ページの先頭です

大正区尻無川河川広場にぎわい創造拠点整備について

2019年7月1日

ページ番号:472749

市民の声

1 河川敷地利活用(河川広場)の目的は賛同しますが、現計画は生活環境に悪影響が及びます。
2 施設計画について、近隣住民への説明がなく、防潮堤より高い施設の位置は下記の理由から反対します。工事を中断し、適切な説明を行った上で、近隣住民および地域(三軒家西地区)の理解を得て、再開の是非を判断されることを強く要望いたします。
 1)河川(越冬水鳥)、対岸の遊歩道、桜並木など都会にあって良好な景観が阻害されます。
 2)プライバシーの侵害が懸念されます。
 3)河川敷地の高層建造物は、巨大津波や最強台風に対して、構造物の一部が防潮堤を超えて住居に被害を及ぼすリスクが高いことが想定されます。
3 施設工事がゴールデンウィークからはじまり、着工に関する近隣住民への説明も案内もなく、騒音に悩まされています。上記2の要望が叶えられない場合、本来なら工事の住民説明会があってもよかったと思いますが、最低限、今からでも工事の案内文(工事計画、騒音対策、日曜・祝日の休業(実施される場合はその理由)、工事着手日、完了予定日、本書の配布日等を明記)を近隣住民に配布してください。
4 公共物設置による生活環境への多少の影響は許容しなければならないことは承知していますが、現時点では住民不在で事業が進められ、説明責任を果たされていません。河川法、河川敷地占有許可準則等に則り、区長自らが説明責任を果たし、近隣住民の意見を聴いた上で、施設計画の見直しを重ねて強く要望いたします。

【補足】施設計画を変更しないと判断された場合
1 同事業に対して地元(三軒家西地区)は誘致を希望していないこと、住民不在で施設計画および工事が進められていること、それらに対する近隣住民の苦情に対して講じた措置(住民の理解を含む)など正確な情報を広報およびマスコミにも表明してください。
2 プライバシー保護のため、施設の南側に窓を設置しないか、設置する場合は「はめ殺し」にして透明ガラスは使用しないことを確約してください。
3 音響施設等からの南側住居への騒音(音漏れ)は発生させないことを確約してください。

市の考え方

 当事業は、現在、人口減少が著しく、都市としての活力を失いつつある大正区において、そのポテンシャルを最大限に活かし、活性化の拠点となる場所として、尻無川河川広場が最適であると大正区役所の主体的な判断として実施しております。また、河川法に基づいて、地域住民の意見を反映させるため、地域住民の代表の方も参画した尻無川河川広場周辺エリア活性化協議会の中で、事業スキームなどを検討して、事業を進めてきたところですが、事業実施や特に工事にあたっては、最も騒音などの影響のある近隣住民への説明を行わずに、事業者へ工事着工させたことについては、大正区役所として大変反省しており、今後、このようなことがないよう事業者への指導も含め、徹底してまいります。
 ご要望をいただいて、工事着工後とはなりますが、5月18日(土曜日)以降に近隣住民の皆様にご説明やポスティングをさせていただきました。
 今後は、当月末日までに、翌月の工事内容をポスティングするとともに、日曜日については原則工事を行わず、やむを得ず工事を行う場合は騒音を伴わない工事にするように指導いたしました。なお、交通規制などやむを得ず、騒音を伴う工事を日曜日に実施する場合は、事前にポスティングをして周知するよう指導いたしました。
 また、工事に関する騒音につきましても防音シートを活用する等、音漏れ防止に努めるよう指導いたしました。
 施設計画の変更につきましては、すでに事業者公募を実施し、事業内容も審査をした上で、事業者を決定していることから、根本的な施設計画の変更はできません。
 しかしながら、プライバシーの保護対策、具体的には南側の窓については、フィルムを張るなど透明なガラスにはしない、テラスの南側については2メートル程度の柵を設けるなど、プライバシーの保護対策を図るよう事業者と調整いたしました。
 また、野外ステージ等につきましては、設置は行わないことといたしますが、室内の音楽イベント等については、音量だけでなく、イベントの時間帯の制限など、様々な騒音対策を講じるよう指導してまいります。
 また、災害等に対するリスクにつきましては、これまでも河川管理者である大阪府西大阪治水事務所と協議を行い、治水機能の確保や避難体制など様々な指導を受けております。今後とも、河川管理者である大阪府西大阪治水事務所の指導や協議を順守してまいります。
 最後に、眺望について、堤防から上の部分が遮られることとなりますが、新たな水辺の風景が生み出され、近隣の方々の憩いの場としても利用していただけるよう努めてまいります。
 繰り返しになりますが、今回の件につきましては、大変反省しており、今後、このようなことがないよう努めるとともに、当該施設が地域住民の憩いの場として、さらに、大正区の拠点施設として区民が誇れる施設として発展できるよう努めてまいります。

担当部署(電話番号)

大正区役所 政策推進課 政策推進グループ
(電話番号:06-4394-9952)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月15日

回答日

2019年5月29日

公表日

2019年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない