ページの先頭です

近隣住民のごみの出し方について

2019年7月31日

ページ番号:475170

市民の声

 近隣住民が、収集日前にもかかわらず、自分の家の隣の空き家前にごみを出している。このあたりは道が細く、家も密集している地域なので、ごみが放置されている時間が長いと、放火等で火事にならないか不安である。
 掲示板などで啓発はしているが、なかなか改善されないので他の改善策はないか?例えば、家が密集していない安全な場所に収集場所を設け、地域でまとめて回収したり、火事やごみを荒らされるのを防ぐネットを設けたりできないか?

市の考え方

 本市のごみ収集におきましては、原則として各ご家庭の軒先へ排出していただいているところですが、収集車両が通行できない地域や軒先が私道や私有地である場合につきましては、町会や地域住民の皆様に排出場所を決めていただき、そのお申し出により、収集させていただいております。
 今回ご指摘をいただきました内容につきましては、現在の収集場所は地域の皆様に決めていただいていることから、東成区を管轄しております東部環境事業センターが地元町会長とご相談し、改善策として、防鳥ネットを貸し出すことにいたしました。
 併せて「収集曜日ポスター」「分別方法と排出時間の遵守啓発ポスター」をお渡し、改めて周知いただくようお願いいたしました。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3226)

対応の種別

説明

受付日

2019年1月24日

回答日

2019年2月20日

公表日

2019年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない