ページの先頭です

市長の公用車での喫煙について

2019年7月1日

ページ番号:472737

市民の声

 市長が喫煙するのは個人の嗜好なので何も言えないが、公用車での移動中に喫煙するのは、運転手などの同乗者が受動喫煙をしてしまうので問題ではないか。市長が同乗者に煙草を吸ってもいいかと聞いたところで、嫌とはいえないと思う。これは、ある種のパワハラではないかと私は思っている。大阪市としても受動喫煙の防止に取り組んでいるのだから、トップである市長が、公用車での喫煙をやめれば、公用車での受動喫煙はなくなる。市として今後も市長の公用車での喫煙を認めるのか検討して考え方を教えてほしい。

市の考え方

 市長の公用車での移動中の喫煙については現時点では制限を設けておりませんが、マナーを守り、かつ最小限の喫煙となるよう、同乗者への配慮に努めているところです。今後とも、望まない受動喫煙を生じさせることのない環境づくりに努めてまいります。

担当部署(電話番号)

政策企画室 秘書部 秘書担当
(電話番号:06-6208-7237)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月14日

回答日

2019年5月28日

公表日

2019年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない