ページの先頭です

マイナンバーカードの受取り方法について

2019年7月31日

ページ番号:475252

市民の声

 平成31年2月中旬に家族が淀川区役所でマイナンバーカードの発行手続きをした。
 その際に「1か月位ではがきが届く」と言われたが、3月28日になっても届かなかった。
 4月1日から地元を離れて受け取れなくなることから、区役所に直接受取りに行ったところ、はがきは既に送ったと言われた。
 事情を話し、本人も来ているので何とかならないか尋ねたが、「決まりですから」の一点張りで発行してもらえなかった。
 また、受取りを促す封書が送られてきた5月7日に「次に家族が帰省するのは9月になるので、マイナンバーカードの受取期限(6月21日)を延ばしてほしい」と伝えると、できないこともないといった趣旨のことを言われた。
 さらに、通知を簡易書留か本人受取り郵便で送るべきではないかと言うと「お金がないのでできない」と言われた。
 行政相談に電話をして経過を話したところ、担当部署に伝えておくと言ってくれたが、5月13日に淀川区役所のマイナンバーカードの担当に電話してみたところ、回答は「期限は延ばせない」の一点張りに戻っていた。
 マイナンバーカードが発行されるのかどうかが決まるという重要な内容をなぜ「はがき」で送るのか。
 簡易書留や本人受取り郵便で送るべきではないか。再発行にもお金と手間がかかるのだから、お金がないから簡易書留や本人受取り郵便で送れないというのは理由にならないと思う。また、本人がいて、事情も説明したのだから、他に受け取れる方法が何かあったのではないか。職員によって言うことが違うと不信感を抱くので、本当のところはどうなのか総括する部署から正式な回答をいただきたい。

市の考え方

 マイナンバーカードの申請受付及び作成は、全国の市区町村の委任を受け、地方公共団体情報システム機構が実施しており、作成された「マイナンバーカード」は、「個人番号カード交付通知書(はがき)」とあわせて、お住まいの区の区役所に発送されます。
 区役所に到着しましたマイナンバーカードは、初期不良等がないかを確認し、窓口でのカード交付の準備ができましたら、区役所よりご申請者様の住民票の住所宛に「個人番号カード交付通知書(はがき)」を送付することとなります。
 この「個人番号カード交付通知書」は、マイナンバーカードを交付する際の本人確認書類の一つではございますが、未着や紛失でお持ちでない方でも、「運転免許証」と「健康保険証」等の2点や、官公署発行の顔写真付きの証明書をお持ちでない場合は「通知カード(マイナンバーをお知らせする緑色の紙製のカード)」・「健康保険証」・「学生証」等の3点など、複数の書類を確認させていただくことにより、カードを交付することが可能です。これらの本人確認書類をお持ちでない場合には「個人番号カード交付通知書」を再度送付させて頂く取扱いとなるものです。
 このように「個人番号カード交付通知書」は、必ずしも交付に必須となる書類ではないため、費用対効果も踏まえ、簡易書留等ではなく、総務省が定めた書式に基づく「はがき」を使用しています。
 なお、お受け取りのないマイナンバーカードは、長期間の保管による紛失のリスクを回避するなど、カードの適切な保管に万全を期すため、総務省からの技術的助言に基づき一定期間経過後に廃棄させて頂いております。
 ただし、カードの廃棄につきましては、交付期限後すぐに廃棄するものではなく、通知から3か月以上経過後を最終交付期限としたお知らせを再度送付させていただくこととなっており、その期限までに連絡なくお受け取りが無い場合は、受け取りの意思なしとして廃棄する取扱いとなりますので、何卒、ご理解賜りますようお願いいたします。

担当部署(電話番号)

市民局 総務部 住民情報担当
 (電話番号:06-6208-7337)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月13日

回答日

2019年5月27日

公表日

2019年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない