ページの先頭です

歩きタバコなどによる受動喫煙防止対策に関して

2019年7月1日

ページ番号:472740

市民の声

 大阪府内での歩きタバコの全面禁止を求めます。
 特に梅田周辺での歩きタバコがひどいです。
 家族が喘息を患っているのですが、歩きタバコのせいで咳き込んでしまうことが多々あります。
 また、コンビニ前に設置してある吸い殻捨ても排除すべきです。設置しているから、「そこでタバコを吸ってもいいんだ」という習慣を与えてしまいます。
 罰則等を検討しない限りなくならないと思います。
 どうか、ご検討よろしくお願いいたします。

市の考え方

 受動喫煙防止対策は、平成31年1月に改正施行された健康増進法第25条等に基づき実施しております。また、大阪府においても、大阪全体で受動喫煙防止対策に取り組んでいくための「大阪府受動喫煙防止条例」が平成31年3月20日に制定されたところです。
 これらの法律・条例では、施設の管理者に対して、施設内での受動喫煙(室内またはこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること)を防止するために必要な措置を講ずるべきことなどを定めており、屋外での喫煙を規制することは困難となっておりますが、ご要望をいただいているコンビニ前等に設置している灰皿について、施設の出入口から極力離れた場所に設置し、受動喫煙の防止措置に努めることになっております。
 本市においても受動喫煙の防止は、重要な課題であると認識しており、平成30年3月に策定しました大阪市健康増進計画「すこやか大阪21(第2次後期)」において「たばこ」の分野を設け、受動喫煙防止対策の推進に努めています。具体的には、ホームページやパンフレット、各区保健福祉センターで実施する健康講座等、様々な機会を通じてたばこの健康への影響を発信することで、市民一人ひとりの理解を深め、喫煙者に対しては、周囲の者が意図せずしてたばこの煙にさらされることから保護されるべきであるという認識を持つよう、普及啓発を進めています。
 また、令和元年6月1日に「大阪市受動喫煙防止対策コールセンター」を開設し、改正健康増進法及び大阪府条例に関する相談業務を開始することになっておりますので、受動喫煙に関するご相談やお問合せの際はご利用ください。(受付開始:令和元年6月3日(月曜日) 電話番号:06-6244-7600)
 今後も市民の健康を守るため、改正健康増進法及び大阪府条例に基づき、さらなる受動喫煙の防止対策に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

健康局 健康推進部 健康づくり課
(電話番号:06-6208-9938)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月14日

回答日

2019年5月28日

公表日

2019年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない