用の手引」や「情報公開推進のための指針」を作成し、各所属に対して周知等を行っていますが、これらの手引や指針で、大阪市のあらゆる公文書の内容について非公開情報にあたるか否かの判断基準等を網羅的に定めることはできないことから、情報公開請求に対して特定した公文書に非公開情報が含まれているか否かについては、各所属において対象となる個々の公文書の内容に応じて個別・具体的に判断されることになります。
 したがって、同一の情報公開請求であっても、複数の公文書が請求の対象として特定された場合には、個々の公文書の内容によって非公開となる部分が異なることも考えられますので、個別の公開等の決定についてご不明な点は、当該決定を行った所属にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

担当部署(電話番号)

総務局 行政部 行政課(情報公開グループ)
(電話番号:06-6208-9826)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月8日

回答日

2019年5月22日

公表日

2019年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない