ページの先頭です

地域包括支援センター職員の対応について

2019年7月31日

ページ番号:475247

市民の声

 平成31年3月の中頃、義母が両手を骨折し、手術をしました。すぐに介護サービスを受けたかったので、地域包括支援センターへ相談に行き、特に買い物に困っていると伝えたところ「宅配でもとられたらいいんじゃないですか」と言われました。宅配は1週間程前には注文が必要ですし、その日に食べたいものとなると買い物に行かなければなりません。義母は買い物に行けるような状態ではないのに、冷たい言葉が非常に嫌でした。
 実際に介護保険の認定調査がきて、義母がどの位の介護度かわかるシミュレーションがインターネットでできると地域包括支援センターの職員から教えていただきました。検索したところ、歯医者さんのホームページしか見当たりませんでした。よくわからなかったので確認したところ教えていただいた職員とは別の方が出てこられましたが、わかりませんでした。
 最終的に教えていただいた職員さんから、歯医者さんのホームページでよいことは連絡があったのですが、説明もなく「ご迷惑をおかけしました」の言葉もなく、またまた嫌な思いをしました。さすがに腹が立ちましたので、かなり文句を言いました。
 また、介護保険の要介護認定申請をした時に、認定調査に約1か月ほど待たなければならないと言われました。調査が遅すぎるので、申請してから少なくとも2週間以内には来て欲しいです。認定調査の日程調整の時の電話連絡の対応も非常に悪く、早口でこれもまた嫌な思いをしました。
 地域包括支援センターも認定調査業務も市から委託を受けて事業をされていると思いますが、どの方も態度が悪すぎます。「やったってんねん」の精神しかない。困っている人に寄り添わなければならないところなのに、態度が横柄でちょっといい加減にして欲しいです。何年ごとに委託契約されているのか知りませんが、もう少し仕様書や入札方法など考えていただきたいです。

市の考え方

 お義母様のことで、買い物が特に困っているとのご相談を受けた際やシミュレーションのご案内をさせていただいた際の地域包括支援センター職員の応対、認定調査の際の要介護認定調査員の電話対応でご不快な思いをされたとのことで申し訳ありませんでした。
 また、認定調査の遅れにつきましても重ねてお詫び申し上げます。
 本市では、市内に66か所設置している地域包括支援センターの運営を、社会福祉法人等に4年契約で委託しており、地域包括支援センターでの総合相談業務は、センターに配置されている主任介護支援専門員、保健師・看護師、社会福祉士の専門職員が行っております。
 本市といたしまして、今回のご指摘を真摯に受け止め、各委託法人に対し、丁寧な市民対応の徹底を改めて指導してまいります。
 また、市内居住者等の要介護認定調査業務は、社会福祉法人に3年契約で業務委託しております。調査に際しましては、丁寧な対応を行うよう指導しておりますが、今後このようなことがないよう改めて指導してまいるとともに、認定調査が速やかに実施できるよう努めてまいります。
 地域包括支援センターの職員および要介護認定調査員には、常に親切・丁寧で適切な対応を心掛けるよう徹底し、より良い市民サービスの提供に努めてまいりたいと考えております。

担当部署(電話番号)

【地域包括支援センターに関して】
 福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課(認知症施策グループ)
 (電話番号:06-6208-8051 ファックス番号:06-6202-6964)
【介護保険 要介護認定に関して】
 福祉局 高齢者施策部 介護保険課(認定グループ)
 (電話番号:06-4392-1727 ファックス番号:06-4392-1710)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月10日

回答日

2019年5月24日

公表日

2019年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない