ページの先頭です

歩きタバコの全面禁止について

2019年7月1日

ページ番号:472739

市民の声

 大阪府内での歩きタバコの全面禁止を求めます。
 特に梅田周辺での歩きタバコがひどいです。
 家族が喘息を患っているのですが、歩きタバコのせいで咳き込んでしまうことが多々あります。
 また、コンビニ前に設置してある吸い殻捨ても排除すべきです。そのせいで、「そこで吸ってもいいんだ」という間違った習慣を与えてしまいます。
 何かしらの罰則等を検討しない限りなくならないと思います。
 どうか、ご検討よろしくお願いいたします。

市の考え方

 大阪市では、市民の皆様の安心、安全及び快適な生活環境を確保することを目的として、平成19年4月に「大阪市路上喫煙の防止に関する条例」を施行し、道路、広場、公園その他の公共の場所で、他人に迷惑や危険を及ぼすおそれのある喫煙はしないよう、自主的な努力を促すとともに、有識者・各種団体等の代表者で構成された「大阪市路上喫煙対策委員会」(以下、「路上喫煙対策委員会」)の答申を踏まえ、現在、「御堂筋及び大阪市役所・中央公会堂周辺」と「都島区京橋地域」、「中央区戎橋筋・心斎橋筋地域」を「路上喫煙禁止地区」(以下、「禁止地区」)に指定し、違反者に対し罰則(過料1,000円)を適用しており、阪急梅田駅周辺地域についても現在、令和2年2月の禁止地区指定に向けて、路上喫煙対策委員会において審議いただいております。
 公道上に設置されている灰皿につきましては、道路管理者より撤去するよう指導を行っておりますが、設置場所が私有地の場合は、直接的な規制を行えないことから、歩行者の動線に配慮した場所に設置していただくよう、灰皿を設置している店舗などに対し依頼を行っております。
 禁止地区の指定につきましては、駅周辺や通行者数が多い地域であること、PRや抑止効果が高い地域であることなどとともに、区の意見を踏まえて総合的に判断しております。そのため、市内全域を一律に禁止することは難しい状況ですが、今回お寄せいただいたご提案につきましては、貴重な意見として今後の施策展開の参考とさせていただきます。引き続き「禁止地区」や「たばこ市民マナー向上エリア制度」のエリア拡大に向けた取組をすすめますとともに、情報発信や啓発に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3228)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月14日

回答日

2019年5月28日

公表日

2019年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない